メインメニューを開く

一般社団法人日本独立リーグ野球機構(にほんどくりつリーグやきゅうきこう、: The Japan Association of Independent Professional Baseball League、略称: IPBL Japan[1][2])は、2014年9月1日に設立された、日本のプロ野球独立リーグの合同組織である。発足時点での事務局は東京都千代田区に置かれている[1]

日本独立リーグ野球機構
The Japan Association of Independent Professional Baseball League
創立者 鍵山 誠
団体種類 一般社団法人
設立 2014年9月1日
所在地 東京都千代田区麹町2-3-3
FDC麹町ビル7F
北緯35度41分2.14秒東経139度44分25.79秒座標: 北緯35度41分2.14秒 東経139度44分25.79秒
法人番号 1010005022905
起源 独立リーグ連絡協議会
主要人物 会長 鍵山 誠
事務局長 坂口 裕昭
活動地域 日本の旗 日本
主眼 野球事業の推進を通してスポーツの発展に寄与し、日本の地域社会の繁栄と国際親善に貢献すること
活動内容 野球独立リーグの合同組織
ウェブサイト 一般社団法人日本独立リーグ野球機構
テンプレートを表示

目次

概要編集

四国アイランドリーグplusベースボール・チャレンジ・リーグの2リーグによる合同組織として設立された。それ以前には、この2リーグによる連絡組織「独立リーグ連絡協議会」が任意団体(権利能力なき社団)として2010年から存在していたが、法人格を持たないことから、社会人野球や学生野球といったアマチュア野球団体に対して責任ある交渉団体が求められていた[2]。このため、約1年の準備期間を経て、一般社団法人として設立された[2]。この背景として、日本学生野球憲章改正に伴う元プロのアマチュア資格取得緩和の協議に、独立リーグが関われなかったことが契機になったという指摘がなされている[3]

機構はアマチュア野球団体との交流に加え、海外の野球組織間を結ぶ機能を持つこともめざしている[2][3]

なお、日本に存在するもう一つの独立リーグである関西独立リーグ(旧・BASEBALL FIRST LEAGUE)は加盟していない。

日本野球連盟との関係編集

2014年11月、社会人野球を統括する日本野球連盟は独立リーグについての取扱要領を改訂したが、その中で独立リーグを退団した選手のクラブチームへの競技者登録の制限期間(1年間)を、当機構所属リーグの選手に限って適用対象外とした[4]

日本学生野球協会との関係編集

2015年5月19日、日本学生野球協会は理事会でIPBLと覚書を締結して「学生野球資格を持たない者との交流に関する規則」を改正し、同年6月1日よりIPBL所属リーグの選手が協会加盟校野球部に対して、交流戦(高等学校を除く)や母校施設での練習、講習会等をおこなうことが可能となった[5][6]

2015年8月には、プロ出身者に対する「学生野球資格」取得講習会に機構傘下球団出身者の参加が可能となり、リーグ出身者が指導者になる条件が緩和された[7]

役員編集

  • 会長:鍵山誠(四国アイランドリーグplus理事長)
  • 副会長:村山哲二(ベースボール・チャレンジ・リーグ代表)
  • 専務理事:飯島泰臣(信濃グランセローズ副社長)
  • 常務理事:森本美行(IBLJ会長)

脚注編集

  1. ^ a b 一般社団法人日本独立リーグ野球機構(IPBL Japan)設立のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグニュースリリース(2014年9月1日)
  2. ^ a b c d 独立L野球機構を設立/他団体と交渉、正式窓口に - 四国新聞2014年9月2日
  3. ^ a b 独立リーガー、プロとしての存在を明確に ~日本独立リーグ野球機構設立会見~ - Sports Communications(2014年9月1日)
  4. ^ 国内独立リーグに関する取扱要領(2014年11月1日) - 日本野球連盟
  5. ^ 学生野球界との交流に関する規則について - 日本独立リーグ野球機構(2015年5月20日)
  6. ^ 学生野球資格を持たない者との交流に関する規則 - 日本学生野球協会(2015年5月19日、PDFファイル)
  7. ^ 【独立リーグ出身者用】2015年度学生野球資格回復制度 研修会参加者募集のお知らせ - 日本独立リーグ野球機構(2015年8月17日)

関連項目編集

外部リンク編集