メインメニューを開く

東京會舘

東京都千代田区にある宴会場、結婚式場、レストランを経営する会社

株式会社東京會舘(とうきょうかいかん、: Tokyo Kaikan Co., Ltd.)は、宴会場結婚式場レストランを経営する会社である。贈答用の洋菓子料理缶詰の販売も手がけている。

株式会社東京會舘
Tokyo Kaikan Co., Ltd.
丸の内二重橋ビル.jpg
東京會舘本館(丸の内二重橋ビル
種類 株式会社
市場情報
東証2部 9701
1949年5月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内三丁目2番1号
北緯35度40分39.5秒 東経139度45分41.0秒 / 北緯35.677639度 東経139.761389度 / 35.677639; 139.761389座標: 北緯35度40分39.5秒 東経139度45分41.0秒 / 北緯35.677639度 東経139.761389度 / 35.677639; 139.761389
設立 1920年大正9年)4月24日
(有馬パラダイス土地株式会社)
業種 サービス業
法人番号 5010001008821
事業内容 宴会場、食堂の経営
食品製造およびその販売
代表者 渡辺 訓章(代表取締役社長
資本金 37億1万1千円
(2018年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 3,463,943株
(2018年3月31日現在)[1]
売上高 53億4,188万2千円
(2018年3月期)[1]
営業利益 △15億568万4千円
(2018年3月期)[1]
経常利益 △14億9,380万3千円
(2018年3月期)[1]
純利益 1億353万2千円
(2018年3月期)[1]
純資産 73億7,518万9千円
(2018年3月31日現在)[1]
総資産 137億1,188万2千円
(2018年3月31日現在)[1]
従業員数 446名(2018年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 サントリーホールディングス(株) 9.37%
日本生命保険相互会社 5.16%
(株)三菱UFJ銀行 4.95%
(株)みずほ銀行 3.66%
(2018年3月31日現在)[1]
外部リンク http://www.kaikan.co.jp/
テンプレートを表示

ウエディング(婚礼)事業では、テイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)と提携している[2]

目次

概要編集

 
東京會舘のエントランス

東京・丸の内にある本舘の宴会場は、記者発表会、創立記念パーティ、展示会、偲ぶ会、その他各種イベントに利用され、また、結婚式場としてもよく知られる。芥川龍之介賞及び直木三十五賞の受賞者の記者会見と、その1ヶ月後の授賞式は東京會舘本舘にて行われてきた。

レストランはフランス料理「プルニエ」、西洋料理「シェ・ロッシニ」、中国料理「東苑」、日本料理「八千代」があり、そのほか、バー、カフェテラス、カクテルラウンジなどがある。

会員制クラブであるユニオンクラブは、各界著名人が多く会員になっていることで有名。

クッキングスクールも併設しており、現役のシェフが講師となっている。初級から上級クラス、シニア男性クラス、中国料理、製菓、製パンなど専門のクラスもある。

東京駅二重橋前駅有楽町駅日比谷駅から徒歩圏である。

沿革編集

 
初代本館の竣工当時の外観
 
竣工当時の東京會舘(左)と帝國劇場(右)
 
二代目本館

1920年大正9年)4月24日に設立され、田辺淳吉設計で1922年(大正11年)11月1日に初代本舘が竣工。フランス料理のレストランと宴会場を持った。本社でもある丸の内本舘は、東京都千代田区丸の内の皇居近くにある。

1940年昭和15年)12月大政翼賛会が発足すると、突如接収され、ここに中央本部が置かれた。1942年から1945年まで「大東亜会館」と改称された。

1949年(昭和24年)5月株式上場。主幹事証券会社は、日興證券(法人格上は、後の日興シティホールディングス、現在、事業を継承しているのはSMBC日興証券)だった。

1971年(昭和46年)12月、二代目本舘が竣工。

2015年平成27年)1月31日付で二代目本舘の営業が終了し、建て替えを実施。新本舘は、丸の内二重橋ビルの一部となる形で、2019年(平成31年)1月8日に営業を再開した[3]。工事期間中、芥川龍之介賞及び直木三十五賞の関連行事は帝国ホテルで行われた。

東京會舘が運営する他の会館編集

  • 浜松町東京會舘
  • 如水会
  • 大手町 LEVEL XXI
  • 銀行倶楽部
  • 東商スカイルーム

この他、有楽町東京交通会館にある回転レストラン「銀座スカイラウンジ」や日本橋三越本店の特別食堂「日本橋」も東京會舘の店舗である。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 株式会社東京會舘 (2018-06-28). 第124期(平成29年4月1日 - 平成30年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 【リーダーの素顔】東京會舘 渡辺訓章社長(60)新本館開業 現場主義で業績回復産経新聞』朝刊2019年1月16日(経済面)2019年1月17日閲覧。
  3. ^ 「東京会館が新装開業」『読売新聞』朝刊2019年1月9日(都民面)。

外部リンク編集