澤田 直(さわだ なお、1959年 - )は、日本のフランス哲学文学者立教大学教授

1984年法政大学文学部哲学科卒、1987年同大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了、1994年パリ第1大学大学院哲学科博士課程修了、哲学博士。1995年流通経済大学経済学部専任講師、1996年助教授、2000年白百合女子大学文学部助教授、2002年教授、2006年立教大学文学部文学科フランス文学専修教授・同文学研究科フランス文専攻博士課程前期課程[1]

直之の名も使う。ジャン=ポール・サルトルジャン=リュック・ナンシーなどを研究[1]

妻リリアンヌ・ラタンジオ(Liliane Lattanzio)との共著でフランス語教材を出版し[2]NHKラジオフランス語講座を担当するなどフランス語教育にも貢献[2]日仏哲学会理事、日仏翻訳文学賞(小西国際交流財団主催)および渋沢・クローデル賞の選考委員を務める[2]

2018年、教育功労章シュヴァリエを受ける[2]

著書編集

共編著編集

  • 国境なき文学』白百合女子大学言語・文学研究センター編(責任編集)芸林書房(アウリオン叢書)2004年
  • 翻訳の地平 フランス編』白百合女子大学言語・文学研究センター編(星埜守之と責任編集)弘学社(アウリオン叢書)2006年
  • 『サルトル21世紀の思想家 - 国際シンポジウム記録論集』石崎晴己共編、思潮社、2007年
  • 『完本 ジャコメッティ手帖 I』、『完本 ジャコメッティ手帖 II』矢内原伊作著、武田昭彦・菅野洋人・李美那共編、みすず書房、2010年
  • 『写真と文学 - 何がイメージの価値を決めるのか』塚本昌則共著、平凡社、2013年
  • 『共にあることの哲学 - フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉1 理論編』岩野卓司編、湯浅博雄合田正人、増田一夫、坂本尚志、藤田尚志共著、書肆心水、2016年
  • 『共にあることの哲学と現実 - 家族・社会・文学・政治 - フランス現代思想が問う〈共同体の危険と希望〉2 実践・状況編』岩野卓司編、合田正人、郷原佳以、坂本尚志、藤田尚志、増田一夫、宮﨑裕助共著、書肆心水、2017年

教材・翻訳関連

  • 『アミカルマン - フランス語・フランス文化への誘い』(澤田直之)・リリアンヌ・ラタンジオ・黒川学著、駿河台出版社、改訂版 2002年
  • 翻訳の地平 フランス編』白百合女子大学言語・文学研究センター編(星埜守之と責任編集)弘学社(アウリオン叢書)2006年
  • 博物誌で学ぶフランス語カジュアル表現 - 入門を終えたら NHKラジオフランス語講座』リリアンヌ・ラタンジオ共著、日本放送出版協会、2007年
  • 『ヴレマン? 文法を深めながら発見するフランス14章』リリアンヌ・ラタンジオ共著、三修社、2017年
  • 『アミカルマン〈プリュス〉』リリアンヌ・ラタンジオ・黒川学共著、駿河台出版社、2018年
  • 『翻訳家たちの挑戦 - 日仏交流から世界文学へ』坂井セシル共著、水声社、2019年

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b 立教大学研究者詳細 - 澤田 直”. univdb.rikkyo.ac.jp. 立教大学. 2020年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c d 立教大学の澤田直教授が教育功労章を受章” (日本語). La France au Japon. 在日フランス大使館. 2020年6月27日閲覧。