メインメニューを開く

ガッツファイティング』 (Guts Fighting) は、TBSのプロボクシング中継タイトル、および協栄ボクシングジムワタナベボクシングジム主催のプロボクシング興行である。本項ではガッツファイティング以降におけるTBS系列の中継を扱う。

ガッツファイティング
Korakuen Hall 2007.jpg
主に中継が行われている後楽園ホール
ジャンル ボクシング中継
オープニング HaKU「everything but the love」(2013年)
エンディング 同上
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1978年 -
TBS「BOXING」
テンプレートを表示

なお、ガッツ石松とは無関係。

目次

歴史編集

協栄ジムはそれまで日本テレビと関係が深かったが、西城正三の世界戦の放映権は東京12チャンネルに移った。その後、具志堅用高の世界挑戦が決まるものの、当時12チャンネルは独立局であり、具志堅の地元沖縄でその雄姿をテレビで観る事は極めて困難であるため、同地にネット局を抱える他局での放映を希望した。当時沖縄の民放はTBS系の琉球放送フジテレビ系の沖縄テレビ放送の2局であったが、協栄ジムは「黒い霧事件」の影響でフジと関係の深い三迫プロモーションと対立していたためフジでの放送は事実上不可能であったものの、TBSは極東ボクシングクラブとの提携で放送してきた「東洋チャンピオンスカウト」が終了しており、TBS側も新たなボクシングコンテンツを希望していた。そこで協栄とTBSの思惑が一致し、具志堅の世界初挑戦試合をTBSが放送することになった。デイリースポーツの協賛も受けている。

1978年に第1回開催。

以来、TBSと協栄の関係が深く、第1回以来同ジム主催の興行を深夜枠などで中継してきた。関東圏における協栄系列ジム所属選手の試合を中心ではあるが、畑中清詞など系列局が制作する世界タイトルマッチもこの枠で放送し、さらに1998年5月18日に行われたマニー・パッキャオの来日試合(VS 寺尾新)も中継したことがある。

協栄ジム初代会長金平正紀の死去に伴い1999年に放送休止(「ガッツファイティング」興行及び世界戦中継は継続)。その後、亀田興毅のデビュー第4戦より不定期ながら「深夜ボクシング」として復活。協栄に移籍した2005年には「MIDNIGHT BOXING」として放送。

現在は「ガッツファイティング」の番組タイトルが復活し、不定期中継が行われている。

2012年10月より大橋ボクシングジム主催「フェニックスバトル」をこの枠で放送(後援は日刊スポーツ新聞社)。井上尚弥のデビュー2戦を中継、また、2013年にはWBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾綾香の初防衛戦を後日深夜の同枠で中継し、同系列としては初の女子世界戦中継となった。

また、同年7月に行われた角海老宝石ボクシングジム主催「KAMIKAZE2」で56年ぶりに復活した日本ヘビー級王座決定戦藤本京太郎 VS オケロ・ピーター土屋修平 VS 中谷正義高野人母美プロ第2戦と合わせて深夜の同枠で放送。

一方、協栄は同年3月に「ガッツファイティング」興行を開いたが、ノーテレビであった。2014年3月の興行は後日深夜録画。なお、2012年からは中日新聞東京本社東京中日スポーツ)が後援に就いている。

2018年3月の「ガッツファイティング」興行からはワタナベボクシングジムが主催している。

近年の放送形態編集

「ガッツファイティング」の番組名で放送されるのは、基本的に協栄系列・ワタナベジム主催興行から1 - 3試合(主に日本・東洋太平洋タイトル戦)を中継する深夜枠である。

一方、主に世界戦がゴールデンタイム(原則JNN28局ネット)・土日祝日昼間に生中継あるいは撮って出しで中継される場合は「ガッツファイティング」とは別の放送になる(タイトル上は「TBSボクシング」)が、稀に「ガッツファイティング」として放送されることもある(この際には「ガッツファイティング」のオープニングCGが流される)。2008年頃から2010年までの世界戦はFEG主催の格闘技「K-1 WORLD MAX」「DREAM」と合わせて「格闘技2大祭り」として中継することが多かった。また、2011年以降は隔週土曜深夜の「S☆1 plus」枠で放送される場合もある。同年以降は大晦日に放送されるスポーツ特番(2014年から2017年までは「KYOKUGEN」)に内包される形で世界戦を放送している。

TBSの放送対象地域である関東広域圏外の会場から中継される場合は、大阪ならMBS、名古屋ならCBCなど系列局による制作協力の下、TBS自社制作で放送。解説・実況もTBSのスタッフで行うが、コーナーリポーターはまれに系列局から派遣される場合もある(1990年代までは選手の所属ジムが関東圏外の場合、系列局制作を受けることが多かった)。

CSのTBSチャンネルにおいては特に注目度の高い試合(東洋太平洋・日本タイトルなど。地上波でゴールデン中継されない一部世界戦も含まれる)を生中継している他、地上波で中継された世界戦等の録画中継、さらに過去の名勝負(アーカイブ)を放送している。また、地上波版「ガッツファイティング」は関東ローカルであるが、後日TBSチャンネルで全国放送される場合が多い。

BS-TBSでは、プロ野球中継雨傘番組としてアーカイブが組まれる場合もある。

協栄・ワタナベ以外で放送されるジム編集

過去に放送していたジム

解説者編集

以下の2名は主にゴールデンタイムの世界戦に出演

  • 飯田覚士(元WBA世界スーパーフライ級王者)
  • 長谷川穂積(元WBC世界バンタム級、スーパーバンタム級ならびにフェザー級王者)

ゲスト解説編集

過去の解説者編集

実況・リポーター編集

※特記なき場合はTBSアナウンサー。

MC編集

※ゴールデンタイム放送のみ。世界戦の場合はリングサイドにスクロール式電光掲示板付きスタンディングデスクを設置しそこに立って進行する。海外で試合が行われる場合はTBSのスタジオで進行。

  • 小島瑠璃子S☆1ガール)
  • 藤森祥平(TBSアナウンサー):過去には実況を担当した。深夜のガッツファイティングではリポートに入る場合もある。

内藤大助が解説に入る場合、試合前にMC陣と並んで立つ。

過去のMC編集

テーマ曲編集

関連項目編集

外部リンク編集