ドラえもん のび太のパラレル西遊記

ドラえもん のび太のパラレル西遊記』(ドラえもん のびたのパラレルさいゆうき)[注 1]は、1988年昭和63年)3月12日に公開されたドラえもん映画作品。原作漫画は存在せず、特集記事が『月刊コロコロコミック1987年12月号から1988年4月号まで掲載された。映画シリーズ第9作。

ドラえもん
のび太のパラレル西遊記
Doraemon:
The Record of Nobita's Parallel Visit to the West
監督 芝山努
脚本 もとひら了
原作 藤子不二雄Ⓕ
出演者 レギュラー
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
横沢啓子
ゲスト
水谷優子
池田勝
柴田秀勝
栗葉子
音楽 菊池俊輔
主題歌 君がいるから/堀江美都子こおろぎ'73
編集 井上和夫、渡瀬祐子
制作会社 シンエイ動画
製作会社 シンエイ動画
テレビ朝日
小学館
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年3月12日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 13.6億円
前作 ドラえもん のび太と竜の騎士
次作 ドラえもん のび太の日本誕生
テンプレートを表示

原作は藤子・F・不二雄(当時は藤子不二雄Ⓕ名義)で、藤子不二雄コンビ解消後の『ドラえもん』映画第1作目である。

同時上映は『エスパー魔美 星空のダンシングドール』『ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B!!』。

概要編集

本作は『西遊記』がモチーフであり、の時代の中国を舞台としている。ストーリーは妖怪に支配されるパラレルワールドと化した世界を修正するため、のび太たちが『西遊記』の登場人物に扮して、ドラえもんと共に妖怪たちと戦うというものだが、過失とはいえドラえもん自身が敵役を生み出してしまった点で、他の作品と一線を画している。この戦いの際、のび太孫悟空ジャイアン猪八戒スネ夫沙悟浄しずか三蔵法師の役に就いた。また、映画作品としてドラミが登場したのは『のび太の魔界大冒険[注 2]以来であり、本作でも同作と同様にドラえもんたちの危機を救う。

本作の製作時(1987年11月)、藤子・F・不二雄が体調不良で入院していたため、存命時のドラえもん映画作品の中では唯一、原作漫画の大長編ドラえもんが描かれていない。このため、次作『のび太の日本誕生』以降は、大長編と映画で番号が1つずつずれることになった。その代わりとして、映画のフィルムコミック上下巻が初めて発売され、表紙絵を藤子が描き下ろした。これを皮切りに以後の作品でもフィルムコミックが発売され、本作以前の作品も後に発売されるようになった。またドラえもん映画の中で、作者名義が藤子不二雄となっている唯一の作品である。脚本はもとひら了が担当したが、「西遊記の世界」というアイディアは藤子・F・不二雄本人から出されたものである[1]

東宝邦画系春のドラえもん映画シリーズで、藤子不二雄Ⓐが原作の作品と併映される最後の作品となった。

モノラル音源で製作されたドラえもん映画が本作で最後となる。また、昭和最後のドラえもん映画でもある。

あらすじ編集

ある時、夢の中でのび太は主役の孫悟空になりきっていたが、丸い球体に落書きをしたつもりで、釈迦になっていたドラえもんの手のひらに捕まってしまい、『勉強第一』というレッテルを貼られた巨石に閉じ込められる羽目になった。

夢から醒めたのび太は、小学校の新入生歓迎会に際し、のび太の提案によって「西遊記」の劇をやることになった。孫悟空役をやりたかったのび太であったが、孫悟空役は出木杉に取られてしまい、のび太は提案者であるにもかかわらず「村人その1」という端役で、セリフも「助けてくんろー!」のみだった。

