メインメニューを開く

概要編集

特技、企画、ネタ作り。出張族の家庭に生まれ、生まれは徳島県、その後福岡県久留米市東京都大田区下丸子福井県福井市と点々とし、主に愛媛県松山市で育つ。その後愛媛県立松山南高等学校を卒業後、東邦大学入学[1]2001年から2003年と3年連続パイロットを目指して航空大学校を受験するも2次試験の身体検査で毎年鼻炎で落選。

2003年に行われたラジオ番組『放送室武道館公演を観て番組制作の仕事を志す。2004年に株式会社MNWに入社して『エンタの神様ADとして配属。はなわオードリーなどの担当。2005年、はなわと楽屋で一緒に書いた企画書が通り、2年目でディレクターデビュー。2007年4月よりレギュラー化したことをきっかけにフリーの放送作家となった。2006年からはケイダッシュステージのネタ見せ担当作家も開始。

2008年、ネット番組でオードリーと再会して意気投合し、この頃から多く仕事をするようになる。同年、(GyaO)の配信番組『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ』の担当。放送事故ギリギリの企画が話題となりGYAOジョッキー内視聴数1位を毎週獲得することに。2009年、オードリーの1stDVD『オードリーDVD』の演出を担当。10万枚を超えるセールスとなった。その後、オードリーが出演するニンテンドーDSiのCM構成を担当。

現在、放送作家の他に、CMプランナーお笑い学校講師の顔を持つ[2]。お笑い地下格闘技ライブ「笑殺3」の企画運営もしている。     

人物・および略歴編集

  • 2003年4月1日、自身のブログ「栗坂ブログ」を開始する。

  (以下の項目はいずれもこのブログ内で記載されたもの)

『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ』関連略歴編集

  • 自身が構成を担当する「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」第6回にて、自分が書いた台本を自ら破り、視聴者に認知される。
  • この第6回あたりから、番組中にミニコントを挟むようになる。
  • 以前「鳥居みゆきをかわいいと思ったことはない」(下記ブログ炎上事件参照のこと)と発言したが、鳥居が「ロンドンハーツ」内でモデルとなった「女芸人・奇跡の一枚」の写真を、番組携帯サイトからダウンロードしてしまった事を、鳥居と藤井宏和につっこまれた。栗坂本人は「浮世絵に興味があるから・・・」と言い訳をしていた。
  • 第21回にはいなかった。そのためこの回ではミニコントがなかった。 

ブログ炎上事件編集

栗坂が運営するブログ「栗坂ブログ」は2008年7月29日に書かれた「告別式」というタイトルの記事で炎上が起きた。栗坂が観覧した鳥居みゆきの単独ライブの感想について書かれた記事内で、栗坂自身が返したコメント「僕は正直、鳥居さんを見て「かわいい」と思ったこと無いです」に対して、一部の熱狂的な鳥居ファンが激高したためである。後に栗坂が担当する「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」第10回および第13回において、番組出演者である鳥居、藤井宏和から、この事件についていじられた。なお、この記事内において、プチ炎上後に栗坂自身は特にコメントを返していない[3]

担当番組編集

テレビ編集

50音順

ラジオ編集

アニメ編集

DVD編集

舞台編集

出演編集

雑誌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 自身の栗坂祐輝Twitterのヘッダー紹介より
  2. ^ 芸人養成スクール・オフィスバード
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 栗坂祐輝・主な仕事歴
  4. ^ 【お笑いナタリー】巻頭特集は「クイズ☆タレント名鑑」、「コメ旬」本日発売
  5. ^ [お笑い専門ムック「全方位型お笑いマガジン コメ旬 COMEDY-JUNPO Vol.5」(キネマ旬報社)が、来月11月15日 【お笑いナタリー】「コメ旬」Vol.5にバナナマン、有吉欠席裁判、伊集院×山里]
  6. ^ 【ダ・ヴィンチ】オードリー特集 - 2010年12月号

関連項目編集

外部リンク編集