東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校(とうきょうとりつ さんぎょうぎじゅつこうとうせんもんがっこう、英語: Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology)は、東京都品川区および荒川区にキャンパスがある公立高等専門学校東京都立工業高等専門学校東京都立航空工業高等専門学校の統合により2006年平成18年)4月に設置された。運営は東京都公立大学法人(旧公立大学法人首都大学東京)。略称は「産技高専」、「都立産技高専」(TMCIT)。都立高専という表記も見られる。

東京都立産業技術高等専門学校
品川キャンパス(2021年)
品川キャンパス(2021年)
略称 産技高専、都立産技高専
英称 Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (TMCIT)
設置者 東京都公立大学法人
種別 公立高等専門学校
設立年 2006年
学科 ものづくり工学科:
機械システム工学コース
生産システム工学コース
電気電子工学コース
電子情報工学コース
情報通信工学コース
ロボット工学コース
航空宇宙工学コース
医療福祉工学コース
専攻科 創造工学専攻:
機械工学コース
電気電子工学コース
情報工学コース
航空宇宙工学コース
情報アーキテクチャ接続コース
創造技術接続コース
所在地 140-0011
東京都品川区東大井1-10-40
荒川キャンパス:
116-0003
東京都荒川区南千住8-17-1

北緯35度44分4.0秒 東経139度48分34.1秒 / 北緯35.734444度 東経139.809472度 / 35.734444; 139.809472座標: 北緯35度44分4.0秒 東経139度48分34.1秒 / 北緯35.734444度 東経139.809472度 / 35.734444; 139.809472
ウェブサイト https://www.metro-cit.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
荒川キャンパス

概略編集

東京都立大学工学部と同じく府立電機工業学校を源流に持ち、また前身校の東京都立工業高等専門学校東京都立航空工業高等専門学校は最初期に設立された14の高専のうちの2つであり高等専門学校としても長い歴史を持つ[1]。 前身校のキャンパスを引き継ぎ、品川キャンパス荒川キャンパスの2キャンパス制となる。また、開校と同時に5年制の本科(準学士課程)の上に2年制の専攻科(学士課程)が設置された。さらに、2006年(平成18年)4月に品川キャンパス所在地に開学した、公立大学法人首都大学東京が設置する産業技術大学院大学専門職大学院)と連携し、高専から大学院に至る、全国初の、9年間一貫のものづくり教育を目指している。

なお以前は東京都の直轄だったが、2008年(平成20年)4月に公立大学法人首都大学東京(現:東京都公立大学法人)に移管された。

平成21年(2009年)度より、東京都以外からも入学者の募集を開始した。

本科(準学士課程)編集

  • ものづくり工学科

コース編集

品川キャンパス
  • 機械システム工学コース
  • 生産システム工学コース
  • 電気電子工学コース
  • 電子情報工学コース
荒川キャンパス
  • 情報通信工学コース
  • ロボット工学コース
  • 航空宇宙工学コース
  • 医療福祉工学コース

専攻科(学士課程)編集

  • 創造工学専攻

コース編集

  • 機械工学コース
  • 電気電子工学コース
  • 情報工学コース
  • 航空宇宙工学コース
産業技術大学院大学への推薦を前提としたコース

2009年4月に開設された。

  • 情報アーキテクチャ接続コース
  • 創造技術接続コース

沿革編集

都立工業高等専門学校として編集

都立航空工業高等専門学校として編集

都立産業技術高等専門学校として編集

特色編集

独自カリキュラム編集

  • 情報セキュリティ技術者育成プログラム[2]

情報セキュリティに関する高度な技能と知識を有する情報処理技術者の育成を目的としたプログラム

  • 航空技術者育成プログラム[3]

高度な専門知識を有する航空宇宙技術者の育成を目的としたプログラム

上記に加えて令和3年度から医工連携教育・研究プロジェクトが開始する。本プロジェクトは都立産業技術高等専門学校が荒川キャンパスに設置する航空宇宙工学、ロボット工学、情報通信工学、医療福祉工学の4コースを横断するプロジェクトとなっており、工学技術の医学への実践的応用が可能な技術者を育成する。また本プロジェクトは以下の3つのプログラムをもって実行される [4]

