日産・パルサー > 日産・エクサ

EXA(エクサ)は、日産自動車で生産販売されていたクーペ小型乗用車である。初代は既存のパルサーから派生したクーペとして設定され、正式名も「パルサーエクサ」だった。2代目については日本仕様車こそパルサーから独立した姉妹車という位置づけだったが、北米仕様車に関しては名目上もパルサーのファミリーであった(後述)。

エクサ
販売期間 1982年 - 1986年(初代)
1986年 - 1990年(2代目)
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ(初代)
3ドア シューティングブレーク(2代目)
3ドア セミノッチバッククーペ(2代目)
駆動方式 前輪駆動
先代 パルサークーペ
別名 パルサーエクサ/EXA/Nissan Pulsar NX等
テンプレートを表示

初代 N12型(1982年-1986年)編集

日産・パルサーエクサ(初代)
N12型
パルサーエクサ(フェンダーミラー仕様)
パルサーエクサ(ドアミラー仕様)
コンバーチブル仕様
販売期間 1982年4月-1986年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドア ノッチバッククーペ
駆動方式 FF
ホイールベース 2,415mm
生産 栃木工場
先代 日産・パルサークーペ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1982年4月、N10型パルサークーペの後継車として登場[1][2]

先代のパルサークーペがファストバックスタイルの3ドアハッチバッククーペであったのに対し、パルサー・エクサは2ドアノッチバッククーペとなった。クーペ全車グレード名を「エクサ」(EXA )シリーズとし、角型2灯式のリトラクタブルヘッドランプを採用していた。

1982年10月、特別仕様車を発売。ドアミラー解禁前でフェンダーミラーを装備していた。

1983年5月、E15ETターボ仕様)[3]搭載車を追加。および一部改良。日本初となるドアミラーを採用。

1985年5月、チェリー店発足15周年記念としてコンバーチブルを100台限定で発売。

1986年10月、N13型にモデルチェンジ、パルサーから独立。

2代目KN13型(1986年-1990年)編集

日産・エクサ(2代目)
KN13型
エクサ クーペ
エクサ キャノピー L.A.ver.
販売期間 1986年10月 - 1990年
設計統括 川村紘一郎
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドア シューティングブレーク
3ドア セミノッチバッククーペ
エンジン 1.6L 直4ガソリン
1.8L 直4ガソリン
駆動方式 FF
変速機 5速MT/4速AT
全長 4,230mm
全幅 1,680mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 1,070kg
生産 座間工場
後継 4代目パルサーに統合
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1986年10月、KN13 (KEN13) 型登場[4]パルサーのバリエーションから、新車種として独立する。

用途により2種類のボディパネルの交換が可能なモジュラー構造を最大の特徴としていたが、残念ながら日本国内仕様では実現していない。

キャッチコピーは「AIRY [έәri]」(空気と共に)。

TVCFでは、BGMに宇宙飛行士の交信の音声が冒頭で使用され、音声の後ろに中国楽器の二胡の様な音色が流れ、空間を感じさせる曲想となっている。

日本仕様のグレードは後述する車型クーペキャノピーに共通の「Type A / Type B」2種類。両者はタイヤサイズ等、主に装備品の違いによる。

オプションでJBL製リアスピーカーを選択することができた。

搭載エンジンは日本仕様に限り1.6LのCA16DE型直列4気筒DOHC16バルブのみの設定だが、海外向けにはCA16DEの他に、1.8LのCA18DE型と廉価版となる1.6LのCA16S型(SOHC8バルブ・ツインプラグ)が存在する。

日本国内では前モデルの鋭角なノッチバックシルエットを模すと同時にモジュラー部分を際立たせるため、クーペ/キャノピー共リヤハッチがボディ色に関わらず全てガンメタリックグレーに塗られており、当初は全体を同色に揃えるにはガンメタのボディを選ぶしかなかった。


1987年 86'~87'日本カー·オブ·ザ·イヤーエクサ受賞記念限定車(タイプAのマニュアルシフト 全国100台限定)が販売され、北米仕様フロントエアスポイラー一体式バンパー、フロントビスカスLSD、フロントボカシガラス、JBL製リアスピーカー、受賞記念ステッカー、オリジナル·キャンバスハッチ、オールブラック輸出専用色等の特別装備が施されていた。

1988年5月、"L.A.ver."(エルエー・バージョン)として、フロントエアスポイラー一体式バンパーを装着し、FM/AMチューナー付ハイパワーカセットオーディオが標準装備されたグレードが二つ追加。フロントビスカスLSDや195/60R14ラジアルタイヤを標準装備とした「Type S」とリヤブレーキのドラム(リーディング・トレーリング)化及び175/70R13ラジアルタイヤを装備した「Type X」の2種で、これらは「Type A / Type B」と異なり、クーペのみハッチが車体色と同色塗装となる。※キャノピーハッチの色はType A/B/X/S全てガンメタリックのままだった

1989年4月、L.A.バージョンに14インチアルミホイールを標準装備し、フロントボカシガラス・前後JBLスピーカー&CDプレーヤーなどオーディオも充実した「Type SE」を追加。同年11月、タイプA・タイプB廃止。車体色もスーパーレッド(526)・ブラック(505)を廃止しスーパーブラック(KH3)を追加。