孫悟空が実在すると信じるのび太は、「本物に似ている人が孫悟空になるべきだ」と主張し、タイムマシン7世紀シルクロードへ向かう。そこでのび太そっくりの孫悟空を目撃し、そのことを他の者に告げるも、そもそも架空のキャラクターであるはずの孫悟空の目撃談など誰も信じない。このため、もし孫悟空がいなかったら「ドラえもんの道具を使い放題」との約束でしずかたちを連れ、再び唐へやって来たのび太だったが既に孫悟空はいない。仕方なく、ドラえもんのひみつ道具・ヒーローマシンでのび太自ら孫悟空に成りすましたものの調子に乗ってボロを出し、結局ばれてしまう。

のび太は嘘つき扱いされ、「ドラえもんの道具を使い放題」という無茶な約束に従わざるを得なくなり、現代に帰還したジャイアンたちは、のび太も入れて、ヒーローマシンで西遊記を始める。コンピューターの判断でのび太は孫悟空、しずかは三蔵法師、ジャイアンは猪八戒、スネ夫は沙悟浄となるが、何にもしていないのにゲームクリアになってしまう。

その後もママが怪しげな料理を振舞ったり、パパの影に角が見えたり、奇妙なことが続く。翌日、のび太たちは学校で西遊記の劇の練習をするが、悟空ではなく牛魔王が勝利して、三蔵法師を食べる結末になっていた。さらに、出木杉の頭には角が生えており、先生に至っては怪物に変身。逃げ出したのび太たちは帰宅するが、母親たちも変貌していた。原因はドラえもんが唐の時代でヒーローマシンを使った際、起動状態で放置していたことから、西遊記の敵役である妖怪たちが現実世界へ飛び出し、三蔵法師を食べた後に進化していき、人類を滅ぼし人間に成り代ったためであったことが判明する。元の世界に戻すには、唐の時代へ戻って妖怪たちを1匹残らず倒すしかない。ドラえもんは、ヒーローマシンでのび太たちを悟空たちに変身させ、再び唐の時代へ向かう。

舞台編集

630年[注 3]中国
実在の三蔵法師玄奘三蔵)が天竺への旅をしていた時代。『西遊記』に登場するような孫悟空や妖怪たちはいないはずが、ドラえもんが置きっぱなしにしてしまったひみつ道具「ヒーローマシン」によって金角、銀角、牛魔王などの妖怪が現れ、大混乱に陥ってしまう。

声の出演編集

ゲストキャラクター編集

ヒーローマシン内のキャラクターは、#ヒーローマシン内のキャラクターを参照。

三蔵法師一行編集

三蔵法師
- 池田勝
実在する唐の時代の仏教の僧侶。経典を手に入れるため天竺への旅をしている。スパイ活動をしていたリンレイや自分の失態を謝罪するドラえもんを咎めず許したり、行き場を失ったリンレイを自ら引き取るなど、誠実で心が広い人物。
ドラえもん劇場版において初の実在した歴史上の人物であり、本作では史書の記述どおり体格の良い朴訥とした風貌で描かれている。終盤でドラミがタイムマシンで助けに来た時には観世音菩薩様と思い込んでいた。
キャラクターデザインは、藤子・F・不二雄作品『T・Pぼん』の「白竜のほえる山」に登場する三蔵法師に基づいている。
リンレイ
声 - 水谷優子
三蔵法師の旅にお供する少年。人間と変わらぬ容姿をしているが、その正体については#妖怪を参照。

その他編集

モトヒラくん
声 - 難波圭一
のび太たちのクラスメート。冒頭における劇の練習シーンで登場。クラスの演劇の脚本と演出を担当している。出木杉同様、中盤で妖怪として登場する。
モデルはこの作品の脚本を担当したもとひら了
少年
声 - スイッチョン
妖怪に支配された世界の学校で、孫悟空の劇を行った際に牛魔王の役でお面をかぶっていた少年。この時既に、頭から一本の角が生えていた。劇の練習の場面で、孫悟空役の出木杉が服従した後に、三蔵法師役の静香を食べる台詞を言う。
タイムマシン(音声)
声 - 三ツ矢雄二
今回の映画ではタイムマシンに音声制御装置が付けられており、ナビゲーションの役割をする。
声を認識し、その指示に従って自動操縦となりナビゲートしてくれるのはいいのだが、自動操縦の精度が低い[注 4]上に操縦がやや乱暴で融通がきかないという欠点を持ち、結果、ジャイアンたちに孫悟空(後の歴史改変の修正をしているのび太)に会わせる約束を果たせなくなってしまう。このようなこともあって、最終的にドラえもんは音声制御装置をオフにしてしまった。また、のび太がリンレイを介抱する際、タイムマシンの冷却水を飲ませている。

