メインメニューを開く

善通寺駐屯地(ぜんつうじちゅうとんち、JGSDF Camp Zentsuji)は、香川県善通寺市南町二丁目1番1号に所在し、第14旅団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。隊区内の演習場は、国分台演習場高屋射撃場(射場)、大池訓練場大野原演習場小野演習場高知訓練場。隊区外では日本原演習場饗庭野演習場など。駐屯地司令は、第14旅団副旅団長が兼務。

善通寺駐屯地
第2営舎地区(第2キャンプ)内にある旧陸軍第十一師団兵器庫跡
第2営舎地区(第2キャンプ)内にある旧陸軍第十一師団兵器庫跡
所在地 香川県善通寺市南町二丁目1番1号
座標 北緯34度13分18秒東経133度46分45秒
駐屯地司令 第14旅団副旅団長
主要部隊 第14旅団司令部
第15即応機動連隊
第14後方支援隊
第14偵察隊
第14通信隊
第14音楽隊
開設年

1898年(大日本帝国陸軍)

1950年(警察予備隊、現・陸上自衛隊)
テンプレートを表示

概要編集

戦前は陸軍第11師団などがおかれ、戦後は四国地区の防衛警備等を担任する第14旅団司令部及びその主力部隊、主に新隊員の教育を担任する第110教育大隊、業務隊などが置かれており、旧軍時代から四国地方における最大・最重要駐屯地である。特に戦前は、同駐屯地を中心に善通寺は軍都として栄えた。

駐屯地内には、ベトナム独立戦争に参加し、戦死した石井卓雄(元陸軍少佐)を顕彰する石碑がある。

駐屯地内にある旧陸軍第11師団兵器庫跡3棟は、それぞれ1909年(明治42年)、1911年(明治44年)、1921年(大正10年)に完成した歴史的建造物である。これらはいずれも2階建ての赤レンガ造りで、明治期の2棟は幅14m×奥63m、大正期の1棟は幅14m×奥90mの大規模な建造物群である。具体的な設計者は不明だがドイツ人技師の設計といわれている[1]。屋上の○型と△型のモニュメントは、それぞれ銃の「照門」と「照星」を表している。

駐屯地内にある駐屯地資料館は、元は陸軍第11師団の司令部隊舎で戦後、陸上自衛隊第2教育団、第2混成団や第14旅団の本部・司令部隊舎として使われた。現在、資料館として一般開放されているほか、第14音楽隊が隊舎として使用している。

2006年(平成18年)に「第2混成団」から改編された第14旅団司令部が置かれ、第14旅団の中心となる。

旅団への改編初期には1個普通科連隊を新編する関係から隊舎や倉庫等が飽和状態になっており、仮設のプレハブ建築物が設置されていた。また過去には国旗掲揚(課業開始)前に、初音ミクの歌う各駐屯部隊歌が放送されていて、インターネット掲示板などで話題となったこともある(現在は行われていない)。

近い将来発生が予想される南海トラフ大地震や旅団の機動旅団化を受けて、施設の近代化や、拠点としての機能拡大を行う予定。2018年3月には第15普通科連隊の即応機動連隊改編に伴い、旅団警備区外に所在していた日本原の戦車中隊が移駐した。

沿革編集

  1. 第14旅団の機動旅団改編に伴い隷下の第15普通科連隊を第15即応機動連隊に改編。
  2. 日本原駐屯地所在の第14戦車中隊を第15即応機動連隊の機動戦闘車隊に改編の上、日本原から善通寺に移転。

ギャラリー編集

駐屯部隊編集

  • 第14旅団司令部
  • 第14旅団司令部付隊

第14旅団隷下部隊編集

中部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

脚注編集

  1. ^ 四国新聞・21世紀へ残したい香川
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月14日閲覧。
  3. ^ 四国新聞・陸上自衛隊駐屯地に初のコンビニ-善通寺
  4. ^ 第14旅団新編等のお知らせ 第14旅団
  5. ^ 高知駐屯地第1営舎地区 自衛隊高知地方協力本部
  6. ^ 第2混成団創設から徳島駐屯地開庁までの間、四国所在の基地通信部隊は第13旅団司令部(海田市)のある第312基地通信中隊に隷属する派遣隊であった
  7. ^ スライド 1 (PDF)”. 陸上自衛隊第14旅団. 広報紙【しこく】2月号. 防衛省 (2018年2月26日). 2018年3月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集