日本原駐屯地(にほんばらちゅうとんち、JGSDF Camp Nihonbara)は、岡山県勝田郡奈義町滝本に所在し、第13特科隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地

日本原駐屯地
第13戦車中隊
第13戦車中隊
所在地 岡山県勝田郡奈義町滝本
座標 北緯35度06分55秒 東経134度09分07秒 / 北緯35.11528度 東経134.15194度 / 35.11528; 134.15194座標: 北緯35度06分55秒 東経134度09分07秒 / 北緯35.11528度 東経134.15194度 / 35.11528; 134.15194
駐屯地司令 第13特科隊長
開設年 1965年
テンプレートを表示

概要編集

最寄の演習場は、日本原演習場駐屯地司令は、第13特科隊長が兼務。第2混成団の創隊から第14旅団の機動旅団改編までの間は、演習場の都合で四国が警備担当の第14旅団隷下の第14戦車中隊も同駐屯地に駐屯していた(2018年3月の14旅団の改編に伴い善通寺駐屯地へ移転)。一時期は90式戦車89式装甲戦闘車(両車とも試作車、現在は陸上自衛隊広報センターにて展示)が展示されていた。

沿革編集

  1. 第13特科連隊第4大隊及び第5大隊第12中隊を基幹とし、第6大隊から1個高射中隊を新編・編合して第2混成団特科大隊が新編。
  2. 第13戦車大隊第4戦車中隊を基幹として第2混成団戦車隊を新編。
  1. 第14戦車中隊第15即応機動連隊の機動戦闘車隊として改編のうえ、善通寺駐屯地に移駐。
  2. 第14後方支援隊第2整備中隊戦車直接支援小隊が廃止。

駐屯部隊編集

第13旅団隷下部隊編集

中部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

過去の駐屯部隊編集

  • 第2混成団戦車隊:1981年(昭和56年)3月25日新編。1990年(平成02年)3月26日廃止。
  • 第13特科連隊:1999年(平成11年)3月29日第13特科隊に改編。
  • 第13戦車大隊:1999年(平成11年)3月29日第13戦車中隊に改編。
  • 第13高射特科大隊:1999年(平成11年)3月29日第13高射特科中隊改編。
  • 第14戦車中隊:2006年(平成18年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月26日廃止。
  • 第14後方支援隊戦車直接支援小隊:2006年(平成18年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月26日廃止。

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

  • 玉島発電所(出力120.0万kW。石油)(倉敷市
  • 水島発電所 (出力62.1万kW。石炭、LNG)(倉敷市)
  • 新成羽川発電所(出力30.3万kW。水力)(高梁市
  • 新岡山変電所(超高圧変電所)(高梁市)
  • 東岡山変電所(超高圧変電所)(赤磐市
  • 岡山変電所(一次変電所)(岡山市
  • 新倉敷変電所(一次変電所)(倉敷市)
  • 児島変電所(中間変電所)(倉敷市)
  • 井原開閉所(井原市
  • 新岡山幹線(新岡山変電所から東岡山変電所までの約90kmを通過する、50万Vの超高圧送電線)
  • 本四連系線(東岡山変電所から讃岐変電所までの約130kmを通過する、50万Vの超高圧送電線)
  • 日野幹線(新岡山変電所から日野変電所までの約50kmを通過する、50万Vの超高圧送電線)
  • ENEOS水島製油所(原油処理能力は日量34.5万バレル)(倉敷市)
  • 倉敷国家石油ガス備蓄基地(現在建設中、2009年完成予定。プロパンブタンの両計40.0万tを備蓄する予定)(倉敷市)
  • JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区(日本最大の製鉄所の一角を成す)(倉敷市)
  • 三菱ケミカル水島事業所(大規模エチレンプラントを有する)(倉敷市)
  • 瀬戸大橋

不祥事編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和39年政令第375号)
  2. ^ 陸上自衛隊員が酒気帯び運転 停職4カ月の懲戒処分 岡山”. KSB瀬戸内海放送 2020/7/27(月) 14:02配信. 2020年8月1日閲覧。

外部リンク編集