メインメニューを開く

東所沢

埼玉県所沢市の町名

地理編集

所沢市内の東部、柳瀬地区に所属する[4]JR武蔵野線東所沢駅の駅前周辺および北側を範囲とする。亀ヶ谷坂之下本郷東所沢和田新郷日比田と隣接する。 町域内は同線の線路開通と同駅開業に伴って開発整備された市街地[5]、駅前通り沿いには店舗が林立し、住宅地には公園も多く点在する。 駅北側に位置する一丁目より以下時計回りに線路南側の五丁目まで設置されている。 町境南端に埼玉県道・東京都道179号所沢青梅線が通り、北側の町境は東川の流れに沿っている。

河川編集

橋梁
  • 新日比田橋
  • 日比田橋
  • 稲荷橋
  • 柳瀬橋

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、東所沢3丁目20番7の地点で16万4000円/m2となっている。[6]

歴史編集

地名の由来編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東所沢一丁目 1,459世帯 2,953人
東所沢二丁目 2,265世帯 5,136人
東所沢三丁目 1,546世帯 3,215人
東所沢四丁目 435世帯 1,024人
東所沢五丁目 778世帯 1,572人
6,483世帯 13,900人

交通編集

鉄道編集

地内にJR東所沢電車区車庫が置かれている。

道路編集

交差点
  • 「東所沢中央」
  • 「東所沢駅入口」
  • 「東所沢小入口」
  • 「柳瀬保育園入口」
  • 「東所沢四」
  • 「本郷」
バス
  • 地内のバス停は、「東所沢一丁目」・「東所沢二丁目」・「東所沢三丁目」・「柳瀬公民館入口」・「本郷」(東所沢駅#バス路線も参照)

施設編集

教育
官公庁
公園
社寺
  • 亀ヶ谷神社
医療
  • 豊原医院
商業

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合の学区(校区)は以下の通り[15]

町丁 番・番地 小学校 中学校
東所沢 1 ・2 ・5丁目 所沢市立東所沢小学校 所沢市立柳瀬中学校(坂之下)
3 ・4丁目 所沢市立柳瀬小学校坂之下

注釈編集

  1. ^ 本郷交差点より南永井交差点付近に至る道路。この付近が1964年東京オリンピッククレー射撃場になったためこの名称で呼ばれる。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 最新の人口について”. 所沢市 (2017年10月17日). 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 所沢市公式「防災ガイド Archived 2011年3月15日, at the Wayback Machine.・避難所マップ(柳瀬地区マップ) (PDF) 2012年6月閲覧
  5. ^ a b 写真で見るところざわの移り変わり 武蔵野線の開通(昭和48年)
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 所沢市ホームページ ところざわウォーキング・ナビ 2012年6月閲覧
  8. ^ 所沢市ホームページ やなぎ児童館 2012年6月閲覧
  9. ^ さいたまなび公園検索 亀ヶ谷公園 2012年6月閲覧
  10. ^ さいたまなび公園検索 明改原公園 2012年6月閲覧
  11. ^ さいたまなび公園検索 新郷公園 2012年6月閲覧
  12. ^ さいたまなび公園検索 原中公園 2012年6月閲覧
  13. ^ さいたまなび公園検索 名古屋公園 2012年6月閲覧
  14. ^ YC東所沢 郷土窪公園 2012年6月閲覧
  15. ^ 所沢市ホームページ 住所別通学区域一覧表 2011年6月閲覧

外部リンク編集