ヒーローマシン編集

当時のブームを反映し、ビデオゲームを意識したつくりとなっている。

ヒーローマシンのコンピューター
声 - 石井敏郎
ヒーローマシンの中でプレイヤーに音声で説明を行う。

ヒーローマシン内のキャラクター編集

声 - 原えりこ
本名「ピーチ姫」[2]。ドラえもんがプレイしたヒーローマシンの「バイキング」中の登場人物。ドラゴンに捕らえられていた。全ての敵を倒したドラえもんに『あなたは、真の勇者です』といいキスする。
ドラゴン
ピーチ姫を拐っていた張本人。炎を吐いてドラえもんの行く手を阻んだ。ドラキングの光線を浴びて敗れる。ドラえもんがプレイしていたゲーム『バイキング』のラスボス。
お釈迦様
声 - 不明
ヒーローマシンから妖怪が出た後に、ジャイアンがドラえもんの道具使い放題といって、ヒーローマシンの西遊記のゲームを行った際に妖怪が一人も現れず、のび太、ジャイアン、しずか、スネ夫がお釈迦様の所に一気にワープし、お釈迦様が三蔵一向に労いの言葉をかけてゲーム終了となるが不具合の為である。

妖怪編集

以下のほか、妖怪によって支配された歴史では、各キャラクターの家族や先生、出木杉やその生徒たちも妖怪になっていた。

リンレイ / 紅孩児(こうがいじ)
声 - 水谷優子
三蔵法師の旅にお供する少年。人間と変わらぬ容姿をしているが、その正体は牛魔王と羅刹女の子供である。
三蔵を捕らえるためのスパイとして送り込まれたが、三蔵は初めからそれを見抜いており、妖怪と話をしている所を見ても、知らない振りをしてその上でお供として連れていた。三蔵やのび太との交流から罪悪感が生じ始め、良心的な性格もあって最終的には両親のやり方に耐えきれず、捕らわれたドラえもんたちを助ける。それでも両親に対しては思慕の情を持っており、もう悪事は止めるように説得したが、聴き入れられなかった。
戦いの末、両親を失い三蔵の胸の中で号泣する。その後は三蔵に引き取られ正式に弟子となり、共に旅立った。
牛魔王
声 - 柴田秀勝
火焔山に棲む妖怪たちの王で、全ての妖怪の妖力の源でもある牛の妖怪。羅刹女の夫でリンレイ(紅孩児)の父。自身の身体の大きさを自由自在に変えることが可能で、最終決戦では身長35m、体重2万トンと化した。
捕らえたドラえもんたちを食べようとした際、最初に一番の目的であるはずの三蔵ではなく見た目が太った美味そうな青い狸ということでドラえもんを食べようとしたが、ドラミに阻止された。
最終決戦ではヒーローマシンを踏みつけて壊したことで、妖怪たちの封印方法を封じ、ドラえもん、のび太、ドラミを追い詰めた。しかし、のび太が最後の力を振り絞って巨大化させた如意棒で壁に叩きつけられた際の衝撃で死亡する(その際、目の色が赤から青に変わる)。これにより全ての妖怪たちは力を失い、自身の亡骸は噴火を起こした火焔山の溶岩に居城もろとも飲み込まれた。
ゲーム『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』では、溶岩に飲み込まれても生存していたという設定で、ギガゾンビを裏から操る黒幕として登場。
羅刹女
声 - 栗葉子
牛魔王の妻で妖怪。リンレイ(紅孩児)の母。空を自在に飛ぶ妖力を牛魔王から与えられており、強風を巻き起こす「芭蕉扇」を持っている。リンレイの裏切りで捕らえていたドラえもんたちを解放されてしまうが、最終決戦の最中にしずか、スネ夫、ジャイアン、三蔵、リンレイを再度捕らえることに成功する。しかし、牛魔王がのび太に倒されたことで自身も力を失い、火焔山の溶岩の中に落下して最期を迎えた。形見となった芭蕉扇はスネ夫とジャイアンが火焔山の炎を消すために使用した。
部下には厳しいが、夫には従順であり、牛魔王が戦死した際には「あんた」と叫んだ。
実子・リンレイに対しては裏切りに戸惑う様子を見せ、フィルムコミックでは死の間際、自身のことよりもリンレイを気にかけるなど、母親らしく愛情のある面が強調された。
金角
声 - 石森達幸
牛魔王の子分。名前を呼ばれた相手が返事をするとその相手を吸い込んでしまうというヒョウタンを持つ。幾度となく三蔵法師を狙うが、結局は返事をしてしまいヒーローマシンに戻される。着ている鎧にはカタカナの「キ」のようなマークがついている。
銀角
声 - 加藤精三
牛魔王の子分。金角の弟。金角がヒーローマシンに戻された後に兄の敵討ちのためにドラえもんたちを狙うが、降参するふりをしたドラえもんの罠に引っ掛かり返事をしてしまったことにより、ヒーローマシンに戻される。金閣同様、鎧にはカタカナの「ギ」のようなマークがついている。
なお、『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』では、色違いの雑魚敵として「土鬼」が登場する。
監視蝙蝠
金角や銀角、牛魔王の手下。ドラえもん達が人間である事を気付きドラえもんとのび太を追いかけて来たが、ドラえもんの道具 コウモリホイホイ銃で傘にされて敗れた。
天狗蝙蝠
声 - 田原アルノ島香裕
牛魔王配下の妖怪兵士。無数に登場し、空中から三蔵法師一行を襲撃する。名前は『ギガゾンビの逆襲』の表記に基づく。

