メインメニューを開く
ダービーマッチ > 日本のダービーマッチ > 東京ダービー (サッカー)
FC東京と東京ヴェルディのホームスタジアムである味の素スタジアム

東京ダービー(とうきょうダービー)は、東京都ホームタウンを置くサッカークラブによって行われるダービーマッチ

主にはFC東京東京ヴェルディ1969[注 1](共に日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟)の試合の呼び名として使われている。なお、当項目ではFC町田ゼルビア東京武蔵野シティFCなど、FC東京および東京V以外の東京都にホームを置くクラブ間の対戦も記載する。

目次

概要編集

FC東京がJ1へ初めて昇格した2000年が、両クラブ(東京Vは同年まで神奈川県川崎市がホームタウンであり、ヴェルディ川崎の呼称であった)がプロクラブとして対戦した初めての機会であった。なお、1970年に両クラブの前身である東京ガスサッカー部読売サッカークラブは共に当時所属していた東京都社会人サッカーリーグで1度対戦したことがあり、東京ガスが5-3で勝利を収めている[1]

2001年、東京Vが東京都にホームを移したことにより[注 1]、東京ダービーが始まった。東京ダービーの初戦は東京スタジアム(現:味の素スタジアム)のこけら落としとして注目を集め、同試合のホームゲーム開催権は両クラブ社長によるくじ引きで決せられた[2]

東京Vがダービーに勝利してJ2降格を免れた2001年最終戦や[注 2]、東京Vの終了間際の同点劇により、FC東京初の、そしてアマラオ最後のステージ優勝の可能性が途絶えた2003年2ndステージ第14節[注 3] など、リーグ戦はすべて1点差以内である。さらに、2008年リーグ戦では2試合とも後半アディショナルタイムに決勝点が決まっている。

なお、両サポーター同士での小競り合いがたびたび起こっている(2005年[3][4]、2008年[5][6] には傷害事件が発生した)。

FC東京のサポーターには、「ヴェルディだけには負けられない」[1]、「一生 青と赤 緑は大嫌い東京」[2] というサポーターソングがあるほか、かつての名称である「ヴェルディ川崎」コールでコールすること [3] や、東京ヤクルトスワローズの応援を流用した[注 4]東京音頭」で読売サッカークラブ(東京Vの前身にあたる)をコール [4] するものもある。

一方、東京Vにも「さぁ行こうぜ、男なら気持ちを見せろヴェルディ アレ! 俺たちのパス回せばガスに負けるはずがない」という応援歌がある [5]

ホームスタジアム編集

チーム名 スタジアム名
命名権名称)
収容人員 画像
FC東京
東京ヴェルディ1969
(共用)
東京スタジアム
(味の素スタジアム)
49,970人  
 
 
味スタ
 
FC東京
 
東京V
スタジアム及びクラブハウス所在地


戦績編集

FC東京vs東京ヴェルディ編集

大会 試合数 000FC東京000
勝利
0引分0 東京ヴェルディ
勝利
得点
000FC東京000 東京ヴェルディ
リーグ戦 J1 12 6 2 4 16 14
J2 2 0 2 0 1 1
カップ戦他 6 6 0 0 15 6
通算 20 12 4 4 32 21

リーグ戦編集

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数 得点者
2001 03月10日 J1 1st第1節 東スタ FC東京 2 - 1 東京V 44,030   25分三浦淳宏  89分 (PK)   111分 呂比須ワグナー
11月24日 2nd第15節 東スタ 東京V 1 - 0 FC東京 36,052   13分永井秀樹
2002 07月24日 1st第10節 東スタ 東京V 2 - 1 FC東京 18,088   23分アマラオ、  59分   63分 (PK)エジムンド
09月18日 2nd第4節 東スタ FC東京 2 - 1 東京V 13,640   17分エジムンド、  31分 (PK)アマラオ、  57分ケリー
2003 04月05日 1st第2節 味スタ 東京V 2 - 1 FC東京 13,222   68分 (PK)ラモン  89分飯尾一慶  89分馬場憂太
11月22日 2nd第14節 味スタ FC東京 1 - 1 東京V 32,781   75分阿部吉朗  89分飯尾一慶
2004 04月03日 1st第3節 味スタ FC東京 3 - 2 東京V 23,136   18分平野孝  50分戸田光洋  64分エムボマ
  71分ジャーン  80分馬場憂太
08月29日 2nd第3節 国立 東京V 0 - 1 FC東京 13,185   88分梶山陽平
2005 07月09日 第15節 味スタ FC東京 0 - 0 東京V 26,298
10月22日 第28節 味スタ 東京V 1 - 2 FC東京 21,033   19分森本貴幸  43分梶山陽平、  89分ササ・サルセード
2006年 - 2007年は、FC東京がJ1、東京VがJ2所属のため開催なし。
2008 04月12日 J1 第6節 味スタ 東京V 1 - 2 FC東京 22,503   43分フッキ  62分羽生直剛  89分 (o.g.)
08月23日 第22節 国立 FC東京 1 - 2 東京V 18,431   28分カボレ、  61分大黒将志  89分那須大亮
2009年 - 2010年は、FC東京がJ1、東京VがJ2所属のため開催なし。
2011 05月4日 J2 第10節 味スタ 東京V 0 - 0 FC東京 28,832
010月30日 第33節 味スタ FC東京 1 - 1 東京V 35,911   45+2分ルーカス  61分 (o.g.)
2012年 - 2019年は、FC東京がJ1、東京VがJ2所属のため開催なし。