  • 未来工学教育プログラム

ガンの発見等、医学分野での応用が進むAI関連の最先端技術に関するプログラム

  • 医工連携共同研究プログラム

デザイン思考法を導入して医療機器開発に於ける問題を発見・解決する。また問題解決が可能な方法・機器の特別研究、研究開発を行う。

  • 医工連携ビジネスプログラム

実習を軸として実際の医療現場の状況と問題点を把握し、医療機器開発が可能な高度実践的技術者を育成する。このプログラムでは東京都立産業技術研究所との連携が行われる。

産学連携編集

他の教育・研究機関及び産業界の企業との協定を締結し、広域的に産学連携を行なっている。 以下は東京都立産業技術高等専門学校と協定を締結した教育・研究機関、及び企業[5]

国際教育編集

  • グローバルコミュニケーションプログラム(Global Communication Program:GCP)

東京都公立大学法人内の2大学と連携し、国内での英語研修、英語でのプレゼンテーション、合宿、及び8日間の海外渡航を含めた6ヶ月のプログラムで実践的な課題解決力、英語を含む外国語でのコミュニケーション能力の育成を行う。

  • インターナショナルエデュケーションプログラム( International Education Program:IEP)

国際的に活躍が可能なエンジニアの育成を目的としたアメリカ合衆国シアトルでの8泊10日の海外研修プログラム。海外インターンシッププログラム(IS)の改定により平成29年度より開始した。

多様な教育編集

機械工学電気電子工学及び情報工学等の基礎工学分野と、それらの応用・複合分野である航空宇宙工学ロボット工学、情報通信工学、医療福祉工学に関するコースを設置しており、多様な教育を行う[6]

アクセス編集

品川キャンパス
東京臨海高速鉄道りんかい線JR埼京線との直通運転あり)の品川シーサイド駅から徒歩3分。または、京急本線青物横丁駅から徒歩10分、同線鮫洲駅から徒歩9分、京浜東北線東急大井町線・りんかい線の大井町駅からは徒歩16分。
品川駅と大井町駅からは、都営バスが運行されている。
荒川キャンパス
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線・JR常磐線東京メトロ日比谷線南千住駅からバス8分・徒歩15分。または、東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅から徒歩20分、京成本線京成関屋駅東武伊勢崎線牛田駅から徒歩20分。

施設編集

品川キャンパス編集

  • 本館 校舎正面玄関の上部にはギリシア語で
ΠΑΝΤΕΣ ΑΝΘΡΩΠΟΙ ΤΟΥ ΕΙΔΕΝΑΙ ΟΡΕΓΟΝΤΑΙ ΦΥΣΕΙ. 

と刻まれており、これは英語で All humans, by nature, desire knowledge.即ち

全ての人間は生まれつき知ることを欲す 

という意味になる。またこれはアリストテレス形而上学の初文である。

  • 部室棟
  • 体育棟
  • 附属図書館
  • 総合工場

荒川キャンパス編集

  • 科学技術展示館 日本航空協会から"戦後航空再開時の国産航空機群"と認定を受けた展示館。航空用エンジン、人工衛星のミニチュア模型等を展示している
  • 航空実習館「汐風」
  • 風洞実験室
  • アリーナ棟
  • 部室棟
  • 附属図書館
  • 汐黎ホール
  • 総合工場

学生生活編集

サークル活動編集

品川キャンパス編集

  • 運動系
    • 陸上競技部
    • サッカー部
    • 硬式野球部
    • ラグビー部
    • バスケットボール部
    • バレーボール部
    • バドミントン部
    • 卓球部
    • 剣道部
    • 弓道部
    • 柔道部
    • テニス部
    • ソフトテニス部
    • 水泳部
    • ボウリング部
  • 文化・技術系
    • 吹奏楽部
    • 茶道部
    • 写真部
    • 電気通信部
    • ロボット研究部
    • ロボコン部
    • ロボカップ部
    • 省エネカー研究部
    • プログラミング部
    • 高専デザコン部
    • 英語研究部
  • その他同好会
    • 数学研究同好会
    • 鉄道総合研究会
    • 軽音楽同好会
    • モデリング研究同好会
    • ビリヤード同好会
    • 卓上遊戯同好会
    • 音楽同好会Q
    • 農業同好会
    • ゲーム開発同好会
    • ICTトラブルシューティング勉強会

荒川キャンパス編集

  • 運動系
    • 陸上競技部
    • サッカー部
    • 軟式野球部
    • ラグビー部
    • バスケットボール部
    • バレーボール部
    • バドミントン部
    • 卓球部
    • 剣道部
    • フットサル部
    • 柔道部
    • テニス部
    • ソフトテニス部
    • 水泳部
    • ワンダーフォーゲル部
  • 文化・技術系
    • 宇宙科学研究部
    • 音楽部
    • 航空工作部
    • 奇術部
    • 人力飛行機研究部
    • 吹奏楽部
    • 電気通信部
    • 民謡研究部
    • 茶華道部
    • 応用物理研究部
    • 自転車部
    • 海洋環境研究部
  • その他同好会
    • スキー同好会
    • ロボット研究同好会
    • 航空整備同好会
    • マルチメディア研究同好会
    • 折り紙同好会
    • 数学クラブ同好会
    • 総合音楽同好会
    • 家庭科同好会
    • 芸術同好会
    • 自由造形同好会
    • 合唱同好会

