李 祖原(リー・ズーユェン、り そげん、英語名:C.Y. Lee / Chu-Yuan Lee / チュユァン・リー、1938年12月30日 - )は中華民国広東省出身の建築家画家。 中華文明伝統の特色を受け継いだ現代建築が特色で、現代建築では台北101高雄85ビルなどの高さで台湾の上位を占める超高層ビル、宗教施設では中台禅寺などの代表作が知られているほか、画家として水墨画の作品も手がけている[1]

李祖原
第五屆遠東建築獎頒獎典禮(截圖).jpg
生誕 (1938-12-30) 1938年12月30日(83歳)
中華民国の旗 広東省
国籍 中華民国台湾
出身校台湾の旗国立成功大学
アメリカ合衆国の旗プリンストン大学
職業建築家
受賞国家文芸奨中国語版 (2008)
所属 李祖原建築師事務所
建築物 高雄85ビル台北101など
李祖原
職業: 建築家画家
籍貫地 中華民国台湾
出生地: 中華民国の旗 中華民国 広東省掲陽県
各種表記
ラテン字 Li Tsu yuan
発音転記: チュユァン・リー
英語名 Chu-Yuan Lee
各種表記(本名)
繁体字 李祖原
簡体字 李祖原
拼音 Lǐ Zǔyuán
通用拼音 Lǐ Zǔyuán
ラテン字 Li Tsu yuan
注音符号 ㄌㄧˇ ㄗㄨˇ ㄩㄢˊ
台湾語 Lí Chó͘-goân
和名表記: り そげん
発音転記: リー・ズーユェン
英語名 Chu-Yuan Lee
テンプレートを表示
李祖原の代表作、台北101

人物編集

 
昇平戲院

中華民国時代の中国広東省掲陽県で出生。 国立台湾師範大学附属高級中学を経て、国立成功大学建築学系(系は学部に相当。1961年卒業[2])、米国プリンストン大学建築学科英語版(Princeton University School of Architecture)に進み1966年Master(修士号)[2]

1970年、東海大学建築系助理教授に就任し同年にイオ・ミン・ペイの建築事務所で日本万国博覧会「中華民国館」の設計助手[2]。 これが李の建築家としての実務デビューとなった[3]

1971年、米国フィラデルフィアのノーレン・スウィンバーン・アソシエイツ(Nolen-Swinburne & Associates)[2]ボストン再開発公社英語版(Boston Planning and Development Agency)およびロサンゼルスウィリアム・ペレイラ英語版(William Pereira)建築事務所などに所属。ペレイラの事務所に在籍したことで李はトランスアメリカ・ピラミッド(1972年完成)の案件に関わるという幸運を得た[3]。事務所ではペレイラに次ぐ地位まで上り詰めたが、内心では望郷の念が強くなっていった[3]

1978年に台湾に戻ると、事務所を開設。華人の実業家鄭周敏中国語版が開発する環亞世界大楼の設計を担い、以後は台湾と中国で多くの代表作を世に送り出している。2003年から2006年まで友人の石山修武の要請で早稲田大学建築学科教授を務める[2]。2009年、李の建築事務所は悲情城市などの舞台となった九份老街昇平戲院英語版新北市政府に寄贈した[4][5]

禅宗を篤く信仰するようになったのは、禅七[注釈 1]臨済宗法師の釈惟覚との縁によるもの[3]。李が中華と西洋の工法を組み合わせて2001年に南投県埔里鎮で完成させた中台禅寺はその影響を受けている[3]

設計思想編集

軍人の子として生まれ、決して裕福な家庭ではなかったが、小学5年で美術に目覚めた。家系には美術の天分があったとしている[3]。師範大付属高でも自身は他の多くの生徒同様、美術教師を志していたが、クラスで建築家を目指していた1人の同級生に影響を受けてクラスでは美術教師にも建築系の指導、試験を求めるようになった[3]

当時の台湾の大学で建築学部を設けていたのは成功大学だけだった。高校での美術指導が功を奏してか、同年に成功大学建築学部に合格した50名のうち、師大附属出身者は李を含めて5人を占めた[3]

大学では1年生から4年生まで一つの大家庭のような校風で昼夜を問わず学内のアトリエでデッサンに明け暮れて、収穫が多かったという[3]