孫悟空の道具編集

モチーフの『西遊記』でも使用される道具。スピンオフ作品なども含めると、どれも同様の効果を持つひみつ道具が存在するが、これが同じ道具であるかは不明。なお、これ以外に、『ドラえもん』では孫悟空に由来する道具として、クローンリキッドごくうも存在する。

孫悟空の道具 同様のひみつ道具
如意棒 如意スティック
筋斗雲 きんとフード

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「ドラえもんのうた
作詞 - 楠部工 / 補作詞 - ばばすすむ / 編曲·作曲 - 菊池俊輔 / うた - 大杉久美子 / セリフ - 大山のぶ代ドラえもん
劇場作品で大杉久美子歌唱のオリジナル版が使用されたのは本作が最後となり、次作の『のび太の日本誕生』以降は山野さと子版にリニューアルされた。
エンディングテーマ「君がいるから」
作詞 - 武田鉄矢 / 作曲 - 山木康世 / 編曲 - 都留教博 / うた - 堀江美都子こおろぎ'73
エンディングテーマ曲としてだけではなく挿入歌としても使用されており、本作の予告編でも流れる。この他、インストアレンジバージョンが作中でBGMとして使用されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 第1特報では『機械猫 乃比太的同次元西遊記』と表記されていた。
  2. ^ 第1期シリーズの大長編映画での登場は2作のみ。
  3. ^ 映画の音声では「636年」と聞こえるが、フィルムコミックでは「630年」となっている。
  4. ^ 「±24時間の誤差が出ると断りがある」「タイムトラベラ規定他、何かしらの理由で同じ場所にも到達できない」。

出典編集

  1. ^ Quick Japan』64号、太田出版、2006年
  2. ^ 「映画アニメドラえもん・エスパー魔美 《のび太のパラレル西遊記/ 星空のダンシングドール》」小学館<コロコロコミックデラックス (16)>、1988年。ISBN 4-09-101016-4

関連項目編集

外部リンク編集