年間行事編集

  • 1月
    • 特別研究Ⅱ審査会
    • 冬季休業
  • 2月
    • 特別研究Ⅰ審査会
  • 3月
    • 卒業研究発表会
    • 卒業式
    • 専攻科修了式
    • 終業式
    • クラブ春季合宿
    • 春季休業
  • 4月
    • 入学式
    • ガイダンス
    • 始業式
    • 定期健康診断
    • 保護者会
  • 5月
    • オリエンテーション
    • 校外教室
  • 6月
    • 前期中間試験
    • 体育祭(荒川
    • 学校見学会
    • 関東信越地区高専体育大会
  • 7月
    • 関東信越地区高専体育大会
    • 前期期末試験
  • 8月
    • 前期期末試験
    • 全国高専体育大会
    • クラブ夏季合宿
    • インターンシップ
    • 海外インターンシップ
    • 夏季休業
  • 9月
    • 海外インターンシップ
    • グローバルエンジニア育成プログラム
    • グローバルコミュニケーションプログラム
    • 国際交流プログラム
    • 関東信越地区高専文化発表会
  • 10月
    • 高専ロボットコンテスト関東甲信越地区大会
    • 工場見学
  • 11月
    • 校外教室
    • 校外研修
    • 高専ロボットコンテスト全国大会
    • 関東信越地区高専英語弁論大会
  • 12月
    • 後期中間試験
    • 冬季休業

同窓組織編集

東京都立産業技術高等専門学校にはその歴史的経緯から2つの同窓組織が存在する。品川キャンパス(鮫洲)の鮫洲会と都立航空高専の大空会である。

同窓鮫洲会編集

戦前の鮫洲の地での府立電工から始まる技術者育成機関の脈絡は、その長い歴史の中でいくつかの変遷があった。しかしながら校名が異なっていても学籍を引き継いだり、府立電工と併せて設置された東京府機械工養成所が商工省東京機械技術員養成所を経て都立工専技術専修科となったように、その校風や人脈は鮫洲の地を通して途切れることなく脈々と受け継がれていった。

そのような経緯で卒業生による繋がりは校名や組織というよりはむしろ鮫洲の地としての繋がりであった。そして1992年、同窓鮫洲会が発足。都立工業高専の卒業生及び、前身校(都立大学附属工高、都立工業高専付属工高など)の卒業生を含めた校名を超えた繋がりを持った同窓組織となった。

2016年、都立工業高専は都立航空高専と統合され新たに東京都立産業技術高等専門学校となったものの品川キャンパスの同窓組織として鮫洲会が機能している[7]

大空会編集

荒川キャンパスの卒業生による同窓組織。


関係人物編集

教職員編集

著名な出身者編集

前身校である工業高専・航空工業高専などの出身者をも含む。

  • 山本悟KYB株式会社 代表取締役社長 (工業高専 機械工学科 1回生)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高専とは”. 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ 東京都立産業技術高等専門学校 情報セキュリティ技術者育成プログラム”. 2021年2月5日閲覧。
  3. ^ 東京都立産業技術高等専門学校 航空セキュリティ技術者育成プログラム”. 2021年2月5日閲覧。
  4. ^ 東京都立産業技術高等専門学校 新プログラム・新コース紹介”. 2021年2月20日閲覧。
  5. ^ 東京都立産業技術高等専門学校 産学公連携”. 2021年2月5日閲覧。
  6. ^ 東京都立産業技術高等専門学校 産技高専の特徴”. 2021年2月8日閲覧。
  7. ^ 同窓鮫洲会とは”. 2021年2月19日閲覧。
  8. ^ 深谷直樹准教授が製作したロボットがNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に登場しました”. 東京都立産業技術高等専門学校 (2018年5月28日). 2019年11月23日閲覧。
  9. ^ researchmap<kunihiko kikuchi>”. 2021年2月2日閲覧。
  10. ^ “[https://www.jamstec.go.jp/maritec/j/ems/yoshida.html Hiroshi Yoshida 〈海洋基幹技術研究部 Department of Engineering for Geo-Marine Science〉]”. 2021年1月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集