松村 雄策 (まつむら ゆうさく、1951年4月12日[2] - )は、音楽評論家文筆家東京都大田区出身[2]

まつむら ゆうさく
松村 雄策
生誕 (1951-04-12) 1951年4月12日(70歳)
日本の旗 日本 東京都[1]
職業音楽評論家

経歴編集

  • 1970年、ドアーズジャックスらのレパートリーをコピーするアマチュアバンド「自滅回路」を結成。
  • 1972年夏、渋谷陽一岩谷宏橘川幸夫らと、ロック雑誌『ロッキング・オン』を創刊。
  • 1975年、インディーズという概念がなかった時代に、イターナウ(ETER NOW)名義で、自主制作カセットテープ『今がすべて』をリリース(プロデュース:岩谷宏/通販のみ)。
  • 1978年、1stアルバム『夢のひと』(プロデュース:渋谷陽一)をリリースするも、渋谷のプロデュースに納得できず、2ndアルバム以降は、松村自身がセルフプロデュースしている。
    • ビートルズに強い影響を受け、彼らについて言及した文章が多い。また、レコードやコンサートの批評などで、主旨とまったく関係がないような事柄を大きく取り上げ、おもむろに結論に移るという独特の手法を使う。
    • 『ロッキング・オン』創刊時から渋谷陽一と「渋松対談」(後に『渋松対談Z』)を行っており、単行本化された。渋松対談では、もっぱら渋谷のボケに対して冷めたツッコミを入れる役。
  • 1991年7月から1992年2月にかけて、作家小林信彦との間でビートルズ論争を行った。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • あなたに沈みたい/日本コロムビア(1978)
  • GREEN LIGHT/日本コロムビア(1979)
  • PRIVATE EYE/日本コロムビア(1979)

アルバム編集

  • 夢のひと/日本コロムビア(1978)
  • Private Eye/日本コロムビア(1979)
  • Unfinishied Remembers/徳間音工(1984)

連載編集

  • レコード棚いっぱいの名盤から(月刊誌「ロッキング・オン」)

著書編集

  • アビイ・ロードからの裏通り(1981年、ロッキング・オン)のち文庫化
  • 岩石生活(ロックンロール)入門(1983年、ロッキング・オン)のち文庫化
  • 苺畑の午前五時(1987年、筑摩書房)のち文庫化
  • リザード・キングの墓(1989年、ロッキング・オン)
  • プロレス狂宣言―涙と歓びのリングベル プロレス狂読本(1992年、ビー・エヌ・エヌ)
  • 悲しい生活(1994年、ロッキング・オン)
  • 40過ぎてからのロック(1995年、ロッキング・オン)渋谷陽一対談
  • ポール・マッカートニー ―メニー・イヤーズ・フロム・ナウ(1998年、ロッキング・オン)監修
  • それがどうした風が吹く(2000年、二見書房
  • 渋松対談Z(2002年、ロッキング・オン)渋谷陽一対談
  • 定本渋松対談・復刻版(2002年、ロッキング・オン)渋谷陽一対談 ※1986年に通信販売で刊行した同書を復刻
  • ビートルズは眠らない(2003年、ロッキング・オン)のち文庫化
  • R&BコンプリートCDガイド ―ブルース・ロック・ヒップホップ・J‐POP 松村雄策 編(2004年、朝日文庫
  • 渋松対談 赤盤(2011年、ロッキング・オン)渋谷陽一対談
  • 渋松対談 青盤(2011年、ロッキング・オン)渋谷陽一対談
  • ウィズ・ザ・ビートルズ(2012年、小学館 2015、文庫)
  • 僕を作った66枚のレコード(2017年、小学館)
  • イマジン 〜ジョン&ヨーコ〜(2018年10月9日、ヤマハミュージックメディア)日本版監修

脚注編集

  1. ^ 松村雄策│著者プロフィール│新潮社”. 新潮社. 2019年9月18日閲覧。
  2. ^ a b イマジン 〜ジョン&ヨーコ - ヤマハミュージックメディア”. ヤマハミュージックメディア. 2019年9月18日閲覧。