メインメニューを開く

山月記』(さんげつき)は、中島敦短編小説1942年(昭和17年)に発表された中島のデビュー作である[1]。唐代、詩人となる望みに敗れてになってしまった男・李徴が、自分の数奇な運命を友人の袁傪に語るという変身譚であり、清朝の説話集『唐人説薈』中の「人虎伝」(李景亮の作とされる)が素材になっている[1][注釈 1]。『山月記』の題名は、虎に変わった李徴が吟じる詩の一節「此夕渓山対明月」から取られている。

山月記
作者 中島敦
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説
初出文學界1942年2月号
収録 第一創作集『光と風と夢筑摩書房 1942年7月
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
この記事には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

初出時は、他1篇「文字禍」と共に「古譚」の題名で総括され『文學界』1942年2月号に掲載された[1]文部科学省検定済教科書国語』の題材にしばしば採用され[注釈 2]、中島の作品中でも知名度が高い。野村萬斎によって舞台化された。

あらすじ編集

の時代、隴西李徴は若くして科挙試験に合格する秀才であったが、非常な自信家で、俗悪な大官の前で膝を屈する一介の官吏の身分に満足できず詩人として名声を得ようとした。しかし官職を退いたために経済的に困窮し挫折する。妻子を養う金のため再び東へ赴いた李徴は、地方の下級官吏の職に就くが、自尊心の高さゆえ屈辱的な思いをしたすえ、河南地方へ出張した際に発狂し、そのまま山へ消えて行方知れずとなる。

翌年、李徴の旧友で監察御史となっていた袁傪(えんさん)は、旅の途上で人食い虎に襲われかける。虎は袁傪を見るとはっとして茂みに隠れ、人の声で「あぶないところだった」と何度も呟く。その声が友の李徴のものと気づいた袁傪が茂みの方に声をかけると、虎はすすり泣くばかりだったが、やがて低い声で自分は李徴だと答える。そして人食い虎の姿の李徴は、茂みに身を隠したまま、そうなってしまった経緯を語り始め、今では虎としての意識の方が次第に長くなっているという。李徴は袁傪に自分のを記録してくれるよう依頼し、袁傪は求めに応じ、一行の者らに書きとらせる。自分が虎になったのは自身の臆病な自尊心尊大な羞恥心、またそれゆえに切磋琢磨をしなかった怠惰のせいであると李徴は慟哭し、袁傪も涙を流す。

夜が白み始めると、李徴は袁傪に別れを告げる。袁傪一行が離れた丘から振り返ると、草むらから一匹の虎が現れ、月に咆哮した後に姿を消す。

発表の経緯編集

山月記の著者、中島敦は1933年(昭和8年)から1941年(昭和41年)までの8年間、横浜高等女学校で国語、英語の教諭を勤めていた。中島は学校教諭をしながらも自身の夢である文筆業への思いも断ちがたく、仕事の傍ら、作品執筆を続けていた。そのような中で1936年(昭和11年)には小笠原諸島への旅行に出かけ、かねてから抱いていた南洋の島々への思いを更に募らせることになる。結局持病の|喘息の悪化もあって、転地療養を兼ねて南洋庁の官吏の仕事を得たことにより1941年6月、パラオに赴任する[2]

中島はパラオに赴任するに当たり、これまで自らが書き溜めてきた原稿のことが気にかかっていた。そこでしばしば原稿に目を通してもらっていた深田久弥に原稿を預けることにした。深田に預けた原稿が「狐憑」、「木乃伊」、「山月記」、「文字禍」の4編から構成される「古譚」である[3]

パラオに赴任する中島は、深田が預けた原稿を発表してくれるものと期待していた。しかし作品掲載の報はパラオの中島のもとにはなかなか届かない。深田は当初、中島から預けられた原稿のことを忘れてしまっていて、読みもしなかった。中島がパラオに赴任して半年くらい経った頃、ふと中島の原稿のことを思い出して読んでみた深田は、その内容の高さに感嘆し、さっそく深田は「文学界」に採用を推薦した。戦時中の用紙不足もあって「古譚」4編全ての掲載は叶わなかったが、深田と文学界の編集長であった河上徹太郎の判断により、「山月記」、「文字禍」の2編が1942年(昭和17年)2月、掲載された[4]

中島は1942年(昭和17年)3月にパラオから日本に戻るが、帰国後初めて「山月記」、「文字禍」の2編が「文学界」に発表されていたことを知った[5]

研究・解釈編集

下敷きとなっている「人虎伝」と比較すると、李徴が虎へ変身した理由に中島の創作が大きく入っている。「人虎伝」では、李徴は寡婦との逢瀬をある一家に妨げられ、その妨げてきた一家を焼き殺した因果応報で変身したとされているのに対し、中島は変身の理由を純粋な内因性に求め、芸術家の実存の内面(芸術家の運命の悲哀や狂気)を告白的に描いている[1]

瀬沼茂樹は、「人虎伝」から中島独自の作品になった過程には、中島の変身譚に対する嗜好があるとし、中島が愛読していたカフカの『窖』や、ガーネットの『狐になった夫人』の影響が垣間見られるとしている[1]

また、虎へ変身した理由を語る李徴の語りが自己劇化による語りであるとする解釈もある[要出典]

おもな収録書籍(中島敦の作品集)編集

他媒体での紹介・展開編集

冥の会「山月記」 [6][7]

朗読CD編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 素材になっているが、中島独自にアレンジされている。
  2. ^ 一例として、桐原書店『探求 現代文[改訂版]』桐原書店発行 高等学校教科書のご案内

出典編集

  1. ^ a b c d e 瀬沼茂樹「解説」(李陵 2003, pp. 207-215)
  2. ^ 神奈川近代文学館(2019)pp.25-31
  3. ^ 神奈川県立文学館(2019)p.30
  4. ^ 佐野(2013)pp.22-23、神奈川県立文学館(2019)p.41、p.79
  5. ^ 神奈川県立文学館(2019)p.41
  6. ^ 「秀逸な舞台を生む 冥の会『山月記』」、読売新聞、7月15日、1974年7月15日、p.9.
  7. ^ 「中島敦の『山月記』『名人伝』上演 冥の会」、読売新聞、7月3日、1974年7月3日、p.9.

参考文献編集

  • 中島敦 『李陵・山月記』 (改版) 新潮文庫、2003年12月。ISBN 978-4101077017 
  • 佐野幹「山月記はなぜ国民教材となったのか」、大修館書店、2013、ISBN 978-4-469-22232-6
  • 神奈川県立文学館「中島敦展 魅せられた旅人の短い生涯」公益財団法人神奈川文学振興会、2019

外部リンク編集