メインメニューを開く

春風亭 小柳枝(しゅんぷうてい こりゅうし)は落語名跡。当代は9代目。

8代目編集

8代目 春風亭しゅんぷうてい 小柳枝こりゅうし
本名 西川 長
生年月日 1927年2月27日
没年月日 (2002-03-05) 2002年3月5日(75歳没)
出身地   日本
師匠 6代目春風亭柳橋
5代目春風亭柳昇
名跡 1. 春風亭柳若(1952年 - 1955年)
2. 春風亭とん橋(1955年 - 1963年)
3. 8代目春風亭小柳枝(1963年 - 1977年)
4. 春風亭扇昇(1977年)
出囃子 巽八景
活動期間 1952年 - 1977年
活動内容 落語家
所属 日本芸術協会→落語芸術協会

8代目春風亭 小柳枝1927年2月27日 - 2002年3月5日)は、落語家。本名、西川 長出囃子は『巽八景』。

来歴・人物編集

6代目春風亭柳橋の門人を経て、5代目春風亭柳昇の門人。芸名遍歴は1952年春風亭柳若1955年にとん橋、1963年10月に小柳枝で真打1977年2月に扇昇。1977年に廃業、出家し僧侶になる。

落語界では知る人ぞ知る「奇人変人」として伝説の噺家と称される。喫茶店で金魚を飲み込み口直しに1000円札を食べたり、酔っ払って警官に絡み留置場に放り込まれた翌朝、出された味噌汁に「味の素を入れろ」と言って看守に怒鳴られるなど、エピソードには事欠かない。

特に春風亭とん橋時代の逸話が有名で、CD『瀧川鯉昇 1』(ワザオギ)、浜美雪『師匠噺』、立川談志『談志楽屋噺』、小島貞二『落語名作全集 別巻』、『週刊新潮』通巻1132号、『古今東西落語家事典』211ページなどに若干のエピソードがある。

弟子の瀧川鯉昇(5代目柳昇門下に移り、9代目小柳枝の弟弟子となる)の著書『鯉のぼりの御利益』には、入門から師匠の廃業・その後・訃報が伝えられた経緯などが詳しく記してある[1]

2019年の瀧川鯉昇へのインタビューで、8代目小柳枝には東京大学教授の兄がいて、その兄が2018年秋に鯉昇の落語会を聴きに訪れたことが明らかにされた[2]

文化放送には『真田小僧』のスタジオ録音が現存する。

墓所は小平霊園[1]。孫弟子にあたる鯉昇一門の弟子が、毎年墓参に訪れている[3]

9代目編集

9代目 春風亭しゅんぷうてい 小柳枝こりゅうし
本名 臼井うすい 正春まさはる
生年月日 (1936-01-18) 1936年1月18日(83歳)
出身地   日本東京都新宿区四谷荒木町
師匠 4代目春風亭柳好
5代目春風亭柳昇
名跡 1. 春風亭笑好(1965年 - 1976年)
2. 春風亭鶏昇(1976年 - 1978年)
3. 9代目春風亭小柳枝(1978年 - )
出囃子 梅は咲いたか
活動期間 1965年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
公式サイト 春風亭小柳枝公式ホームページ
受賞歴
NHK新人落語コンクール優秀賞(1976年)
第46回文化庁芸術祭賞(1991年)
第68回文化庁芸術祭賞大賞(2013年)
備考
落語芸術協会理事

9代目春風亭 小柳枝1936年昭和11年〉1月18日 - )は、落語芸術協会所属の落語家、同協会理事東京都新宿区出身。埼玉県在住。本名、臼井 正春(うすい まさはる)。出囃子は『梅は咲いたか』。主に古典落語を演じる。東京都立昭和高等学校卒業[4]。バンド・アロハマンダラーズではサブリーダーを務める。

5代目春風亭柳昇門下では総領弟子の位置にいるが、元は4代目春風亭柳好門下である。

2016年4月に脳梗塞で倒れるが、1年後に高座復帰している。

略歴編集

この頃、趣味として落語を聴いたり新劇を観たりした。新劇の役者としてNHKラジオドラマに出演したこともある。

人物編集

  • 実際にはそのような事実はないにもかかわらず、団地上階の住人から「妻と浮気をしている」と勘違いをされて、包丁で襲われたことがある。9代目小柳枝自身が犯人を取り押さえて警察に引き渡したが、相当の傷を負った[5]。しかし、財団法人大宅壮一文庫のデータベースと雑誌目録では、この事件も8代目がやったことになっている(もちろん濡れ衣である)。

テレビドラマ編集

CD編集

  • キング落語名人寄席 『船徳』『妾馬』(2001年、キングレコード
  • 朗読CDシリーズ 「心の本棚〜美しい日本語」川柳の楽しみ(2004年、キングレコード)
  • とっておき寄席! 春風亭編(2009年10月、キングレコード) - 小柳枝『芝浜』を収録。
  • 新潮落語倶楽部 その10 春風亭小柳枝(2012年10月、ポニーキャニオン) - 『時そば』『干物箱』『青菜』を収録。

DVD編集

一門弟子編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b 瀧川鯉昇 (2016年7月31日). 鯉のぼりの御利益. 東京かわら版. pp. 87-156. "第3章「八代目 春風亭小柳枝に入門」" 
  2. ^ 広尾晃 (2019年4月17日). “噺の話5000文字 落語家・瀧川鯉昇がひたすら紡ぐ世界観の魅力「伝説の師匠」仕込みの独特の噺に迫る”. 東洋経済オンライン. 2019年4月18日閲覧。 “実は1歳年上で、東大教授だったお兄さんが生きていたんです。去年の秋口でしたけど、落語会に訪ねて来てくれましてね。”
  3. ^ 春風亭傳枝 (2017年3月8日). “今日は新宿末広亭から小平霊園に移動。…”. twitter. 2019年5月7日閲覧。 “大師匠にあたる八代目小柳枝の墓参り。”
  4. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.546
  5. ^ ベン村さ来『落語ファン倶楽部 vol.1 あの日あの時「ラクゴカ・ニュース」』白夜書房、2005年7月20日、97頁。ISBN 4861910528