メインメニューを開く

第13師団(だいじゅうさんしだん、JGSDF 13th Division)は、中部方面隊隷下にあった師団のひとつ。3個普通科連隊を基幹とし、中国地方の防衛警備を担当していた。廃止後は第13旅団が編成されている。

第13師団
JGSDF 13th Brigade.svg
創設 1962年昭和37年)1月18日
廃止 1999年平成11年)3月28日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 軽歩兵
人員 約7,000名
所在地 広島県安芸郡海田町
編成地 海田市
最終上級単位 中部方面隊
担当地域 中国地方
テンプレートを表示

沿革編集

海田市駐屯地において創隊式を挙行。第13特科連隊姫路駐屯地において、第13戦車大隊今津駐屯地において編成完結[1]
第8普通科連隊は海田市から米子駐屯地へ移駐[2]
編成(師団司令部、同付隊、第8第15第17普通科連隊、特科連隊、戦車大隊、通信大隊偵察隊対戦車隊、武器隊、補給隊、衛生隊、輸送隊)
1965年頃の主要編成
第8・第15・第17普通科連隊、第13特科連隊、第13戦車大隊
  • 1965年(昭和40年)
    • 3月31日:日本原駐屯地開設により、第13特科連隊第2大隊が同駐屯地へ移駐[3]
    • 6月30日:第13戦車大隊が日本原駐屯地へ移駐[3]
  • 1970年(昭和45年)3月10日:師団改編(甲師団化:定員9,000名)。
  1. 第46普通科連隊を新編。4個普通科連隊を基幹とする。
  2. 第13戦車大隊に第4戦車中隊を新編。
  3. 第13特科連隊に第4大隊、第5大隊第12中隊及び第6大隊第5射撃隊を新編。
  1. 第15普通科連隊が第2混成団隷下に編入。
  2. 第13戦車大隊第4戦車中隊を第2混成団戦車隊に改編。
  3. 第13特科連隊第4大隊及び第5大隊第12中隊を基幹とし、第6大隊から1個高射中隊を新編して、第2混成団特科大隊を新編[4]
1990年頃の主要編成
第8・第17・第46普通科連隊、第13特科連隊、第13戦車大隊
  • 1990年(平成02年)3月26日:戦車北転事業の影響により、第13戦車大隊第3戦車中隊を廃止。
  • 1991年(平成03年)3月29日:師団近代化改編。
  1. 第8・第17・第46普通科連隊を自動車化連隊に改編。
  2. 第13武器隊、第13補給隊、第13輸送隊、第13衛生隊を統合し、第13後方支援連隊を新編。
  3. 第13特科連隊第6大隊を第13高射特科大隊として分離独立、師団直轄とする。
  4. 師団司令部付隊に化学防護小隊を新編。第13偵察隊に電子偵察小隊を新編。
  • 1994年(平成06年)3月28日:中部方面航空隊から第13飛行隊を隷下に編入。
  • 1999年(平成11年)3月28日:陸上自衛隊で初の旅団編成となる第13旅団への改編に伴い、廃止。

廃止時の編成編集

廃止後の編成を併記する。

司令部及び歴代師団長編集

歴代の第13師団長(陸将
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職
1 加藤昌平
(陸将補)
1962.1.18 - 1962.7.31 陸士41期・
陸大50期
陸上幕僚監部武器課長
→1961.8.1 中部方面総監部
陸上幕僚監部付
→1962.9.20 退職・陸将
2 吉江誠一 1962.8.1 - 1964.8.13 陸士43期・
陸大50期
北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐とん地司令
→1963.7.1 陸将昇任
統合幕僚会議事務局長
統合幕僚学校
3 渡邊利亥 1964.8.14 - 1968.3.15 陸士45期・
陸大53期
東部方面総監部幕僚長
兼 市ヶ谷駐とん地司令
→1965.3.16 陸将
陸上幕僚監部付
→1968.6.30 退職
4 古川義道 1968.3.16 - 1970.6.30 陸士48期・
陸大56期
西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐とん地司令
→1968.7.1 陸将昇任
第1師団長
5 和田曻治 1970.7.1 - 1972.6.30 海機47期 北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐とん地司令
→1971.1.1 陸将昇任
陸上自衛隊航空学校
兼 明野駐とん地司令
6 栗栖弘臣 1972.7.1 - 1974.6.30 東京帝国大学 北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐とん地司令
統合幕僚会議事務局長
兼 統合幕僚学校長
7 緒方二郎 1974.7.1 - 1976.7.1 陸士54期 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐とん地司令
退職
8 鈴木敏通 1976.7.1 - 1977.10.19 陸士57期 陸上幕僚監部第1部長 陸上幕僚副長
9 澤山正明 1977.10.20 - 1979.3.16 陸士56期 防衛研修所副所長 退職
10 梅野文則 1979.3.16 - 1980.3.16 陸士58期 陸上自衛隊北海道地区補給処長
兼 島松駐とん地司令
陸上自衛隊富士学校
兼 富士駐とん地司令
11 柏木明 1980.3.17 - 1981.6.30 陸士59期 東部方面総監部幕僚長
兼 市ケ谷駐とん地司令
陸上自衛隊富士学校長
兼 富士駐とん地司令
12 落合成行 1981.7.1 - 1982.7.1 陸士59期 北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐とん地司令
退職
13 柗本節 1982.7.1 - 1983.6.30 第二高等学校 陸上幕僚監部調査部長 防衛大学校幹事
14 土谷一郎 1983.7.1 - 1986.3.17 京都大学 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐屯地司令
退職
15 宮崎文男 1986.3.17 - 1988.3.16 東京経済大学 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐屯地司令
退職
16 五十君弘太郎 1988.3.16 - 1990.3.16 防大2期 陸上幕僚監部教育訓練部長 退職
17 江口博保 1990.3.16 - 1991.7.1 防大2期 陸上自衛隊需品補給処長
兼 松戸駐屯地司令
退職
18 岩田貞幸 1991.7.1 - 1993.7.1 防大4期 防衛研究所副所長 退職
19 木家勝 1993.7.1 - 1996.3.25 防大6期 陸上自衛隊幹部候補生学校
兼 前川原駐屯地司令
退職
20 寺本典也 1996.3.25 - 1997.7.1 防大7期 陸上自衛隊富士学校副校長 退職
21 土橋健二 1997.7.1 - 1999.3.28 防大10期 東北方面総監部幕僚長
兼 仙台駐屯地司令
第2師団長

脚注編集

  1. ^ 今津駐屯地沿革
  2. ^ a b 朝雲新聞社編集局 監修・陸上幕僚監部『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社、1971年。
  3. ^ a b 日本原駐屯地沿革
  4. ^ 陸上自衛隊 松山駐屯地 駐屯部隊”. 陸上自衛隊松山駐屯地. 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。