1990年8月、パルサーのフルモデルチェンジに伴い、販売終了。


デザインは日産自動車の北米現地法人「日産デザインインターナショナル[注釈 1]によるもので、開いた際カバー前縁が水平になる3次元軸のリトラクタブルヘッドランプとコンシールドタイプのTバールーフを標準設定とし、リアのテールランプは1983年 コンセプトカー NX-21で提案された、ダイヤゴナルスリットデザインを採用した。ドアアウトサイドハンドルは1985年MID4-I同様のドア後端パネルを切り取る縦型とし、ボディと一面化を図った。

インテリアもドアやシートの基本デザインはMID4-Iを踏襲し、さらにダッシュボード中央部に油圧計電圧計を配置(右ハンドル車のみ)、メーターナセル周りのサテライトクラスターには、後のMID4-IIにも繋がるレバー式のライトスイッチ等を採用していた。また、ドア側空調吹出口のリトラクタブルベンチレーターは日本初の装備で、ペダルフェイスやリアスピーカーにもテールランプと同様のダイヤゴナルスリットデザインがほどこされ、リアスピーカーはリアシートを倒しても干渉することがないシートバック両脇のスペースに配置された。

ボディ形状はノッチバッククーペと、シューティングブレークカムテール)のキャノピーがある。両者の車体はCピラーから開く脱着式リアハッチ以外は同一形状であり、交換が可能なデザインコンセプトだった。しかし、日本国内販売仕様では登録時のボディ形状と異なってしまう事への忖度でクーペタイプ及びキャノピータイプを独立した車種とし、各ハッチのボディ取り付け部に互換性を持たせなかった。(ヒンジ部品をハッチ側に固定するネジ穴ピッチはクーペとキャノピーで異なり、双方のヒンジを入れ替える事はできない。それぞれの輸出用(US向け)ヒンジを入手すれば、各ハッチの交換装着が可能になる)

Tバールーフの脱着とクーペ・キャノピー各リアハッチ脱着を組み合わせることにより、さまざまなオープンエアドライビングの解放感が楽しめる。Tバールーフはラゲッジルーム床下に格納ができ、リアシートを倒すとフラットで大容量のラゲッジスペースが確保できた。リアハッチを外すとピックアップトラックSUV的な形態で高さのある物も運べる。このリアハッチのない状態での降などの対策として、応急用キャンバスハッチ(トノカバー)のオプション設定があった。また外したリアハッチを運搬・保管するハッチスタンドもオプションで用意された。

メイン市場の北米・カナダでは「 Nissan Pulsar NX」の名称で販売。 3つの車体形状に変更できることから「 The modular Nissan Pulsar NX」と呼ばれた。Pulsar NXは、高級車の装備であるTバールーフがサブコンパクトカーで手に入るとして好評だった。キャノピーハッチはオプションパーツ“Sportbak”として単体販売され、本来のリアハッチコンバートが実現できる。 但し、このキャノピーハッチは高額だったことやガスストラット減圧の降下事故などにより途中でオプションカタログから落ちた。 右ハンドルのオーストラリアでも日本同様の「NISSAN EXA」として販売されたが、キャノピーハッチの販売は無かった。

当時の日本国内メーカーが好んで用いた「日本初」キャッチコピー装備がこの車には4つあった。

  1. ハイマウントストップランプ設置(日本ではクーペのみ)
  2. 全車Tバールーフ標準装備
  3. マグネットロック付き集中ドアロック(上位車種に装備):リモコンロックの簡易版とも言え、磁石が組み込まれたマスターキーのグリップを運転席側アウタードアハンドル部分に接触させるとロックされる。解鍵は通常通りキーを使用。
  4. ボディデザインに組み込まれたリアスポイラー(クーペのみ):後日、日産自らがR33スカイラインクーペ発表時に誤って再び「日本初」を謳うが、自社のEXAの方が早い。

姉妹車のパルサー/ラングレーリベルタビラと共に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 独立モデルとして販売されたKN13型EXAは、日本国内では販売が伸びず一代限りで終了。パルサーエクサから数えても2代で名称は消えた。 実質的な後継はサニー系列のNXクーペで、海外市場に於いてはそのままモデルチェンジ扱いとされている。

デビューした1986年、日本車離れした近未来的なスタイリングは当時の日本ではあまり受け入れられず、また当初割高だった価格設定も影響して販売登録台数は少ない。 極一部の愛好家の手元に残されているが、現在では経年も30年以上となり路上で見かけることは大変稀である。

1990年代に、一部の愛好者がこの車にスポーツコンパクトカスタムの始まりとなる、ローライダー好みのカスタムを施していた。

受賞した主な賞

出典編集

  1. ^ 日産 パルサーエクサ (1982-1986):サブネームの付加と同時にスタイリングを一新 [N12] b-cles Car 2017年4月23日
  2. ^ 日産パルサー エクサ…リトラクタブルヘッドランプのクルマ特集 GAZOO 2017年11月15日
  3. ^ 【昭和の名車 85】日産 パルサーEXA ターボ:昭和58年(1983年)”. Webモーターマガジン編集部 (2019年9月13日). 2019年12月19日閲覧。
  4. ^ スペシャルティ、ここに極まる! NISSAN EXA 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】 BestCar 2018年3月7日

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1979年カリフォルニア州 サンディエゴに設立。

関連項目編集

外部リンク編集