メインメニューを開く

日本原駐屯地(にほんばらちゅうとんち、JGSDF Camp Nihonbara)は、岡山県勝田郡奈義町滝本に所在し、第13特科隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。最寄の演習場は、日本原演習場駐屯地司令は、第13特科隊長が兼務。第2混成団の創隊から第14旅団の機動旅団改編までの間は、演習場の都合で四国が警備担当の第14旅団隷下の第14戦車中隊も同駐屯地に駐屯していた(2018年3月の14旅団の改編に伴い善通寺駐屯地へ移転)。一時期は90式戦車89式装甲戦闘車(両車とも試作車、現在は陸上自衛隊広報センターにて展示)が展示されていた。

日本原駐屯地
第13戦車中隊
第13戦車中隊
所在地 岡山県勝田郡奈義町滝本
座標 北緯35度06分55秒 東経134度09分07秒 / 北緯35.11528度 東経134.15194度 / 35.11528; 134.15194座標: 北緯35度06分55秒 東経134度09分07秒 / 北緯35.11528度 東経134.15194度 / 35.11528; 134.15194
駐屯地司令 第13特科隊長
開設年 1965年
テンプレートを表示

沿革編集

3月31日:第13特科連隊第2大隊が姫路駐屯地から移駐し、駐屯地が開設[1]
6月14日:第13戦車大隊が今津駐屯地から移駐。
  1. 第14戦車中隊第15即応機動連隊の機動戦闘車隊として改編のうえ、善通寺駐屯地に移駐。
  2. 第14後方支援隊第2整備中隊戦車直接支援小隊が廃止。

駐屯部隊編集

第13旅団隷下部隊編集

中部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

脚注編集

外部リンク編集