メインメニューを開く

普通科教導連隊(ふつうかきょうどうれんたい、JGSDF Infantry School Regiment(Mechanized):ISchR)は、静岡県御殿場市滝ヶ原駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊富士教導団隷下の普通科部隊である。同連隊は富士学校の教育支援や戦術の研究、教範の作成支援などを行い、全普通科部隊の範となるべく創設された。

普通科教導連隊
普通科教導連隊.jpg
記念式典にて敬礼を行う普通科教導連隊長
創設 1956年(昭和31年)1月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
兵種/任務/特性 機械化歩兵、教育支援、戦術研究
所在地 静岡県 御殿場市
編成地 滝ヶ原
愛称 普教連
上級単位 富士教導団
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

また、スポーツ面においては富士登山駅伝で「滝ヶ原自衛隊」として参加、第1空挺団と毎年優勝争いをしている。

2014年9月に発生した御嶽山噴火で89式装甲戦闘車が災害派遣で出動する[1][2]

目次

沿革編集

  • 1956年(昭和31年)1月25日:第13普通科連隊第3大隊を基幹として編成完結。
    • 新編時の編成は、本部管理中隊、管理中隊、第1大隊、第2大隊、重迫撃砲中隊。
  • 1958年(昭和33年)4月1日:陸曹教育隊を設置。
  • 1960年(昭和35年)4月11日:滝ヶ原分屯地(当時)開設によりに同分屯地に移駐。滝ヶ原分屯地司令に職務指定。
  • 1961年(昭和36年)8月17日:富士教導隊が新編され、同隊に配属(分屯地司令職は教導隊長に移譲)。
  • 1965年(昭和40年)
    • 7月26日:富士教導隊長から滝ヶ原分屯地司令職務を継承。
    • 8月3日:富士教導隊が廃止となり、富士教導団が新編され隷下に編入。
  • 1968年(昭和43年)8月1日:第101装甲輸送隊が編成完結。
  • 1974年(昭和49年)4月11日:滝ヶ原分屯地が駐屯地に昇格
  • 1988年(昭和63年)3月25日:第101装甲輸送隊が廃止となり、第4普通科中隊、第5普通科中隊に編入。
  • 1994年(平成06年)3月28日:対戦車中隊が新編。
  • 2002年(平成14年)3月27日:後方支援体制変換に伴い、整備部門を東部方面後方支援隊富士教育直接支援大隊に移管。
  • 2018年(平成30年)3月27日:対戦車中隊廃止[3]79重MATおよびMPMSは全国に配置換え。

