メインメニューを開く

3代木村 容堂(きむら ようどう、1961年10月30日 - )は大相撲三役行司である。九重部屋所属。血液型O型

3代木村容堂
3rd Kimura Yodo
Sumo pictogram.svg
基礎情報
行司名 木村裕司
→ 木村恵之助
→ 木村恵乃助
→ 木村武蔵
→ 木村恵之助
→ 3代木村容堂
本名 洞澤 裕司
生年月日 (1961-10-30) 1961年10月30日(57歳)
出身 東京都府中市
所属部屋 九重部屋
データ
現在の階級 三役格行司
最高位 三役格行司
初土俵 1977年11月場所
幕内格 2006年3月場所
三役格 2014年11月場所
他の活動 番付の書き手
備考
2016年4月25日現在

人物編集

東京都府中市出身。本名は洞澤裕司。

ハリのある力強い呼び上げと掛け声が特徴である。

2000年3月場所より番付の書き手であった式守敏廣(当時幕内格、後の立行司36代木村庄之助)の番付書き助手を務めていた。2007年11月場所より受け継いで、戦後7人目の番付書き担当となるが、同場所の番付は1873年11月場所以来、134年ぶりとなる空位(西前頭11枚目)のある非常に珍しい番付(「時津海正博」の項参照)となった[1]

また2008年9月場所(東前頭8枚目)、2009年3月場所(西十両筆頭)にも空位のある番付を手掛けた。

2014年10月2日の理事会において、11月場所より三役格行司への昇進が決定した。2016年5月場所より、3代木村容堂を襲名。

エピソード編集

2014年5月場所6日目、幕内土俵入りで恵之助(当時)は西方の先導役を務めた。変わって東方の土俵入り、呼出の柝が響き渡り土俵入りを待つ館内、しかし東方力士が先導役の行司がいないため土俵入りができず、同じ東方で横綱土俵入りを控えていた立行司40代式守伊之助が状況を察知し行司控え室を覗いたが不在、先導役を務めるはずだった幕内格12代式守錦太夫が付き人の伝達ミスのため現れず一時中断。結局、伊之助の指示で恵之助が東方の先導役も務め事なきを得た[2]

2015年5月場所後に行われた師匠・九重(元・千代の富士)の還暦土俵入りでは、立行司木村庄之助が空位、同じく40代伊之助はスケジュールの都合がつかなかったことから、三役格ながら先導役を務めた。ちなみに横綱土俵入りの先導自体は先述の5月場所より(次期庄之助・伊之助が決まるまで)担当している。

川柳に造詣があり、『大相撲中継』では読者投稿を含んだ川柳コーナーを担当している。その中には「ケガ人で 出番続きの 車椅子」「ケガ防止 親方力士 知恵を出せ」などという、2017年9月場所の様相を表わしたものもある[3]

  • 大相撲令和元年5月場所では、久々に幕内土俵入りの先導を何度か務めた。本来ならば三役格行司のため先導はしないはずだが、これは横綱白鵬の休場によるもので、横綱鶴竜が横綱として一人で出場し、鶴竜の土俵入りを41代式守伊之助のみが15日間務めなければならないため、三役格行司の土俵入りの仕事がなくなるのを防ぐためである。

略歴編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 2007年11月場所 Internet Archive
  2. ^ 20140516 行司不在で土俵入りが遅れるハプニング Youtube
  3. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 p.97.