青年時の李はスイスの建築家ル・コルビュジエ(1887-1965)を「建築作品は芸術家としての才気に溢れ、歴史を変えた一人であり、現代建築史の偉大な人物」と評し、自身の手本にしていた[3]

台湾に帰国後も「中国文化を知らずして、中国人の建築を設計することはできない」として、『中華建築』の思考を深めていく[3]。中国の代表的思想家の牟宗三に入門し、儒学仏学老荘思想を学んで「最高の文化は宗教にほかならない」という境地に辿り着く[3]

中華と西洋の文化をぶつけあった成果物として「東王漢宮」や「大安国宅」を生み出した[3]。李は「屋上部に中国古代建築の屋根を置いてみた」と語っている[3]。 宏国大楼(1989年)は李が「自己の中国建築意識を作品に反映できた」と初めて自認できるものとなった作品で、儒学に則った左右対称の外観と、天・地・人の三者の関係を物語る形状で、中国建築がもつ特色を「形式化」から「概念化」へ変えることを試みたという[3]

一方で21世紀になってからは雑誌『EGG[注釈 2]』と国内の若手建築家が選定する『台湾で最も醜い建築物』に李の作品が数件ランクインするなど、世代の違いとはいえ不名誉な評価もある[7][8]

栄典編集

主な受章物件編集

主な作品編集

     
台北王朝大酒店 宏国大楼 亜洲広場大楼
     
張榮發基金会 台北圓環 遠企中心大楼
     
遠東SOGO忠孝復興 台北転運站 遠雄金融中心
     
美河市 開南大学 台中金典酒店
     
清華大物理系 清華大人文系 中台禅寺
     
中正大学 台南中国城 長谷世貿大楼
   
高雄85ビル 遠雄THE ONE

台湾編集

台北市
新北市
桃園市
新竹市
台中市
南投県
彰化県
雲林県
嘉義県
台南市
高雄市

台湾国外編集

       
重慶環球金融中心 天津郵電網管中心 光明大厦 盤古大観
     
法門寺合十舍利塔 シーメンス中国総部 上海万博台湾館
  中国

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 七日間の接心を行うこと[6]
  2. ^ 日本のEggとは別