部隊編成編集

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
普通科教導連隊長
兼 滝ヶ原駐屯地司令
1等陸佐 中嶋豊 2017年12月01日 陸上自衛隊幹部学校学校教官
歴代の普通科教導連隊長
(1等陸佐・滝ヶ原駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 渡部長作 1956年01月25日 - 1958年03月27日 陸上自衛隊富士学校総合研究部長
02 橋詰勇 1957年03月28日 - 1959年06月28日 第3管区総監部幕僚長
→1957年3月12日
陸上自衛隊富士学校付
第3管区総監部付
→1959年8月13日 第2教育団
兼 大久保駐とん地司令
03 税所三郎 1959年08月01日 - 1961年08月16日 第21普通科連隊 富士教導隊
滝ヶ原分とん地司令
04 信吉治男 1961年08月17日 - 1963年07月31日 陸上自衛隊富士学校学校教官 第3教育団副団長
05 栗原重厚 1963年08月01日 - 1965年07月15日 第10普通科連隊
滝川駐とん地司令
自衛隊福岡地方連絡部
06 副田忠夫 1965年07月16日 - 1966年07月15日 第32普通科連隊 富士教導団副団長
07 高木敏夫 1966年07月16日 - 1968年03月15日 陸上自衛隊富士学校研究部副部長 富士教導団副団長
08 深水宏 1968年03月16日 - 1970年03月15日 陸上自衛隊富士学校普通科教育部
戦術班長
陸上自衛隊富士学校研究部第2課長
09 八木正忠 1970年03月16日 - 1971年03月15日 第8普通科連隊
米子駐とん地司令
富士教導団副団長
10 梶清二 1971年03月16日 - 1973年03月15日 第41普通科連隊
別府駐とん地司令
富士教導団本部付
→1973年5月24日 退職
11 鈴木敏 1973年03月16日 - 1974年03月15日 第3普通科連隊
名寄駐とん地司令
陸上自衛隊富士学校企画室長
12 重松日出男 1974年03月16日 - 1975年07月15日 第21普通科連隊長
秋田駐とん地司令
陸上自衛隊幹部学校研究員
13 山口短之 1975年07月16日 - 1977年03月15日 陸上自衛隊富士学校学校教官 陸上幕僚監部第5部学校班長
14 狩野泰輔 1977年03月16日 - 1979年01月09日 第1師団司令部第3部長 中部方面総監部防衛部長
15 花山勝音 1979年01月10日 - 1981年03月15日 空挺教育隊 第13師団司令部幕僚長
16 葵政美 1981年03月16日 - 1982年08月01日 陸上自衛隊幹部学校主任教官 第4師団司令部幕僚長
17 秋元良夫 1982年08月02日 - 1984年06月30日 北部方面総監部人事部募集課長 陸上幕僚監部人事部人事計画課長
18 坂本憲昭 1984年07月01日 - 1986年07月31日 陸上自衛隊富士学校学校教官 東北方面総監部監察官
→1988年3月16日 船岡駐屯地業務隊長
19 平尾次郎 1986年08月01日 - 1988年07月31日 陸上自衛隊幹部学校研究員 陸上自衛隊富士学校普通科部
研究課長
20 廣岡公義 1988年08月01日 - 1991年03月15日 第11師団司令部第3部長 自衛隊長野地方連絡部
21 寺本功 1991年03月16日 - 1994年03月31日 東北方面総監部人事部人事課長 自衛隊茨城地方連絡部
22 亀田津治男 1994年04月01日 - 1996年12月15日 第12師団司令部第3部長 中部方面総監部防衛部長
23 榎本眞己 1996年12月16日 - 1998年11月30日 第6師団司令部第3部長 防衛大学校教授
24 福井祐輔 1998年12月01日 - 2001年03月31日 第2陸曹教育隊 防衛大学校教授
25 佐藤明 2001年04月01日 - 2003年07月31日 陸上自衛隊富士学校付 中部方面総監部調査部長
26 米満義人 2003年08月01日 - 2005年07月31日 第6師団司令部第3部長 陸上自衛隊幹部学校主任教官
27 井上敏憲 2005年08月01日 - 2008年03月31日 陸上幕僚監部人事部援護業務課
援護班長
陸上自衛隊東部方面情報保全隊
28 中津清俊 2008年04月01日 - 2010年11月30日 陸上自衛隊小平学校語学教育部長 中央即応集団司令部監察官
29 佐藤文章 2010年12月01日 - 2012年07月31日 西部方面総監部総務部総務課長 自衛隊高知地方協力本部
30 麻生竜伸 2012年08月01日 - 2015年07月31日 第11旅団司令部第3部長 陸上自衛隊関東補給処総務部長
31 河合龍也 2015年08月01日 - 2017年11月30日 第14旅団司令部第3部長 自衛隊香川地方協力本部
32 中嶋豊 2017年12月01日 - 陸上自衛隊幹部学校学校教官

主要装備編集

出典編集

  • 『明朗・闊達・和楽 陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地開設50周年記念誌』(陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地編 H16)

防衛省人事発令”. 2015年8月1日閲覧。

脚注編集

  1. ^ YOMIURI ONLINE 装甲車も投入、550人体制で捜索…御獄山噴火 2014年9月28日
  2. ^ 朝日新聞DIGITAL 強い硫黄臭、救助隊を阻む 御嶽山、多くの搬送を断念 2014年9月28日
  3. ^ 富士学校OB会 岳友会. “岳友 改編特集号 (PDF)”. 陸上自衛隊富士学校. p. 2. 2018年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集