メインメニューを開く

李陵』(りりょう)は、『漢書』(「李広蘇建伝」「匈奴伝」「司馬遷伝」)、『史記』(「李将軍列傳」「太史公自序」)、『文選』(「答蘇武書」「任少卿報書」)等を典拠とした、中島敦短編小説である[1]。中島没後の昭和18年(1943年)7月、『文學界』に発表された(脱稿は前年10月)[2]。『李陵』という題名は、深い交友のあった深田久弥が、遺稿に最も無難な題名を選び命名したもので、中島自身は「漠北悲歌」などいくつかの題を記したメモを遺していた[1]

李陵
作者 中島敦
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説
発表形態 雑誌掲載
初出文學界1943年7月号
刊行 小山書店 1946年2月
収録 『中島敦全集 第1巻』 筑摩書房 1948年10月
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

あらすじ編集

前漢武帝から昭帝の時代、匈奴と戦い俘虜となった李陵のことを中心として描かれている。李陵司馬遷蘇武の3名が主要人物として登場する。

おもな収録書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 瀬沼茂樹「解説」(李陵 2003, pp. 207-215)
  2. ^ 「年譜」(李陵 2003, pp. 216-218)

参考文献編集

  • 中島敦 『李陵・山月記』 (改版) 新潮文庫、2003年12月。ISBN 978-4101077017 
  • 中島敦 『山月記・李陵 他九篇』 岩波文庫、1994年7月。ISBN 978-4003114513 
  • 渡辺ルリ 「中島敦『李陵』論」、『叙説』 (奈良女子大学文学部国語国文学会)第33号268-287頁、2006年3月31日。 NAID 110004437246 

外部リンク編集