メインメニューを開く

東洋英和女学院大学短期大学部

東洋英和女学院短期大学から転送)

東洋英和女学院大学短期大学部(とうようえいわじょがくいんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Toyo Eiwa College[1])は、神奈川県横浜市緑区三保町32に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、1999年に廃止された。大学の略称は東洋英和。学生募集は1996年度まで。翌年度より東洋英和女学院大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、1999年3月29日 正式廃止[2]

東洋英和女学院大学短期大学部
大学設置 1950年
創立 1884年
廃止 1999年
学校種別 私立
設置者 学校法人東洋英和女学院
本部所在地 神奈川県横浜市緑区三保町32
学部 保育科
英文科
国際教養科
研究科 保育専攻
英語専攻
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 東洋英和女学院大学短期大学部における建学の精神は「敬神奉仕」となっていた。これは1928年に制定されたもので、この標語は、イエス・キリストが唱えた「心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主たるあなたの神を愛せよ」や「自分を愛するように、あなたの隣の人を愛せよ」の聖書にある言葉に由来する[3]

教育および研究編集

  • 東洋英和女学院大学短期大学部には、開学当初から保育科がおかれていた。これは、1905年に現在の長野県上田市にある「上田保姆伝習所」が発端とされており、附属かえで幼稚園での教育実習も行われていた[3]
  • 英文科では、英語力の習得に重点を置きながら英米の言語文学文化人間社会なども学ぶことで異文化理解を深めるねらいがあった[3]
  • 最新である国際教養科では、西洋史、政治学言語学日本語日本文学などの開講科目があり、学科名から英文科に比べれば開講科目の領域は幅広いような印象があった[3]
  • 外国語科目にはギリシア語ラテン語などの科目があった[3]

学風および特色編集

  • 東洋英和女学院大学短期大学部は、1884年カナダメソジスト教会婦人ミッションによって創設された女学校が発端であり、そのことからキリスト教精神に則った教育が行われている。

沿革編集

  • 1884年 東京麻布に東洋英和女学院を創設する。
  • 1950年 東洋英和女学院短期大学開学。保育科を置く。
  • 1954年 英文科を増設(在学者数は59[4])。
  • 1986年 国際教養科を増設(在学者数は185[5])。キャンパス東京都港区六本木5-14-37から横浜市緑区に移転される。
  • 1994年 東洋英和女学院大学短期大学部と改称。
  • 1996年 学生募集最後となる(在学者数は保育科で165、英文科で311、国際教養科で376[6]。)
  • 1999年3月29日 正式廃止[2]

基礎データ編集

所在地編集

  • 神奈川県横浜市緑区三保町32

象徴編集

  • 東洋英和女学院大学短期大学部のカレッジマークはカエデの葉をイメージしており、 メソジスト教会婦人ミッションがカナダにあったことから、その国のシンボルともなっているものを用いたものとみられる。
  • 大学歌は「東洋英和女学院」で北原白秋が作詞・山田耕筰が作曲している。
  • シンボルマークはチャペルである。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 保育科
  • 英文科
  • 国際教養科

専攻科編集

  • 保育専攻:短期大学で幼稚園教諭免許状または保母(現在の保育士)資格どちらか一方を取得した人がもう一つの資格を目指すための課程として設けられた。修業年限は昼間部1年制。
  • 英語専攻:英文系の学科を卒業した短期大学の学生を対象とした専攻課程であり、本科にある英文科と開講科目が類似していた。

別科編集

  • なし

取得資格について編集

資格

  • 保育士:保育科にて設置されていた。大半の学生はこの資格を得て卒業していたものとなっている。

教職課程

  • 幼稚園教諭二種免許状:保育科にて設置されていた。大半の学生がこの免許を得て卒業していたものとなっている。
  • 中学校教諭二種免許状(英語):英文科にて設置されていた。ほか、英文科には当初、中学校教諭ほか高等学校教諭免許状(英語)の教職課程が併設されていた[7]

研究編集

  • 論文ほか多数あり[1]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 東洋英和女学院大学短期大学部の学園祭は「かえで祭」と呼ばれていた。これは、短大のカレッジマークであるカエデに因んでいるものとみられる[3]

スポーツ編集

  • チアリーディング部が1994年夏に行われた「第8回文部大臣杯争奪全日本部門別チアリーディング総合選手権大会」での短大部門で3位入賞している[3]

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • キャンパスは横浜市緑区内の閑静な場所にあり、大学と同じ敷地を使用していたが、大学に統合されるまでは短期大学部独自の校舎が大学のそれよりも多く、管理・研究室、教室、大講義室、実習室の各棟が立地していた。礼拝堂・同窓会館・図書館などは大学と共同使用されていた[3]
  • 1990年に図書館が増築され、所蔵資料数が120,000冊になった[3]

学生食堂編集

  • 東洋英和女学院大学短期大学部には、短大独自の学生食堂(学食)も設置されていた[3]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

附属学校編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b CiNii論文-「現代政治学の再構成-科学的政治学への道」-より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』272頁より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『東洋英和女学院大学短期大学部1996』より。
  4. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1376頁より。
  5. ^ 昭和62年度版『総覧』56頁より。
  6. ^ 1997年度版『総覧』73頁より。
  7. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)57頁「東洋英和女学院短期大学」より。

関連項目編集

関連サイト編集