出典編集

  1. ^ (繁体字中国語)台灣50現代水墨系列二 李祖原”. yamnews/新生報 (2014年4月19日). 2019年11月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h (繁体字中国語)國家文藝獎 / 第十二屆 李祖原 / C. Y. Lee”. 財團法人國家文化藝術基金會. 2019年11月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o (繁体字中国語)夏玲 (2008年9月13日). “大器‧再創非人建築 作品具標竿性的李祖原”. 人間福報. 2019年11月10日閲覧。
  4. ^ (繁体字中国語)“九份昇平戲院 重現古早風華”. Watchinese 看雜誌. https://www.watchinese.com/article/2012/4555?page=show&device=desktop 2017年8月9日閲覧。 
  5. ^ 昇平戯院”. 黄金博物館(新北市政府) (2016年10月3日). 2019年11月10日閲覧。
  6. ^ 三つの教育体系”. 中台禅寺. 2019年11月15日閲覧。
  7. ^ a b c d (繁体字中国語)【辜成允之死究責】建築大師李祖原 101等著名地標出自他手”. 鏡週刊 (2017年6月27日). 2019年11月15日閲覧。
  8. ^ a b (繁体字中国語)台灣最醜建築物 建成圓環奪榜首”. 中華電視公司 (2007年3月24日). 2019年11月15日閲覧。
  9. ^ (繁体字中国語)中華民國傑出建築師獎得獎名單”. 内政部営建署中国語版 (2019年8月29日). 2019年11月10日閲覧。
  10. ^ (繁体字中国語)恭喜51級畢業系友陳邁-榮獲101年度「成功大學校友傑”. 成大建築文教基金会 (2013年1月). 2019年11月10日閲覧。
  11. ^ (繁体字中国語)2006-2018國家卓越建設獎歷年得獎名單.pdf”. 中華民国不動産協進会. p. 16 (2018年7月18日). 2019年10月26日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i (繁体字中国語)歷屆得獎”. 建築師雜誌. 2019年11月10日閲覧。
  13. ^ (英語)Emporis Skyscraper Award 2004”. EMPORIS GMBH. 2019年11月10日閲覧。
  14. ^ (繁体字中国語)遠東建築設計獎十作品入圍 「台北101大樓」獲頒特別獎”. 自由時報 (2005年4月25日). 2019年11月10日閲覧。
  15. ^ 建築のプロが選ぶ「最も影響力のある高層ビル」に台北101/台湾”. フォーカス台湾 (2019年10月31日). 2019年11月10日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l (繁体字中国語)2016年李祖原會士”. 台湾建築学会 (2016年3月26日). 2019年11月10日閲覧。
  17. ^ (繁体字中国語)大亞百貨結束營業之後 「3年魔咒」上身的亞洲廣場大樓”. 遠見天下文化出版 (2019年10月22日). 2019年11月10日閲覧。
  18. ^ (繁体字中国語)新光傑仕堡豪宅 落腳板橋”. Taiwan News (2016年2月25日). 2019年11月10日閲覧。
  19. ^ (繁体字中国語)家樂福重慶店”. 李祖原建築士事務所. 2019年11月15日閲覧。
  20. ^ (繁体字中国語)台北交九轉運站”. 台湾大林組. 2019年11月10日閲覧。
  21. ^ ~台湾初の「ららぽーと」事業~ 「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと台湾南港(なんこう)」着工へ 2021年開業予定”. 三井不動産 (2019年5月23日). 2019年11月10日閲覧。
  22. ^ (繁体字中国語)新北市三峽區 – 遠雄大學哈佛”. 遠雄建設. 2019年11月10日閲覧。
  23. ^ (繁体字中国語)開南大學拍過“流星花園”李祖原設計”. 中国評論通訊社 (2014年2月18日). 2019年11月10日閲覧。
  24. ^ (繁体字中国語)清華校園景點”. 国立清華大学. 2019年11月10日閲覧。
  25. ^ (繁体字中国語)辜成允跌倒死亡 晶華酒店總座、建築師4人緩起訴”. 自由時報 (2017年12月8日). 2019年11月10日閲覧。
  26. ^ (繁体字中国語)月眉育樂世界”. 李祖原建築師事務所. 2019年11月15日閲覧。
  27. ^ (繁体字中国語)彰化「田基」動土了”. 中国時報 (2018年5月22日). 2019年11月10日閲覧。
  28. ^ (繁体字中国語)汪洋中的一條船 縣府推繪本”. 自由時報 (2012年3月15日). 2019年11月10日閲覧。
  29. ^ (繁体字中国語)選填志願前走訪大學 體驗歐風、生態之美”. 聯合報 (2019年3月3日). 2019年11月10日閲覧。
  30. ^ (繁体字中国語)中國城鎮城之寶龍鳳壁 將完整保留”. 自由時報 (2016年2月24日). 2019年11月10日閲覧。
  31. ^ (繁体字中国語)高雄新地標 遠雄THE ONE大樓燈光秀宛如跨年倒數”. 聯合報 (2019年10月25日). 2019年11月10日閲覧。
  32. ^ (繁体字中国語)天津郵電網管中心”. 永峻工程顧問股份有限公司. 2019年11月10日閲覧。
  33. ^ (英語)Yuda International Trade Center”. skyscraperpage.com. 2019年11月10日閲覧。
  34. ^ (英語)Fangyuan Mansion”. emporis.com. 2019年11月10日閲覧。
  35. ^ (繁体字中国語)瀋陽方圓大廈 再度入選全球最醜建築”. 大紀元 (2012年4月18日). 2019年11月10日閲覧。
  36. ^ 「世界で最も醜い建造物」に専門家が反論、「注目を集めること自体が成功の証」―中国”. レコードチャイナ (2012年1月11日). 2019年11月10日閲覧。
  37. ^ (英語)Guangming Building”. emporis.com. 2019年11月10日閲覧。
  38. ^ (簡体字中国語)中国十大丑陋建筑 北京盘古大观居首”. 大紀元 (2011年3月11日). 2019年11月10日閲覧。
  39. ^ (簡体字中国語)西门子中国新总部大楼在京落成”. 北京周報 (2008年9月24日). 2019年11月10日閲覧。
  40. ^ (簡体字中国語)法门寺:探秘神奇地宫 开启千年宝藏”. 新浪新聞 (2010年5月6日). 2019年11月10日閲覧。
  41. ^ (繁体字中国語)重慶環球金融中心”. 建築師雑誌. 2019年11月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集