メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 品川区 > 東大井

東大井(ひがしおおい)は、東京都品川区の地名。現行行政地名は東大井一丁目から東大井六丁目。郵便番号は140-0011[2]

東大井
東大井遠景
東大井遠景
東大井の位置(東京23区内)
東大井
東大井
東大井の位置
北緯35度36分7.73秒 東経139度44分8.74秒 / 北緯35.6021472度 東経139.7357611度 / 35.6021472; 139.7357611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinagawa, Tokyo.svg 品川区
地域 大井地域
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 22,539人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
140-0011[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川
※座標は東大井六丁目付近

目次

地理編集

 
勝島運河

品川区の南東部に位置する。北辺は東京都道420号鮫洲大山線に接し、これを境に南品川東品川にそれぞれ接する。東辺は京浜運河に接し、これを境に八潮に接する。南東は勝島運河に接し、これを境に勝島に接する。南辺は立会川に接し、これを境に南大井に接する。西辺はJR東海道本線などの線路に接し、これを境に広町大井にそれぞれ接する(いずれの地名も品川区)。

地内中央付近を南北に第一京浜が、東部を南北に海岸通りが通っている。五丁目内には池上通りが通っている。

また、京急本線が第一京浜と平行して走っており、鮫洲駅立会川駅が設置されている。両駅付近には旧東海道が通っている。また、北西端にはJR東日本東急電鉄大井町駅が設置されている。

東部の京浜運河・勝島運河沿い(東大井一丁目と二丁目付近)には、工業用地として倉庫や諸施設などが見られる。北西部の東大井五丁目は大井町駅の東口にあたり、駅前には各種商店やビルなどが多く、大井町駅周辺は品川区でも有数の商業地となっている。その他の地域は主に住宅地となっている。

歴史編集

 
立会川駅前商店街と龍馬像
 
復元された浜川砲台の大砲

江戸時代、現在の品川区立浜川中学校(東大井三丁目)の辺りに土佐藩下屋敷があった[4]幕末の1853年にマシュー・ペリー率いるアメリカ艦隊(黒船)が浦賀に来航したため、幕府は土佐藩を含む各地の大名に対して警備命令を出し、当地にも土佐藩管轄の浜川砲台が設置された。砲台の存在は近年まで明らかではなかったが、2004年、勝島運河付近の宅地造成工事の際に発見された。

黒船来航時に坂本龍馬が土佐藩から沿岸警備の命令を受けて当地に着任していたと伝えられていることから、浜川砲台跡地発見後に龍馬の故郷である高知県から龍馬の立像が贈られ、立会川駅前(東大井二丁目)に設置された[5]。2015年11月には、浜川砲台の大砲が勝島運河に近い新浜川公園(東大井二丁目)に実物大で復元された[6]

江戸時代には土佐藩の下屋敷の他にも現在の東大井四丁目に仙台藩と越前鯖江藩の下屋敷が[7]、東大井六丁目に薩摩藩の抱屋敷があった[8]。仙台藩の下屋敷(現在の仙台坂トンネルの南側)では藩士のために仙台味噌が生産され、2017年現在も下屋敷跡の「仙台味噌醸造所」で生産・販売が行われている[9]

住居表示実施前後の町名の変遷編集

実施後 実施前
東大井一丁目 大井鮫洲町の大部分、大井林町の一部
東大井二丁目 大井鮫洲町の一部、大井元芝町の一部、大井北浜川町の東半分
東大井三丁目 大井元芝町の大部分、大井北浜川町の西半分、大井関ガ原町の一部
東大井四丁目 大井林町の大部分
東大井五丁目 大井立会町の大部分
東大井六丁目 大井関ガ原町の大部分

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東大井一丁目 2,668世帯 5,289人
東大井二丁目 2,426世帯 4,300人
東大井三丁目 2,828世帯 4,852人
東大井四丁目 1,296世帯 2,468人
東大井五丁目 2,345世帯 3,972人
東大井六丁目 1,043世帯 1,658人
12,606世帯 22,539人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
東大井一丁目 全域 品川区立鮫浜小学校 品川区立浜川中学校
東大井二丁目 全域
東大井三丁目 18~29番 品川区立浜川小学校
その他 品川区立立会小学校
東大井四丁目 全域
東大井五丁目 全域
東大井六丁目 1~11番
その他 品川区立浜川小学校

交通編集

北西端の五丁目北端に京浜東北線東急大井町線りんかい線大井町駅が挙げられる。北東部の一丁目には京急本線鮫洲駅があり、北端に隣接してりんかい線品川シーサイド駅がある(所在地は東品川四丁目)。また、南東端付近の二丁目に隣の京急本線の立会川駅がある。他に、地域東部の一丁目付近では品川駅からのバス路線の利用もある。

施設編集

東大井一丁目編集

東大井二丁目編集

  • 品川区立鮫浜小学校
  • 嶺雲寺

東大井三丁目編集

  • 大井消防署
  • 品川区立浜川中学校
  • 品川区立東大井公園
  • 来福寺

東大井四丁目編集

東大井五丁目編集

 
品川区総合区民会館「きゅりあん」(2015年3月21日)

東大井六丁目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口‐例月表 【地区別、町丁別、地域センター別】”. 品川区 (2017年12月6日). 2017年12月21日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月21日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月21日閲覧。
  4. ^ 品川の大名屋敷 第9回”. 品川区 (2012年7月30日). 2019年3月15日閲覧。
  5. ^ 京急線普通電車の旅|立会川駅 (PDF)
  6. ^ 浜川砲台復元 完成披露記念式典”. 品川区 (2015年11月2日). 2016年4月28日閲覧。
  7. ^ 品川の大名屋敷 第2回”. 品川区 (2012年7月27日). 2019年3月15日閲覧。
  8. ^ 品川の大名屋敷 第14回”. 品川区 (2012年12月6日). 2019年3月15日閲覧。
  9. ^ 仙台藩品川下屋敷跡(品川区東大井)”. 仙台市 (2017年2月1日). 2019年3月15日閲覧。
  10. ^ 学区域”. 品川区 (2017年9月19日). 2017年12月21日閲覧。

外部リンク編集