松戸駐屯地(まつどちゅうとんち、JGSDF Camp Matudo)とは、千葉県松戸市にある陸上自衛隊需品学校等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。最寄の演習場は、習志野演習場および柏訓練場

松戸駐屯地
松戸駐屯地(第2高射特科群)
松戸駐屯地(第2高射特科群)
所在地 千葉県松戸市鎌ケ谷市
座標 北緯35度47分15秒
東経139度58分32秒
駐屯地司令 陸上自衛隊需品学校長 兼務
主要部隊 陸上自衛隊需品学校
関東補給処松戸支処
第2高射特科群
ほか
開設年 1940年
テンプレートを表示

所在地は、千葉県松戸市五香六実であるが、敷地は隣接する鎌ケ谷市くぬぎ山にまたがっている。また敷地の中央を新京成電鉄[1]が横断しており、自衛隊専用の踏切が設けられている。

駐屯地司令は、陸上自衛隊需品学校長が兼務。なお、本駐屯地には会計隊及び駐屯地業務隊が存在しない。

沿革編集

  • 1940年(昭和15年)3月:松戸飛行場として開設(逓信省航空局・松戸高等航空機乗員養成所)

警察予備隊

  • 1952年(昭和27年)7月20日:警察予備隊施設補給廠が設置[2]

保安隊

  • 1952年(昭和27年)
    • 10月15日:保安隊発足により、保安隊施設補給しょうに改編。
    • 12月3日:需品補給しょうが宇治駐屯地から移駐[2]

陸上自衛隊

駐屯部隊・機関編集

防衛大臣直轄機関・部隊編集

東部方面隊隷下部隊編集

最寄の幹線交通編集

脚注編集

  1. ^ 前身は鉄道連隊線。沿線には他に下総航空基地習志野駐屯地第一空挺団)がある。
  2. ^ a b c d 国立国会図書館、(1962)、『自衛隊年表』、防衛庁長官官房広報課 doi:10.11501/1708502

外部リンク編集

松戸飛行場(航空局中央乗員養成所)紹介・募集記事