カップ戦他編集

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数 得点者
2002 04月30日 ナビスコ杯 予選L第2節 東スタ 東京V 0 - 1 FC東京 5,373   41分宮沢正史
05月09日 予選L第5節 国立 FC東京 2 - 1 東京V 6,585   57分 (PK)エジムンド  64分アマラオ  87分宮沢正史
2004 10月13日 準決勝 味スタ FC東京 4 - 3 東京V 15,885   6分ジャーン、  14分   42分   90分 ルーカス
  47分山田卓也  78分平本一樹  79分小林大悟
2008 05月25日 予選L第4節 味スタ FC東京 3 - 0 東京V 19,141   2分ブルーノ・クアドロス  80分佐原秀樹  88分近藤祐介
06月08日 予選L第6節 国立 東京V 2 - 4 FC東京 12,257   11分廣山望  16分カボレ  19分フッキ、
  43分   45分   76分平山相太
2016 1月30日 ニューイヤー杯 沖縄県陸 FC東京 1 - 0 東京V 1,024   90+2分橋本拳人

得点者編集

その他編集

FC町田ゼルビアがJリーグへ加盟した2012年より東京Vと町田の間で「東京クラシック」としてダービーが開催された[7][8]

東京Vvs町田(東京クラシック)編集

リーグ戦編集

東京ヴェルディ:3勝2分4敗
FC町田ゼルビア:4勝2分3敗

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数 得点者
2012 4月1日 J2 第6節 町田 町田 1 - 2 東京V 6,822   46分阿部拓馬  65分北井佑季  77分杉本健勇
10月7日 第37節 味スタ 東京V 1 - 1 町田 8,645   50分梶川諒太  85分 (PK)ドラガン・ディミッチ
2013年は東京VがJ2、町田がJFL所属のため開催なし。
2014年および2015年は東京VがJ2、町田がJ3所属のため開催なし。
2016 3月26日 J2 第5節 味スタ 東京V 0 - 1 町田 5,166   90分鈴木孝司
10月2日 第35節 町田 町田 2 - 1 東京V 5,016   8分中村祐也  41分中村祐也、  68分平智広
2017 6月25日 第20節 町田 町田 2 - 4 東京V 4,334   6分渡辺皓太  51分畠中槙之輔  56分アラン・ピニェイロ
  64分吉田眞紀人  77分安在和樹  90分戸高弘貴
10月1日 第35節 味スタ 東京V 3 - 1 町田 6,951   12分 (o.g.)  23分アラン・ピニェイロ  53分畠中槙之輔、
  76分遠藤純輝
2018 5月3日 第12節 味スタ 東京V 1 - 4 町田 6,505   14分林陵平  17分吉濱遼平  48分森村昂太
  58分吉濱遼平、  88分中島裕希
11月17日 第42節 町田 町田 1 - 1 東京V 10,013   76分林陵平  82分大谷尚輝
2019 2月24日 第1節 町田 町田 1 - 0 東京V 8,814   63分富樫敬真
7月27日 第24節 味スタ 東京V 町田

カップ戦他編集

東京ヴェルディ:0勝1敗
FC町田ゼルビア:1勝0敗

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数 得点者
2010 09月5日 天皇杯 2回戦 西が丘 東京V 0 - 1 町田 3,231   72分山腰泰博

町田vs武蔵野編集

日本フットボールリーグ編集

天皇杯編集

天皇杯全日本サッカー選手権大会における東京都勢同士の対戦は以下の通り。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会(2010年)
第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会2012年
  • 2回戦:「FC東京 対 横河武蔵野FC」が味の素スタジアムで行われ、0-1で横河武蔵野FCが勝利。

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b 東京移転と同時にクラブ名を「ヴェルディ川崎」から「東京ヴェルディ1969」へと改称。なお、同クラブの正式名称及び呼称の変遷については当該項目を参照のこと。
  2. ^ 14位で残留した東京Vと、15位で降格したアビスパ福岡の勝ち点差は僅か3。詳細は2001年のJリーグ#J1順位表を参照。
  3. ^ 第13節終了時点で、FC東京と東京Vの勝ち点は首位ジュビロ磐田と3差の20で、どちらかが勝っていれば優勝の可能性が残っていたが、引き分けに終わり、磐田が勝利したために両チーム共に優勝の可能性がなくなった。詳細は2003年J1・2ndステージ最終節#第14節までの経緯を参照。
  4. ^ FC東京と東京ヤクルトスワローズは共同でスポーツ振興を行う関係にあった。詳細はFC東京#異競技間交流を参照。
出典
  1. ^ クラブサッカーの始祖鳥,256頁
  2. ^ J1東京ダービー、開幕権はFC東京”. 2001年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。サンケイスポーツ (2000年12月26日)
  3. ^ 東京ヴェルディ1969戦にて発生した傷害事件の加害者処分について FC東京公式ウェブサイト、2005年9月6日
  4. ^ 傷害事件に関する処分決定について FC東京公式ウェブサイト、2005年10月5日
  5. ^ FC東京戦での出来事について 東京ヴェルディ公式ウェブサイト、2008年6月8日
  6. ^ FC東京戦での出来事についての処分に関して 東京ヴェルディ公式ウェブサイト、2008年6月21日
  7. ^ FC町田ゼルビアとのダービーマッチ名称「東京クラシック」に決定のお知らせ 東京ヴェルディ公式ウェブサイト、2012年3月26日
  8. ^ 東京ヴェルディ戦のダービーマッチ名称、『東京クラシック』に決定のお知らせ FC町田ゼルビア公式ウェブサイト、2012年3月26日

参考文献編集

  • 『クラブサッカーの始祖鳥 読売クラブ -ヴェルディの40年-』読売サッカークラブ 東京ヴェルディ40周年記念誌発行委員会、東京ヴェルディ1969フットボールクラブ、2010年。

関連項目編集

外部リンク編集