チビラくん

1970年に日本テレビで放送された日本のテレビドラマ

チビラくん』は1970年3月30日から1971年9月25日まで、日本テレビ系列で、一週間分(6回)を1話とする帯番組形式で全78話(全468回)が放送された。円谷プロダクション製作の特撮コメディドラマ、およびその主人公の名称。

チビラくん
脚本 #放送日程参照
監督 #放送日程参照
監修 円谷英二
声の出演 雷門ケン坊
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
各話の長さ 15分
製作
プロデューサー
  • 森田義一 (NTV)
  • 円谷粲
制作 円谷プロダクション
放送
放送チャンネル日本テレビ
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1970年3月30日-1971年9月25日
放送時間月曜-土曜 8:05 - 8:20
放送分15分
回数78
(468回[1]
テンプレートを表示

放送時間は、本放送が月曜から土曜の8:05 - 8:20で、同日の17:30 - 17:45に再放送が行われた[2][1]

概要編集

カイジュウ星という惑星にある快獣町に住むハッタル家のチビラくんとその家族、発明家の父・パパゴン、料理好きで教育ママの母・ママゴン、ペットのポチポチと、ゴルバ家のゴルバとガキンコ父子が起こすドタバタを描いた作品[3][4]

全体的には、ハッタル家とゴルバ家の生活観や価値観の違いによる対立の話や、パパゴンが発明したトラベルマシンからの訪問者が快獣町で一騒動を起こすといった話がコメディ色豊かに描かれている。

円谷粲の初のプロデュース作品である。当時の円谷プロは作品数が減少していたため、粲は番組営業のため日本テレビを日参し、『快獣ブースカ』のプロデューサーであった永井陽三の紹介で、日本テレビ社会教養部に在籍していた森田義一に本作品の企画を提出した[5]。粲の父である円谷英二も企画に助言していたが、放送開始前に死去した[4]

製作背景として子供たちの間で両親を「ママゴン」や「パパゴン」と呼ぶ風潮を挙げている[6][4]。また未就学児童から小学校低学年の視聴を強く意識しており、親子で楽しめる良質な絵本のような作品とすることが心掛けられた[7][1]。キャラクターデザインも、当初は怪獣然としたものであったが、円谷英二の助言によりコミカルなものとなった[4]

物語の手詰まりを防ぐため、第34話からは元は快獣町の住人であったが100年間の旅を終えて快獣ランドに帰って来たプカロがレギュラーに加わる[8][9]。また第51話以降は完成したトラベル・マシンに乗った旅先でチビラたちが事件に巻き込まれるといった話が中心となり[9]、通常は砧公園など円谷プロの近辺が多かったが、大分や宮崎、北海道などの遠隔地でのロケも行われた[1]

東宝本多猪四郎監督らの助監督を務めた谷清次が、円谷プロに招かれ本編監督を務めている。円谷プロは同時期にTBSで『ウルトラファイト』を制作放映していたが、視聴率は『ウルトラファイト』の圧勝だった[注釈 1]。谷は『ウルトラファイト』の演出も務めていたが、これに日本テレビが「同じプロダクションの番組で、向こうのほうが視聴率がよくて、しかも同じ人間がどちらも監督しているとはどういうことか」と激怒。日本テレビの抗議を受け、やむなく谷は本作品の監督を降板したという[10]

企画時のタイトルは、『快獣町0(ゼロ)番地』[11][注釈 2]であった。

専門チャンネルでは2002年4月から2003年10月にかけてファミリー劇場にて第26話まで[13]2007年3月から2008年9月までチャンネルNECOの「円谷特撮アワー」枠にて全話の再放送が行われた。

円谷テレビ特撮作品であるが、これまで一切DVDなどのソフト化はされていない作品である[注釈 3]

登場キャラクター編集

  • 開米プロがスーツを制作し、頭部はポリ成形となっている[1]
チビラくん
声:雷門ケン坊 / 演:加瀬武、石田克己、川原田健司[1]
ハッタル家の長男でこの物語の主人公であるカイジュウ(快獣)の少年[1]。好奇心が強く、勉強よりも遊ぶことが大好き。優しい性格で、周囲からは好かれている[1]。好き嫌いがはっきりしている。何にでも興味を示し、それが災いして事件にまきこまれることが多い。
  • チビラの声を担当した雷門は当時14歳であり、声質は変声期でセリフは棒読み。
パパゴン
声:村越伊知郎 / 演:高橋香[1]
チビラくんの父親。快獣町の発明家で、研究熱心で、約1年間かけてトラベルマシンの完成に精力を注いだ[1]。たまに会話に敬語が交じる。ハッタル家にある便利な家庭用品のほとんどがパパゴンの発明品らしい。円満な性格で、チビラには甘い[1]
ママゴン
声:藤波京子 / 演:入江幸江[1]
チビラの母親でスパルタであることから教育ママゴンと呼ばれる[1]。お世辞にも美人とは言えない。また、罵倒語を多用したり、ゴルバやプカロ(後述)をおとしめるために、プカロの弟子怪傑三角ずきんの偽物に扮して何気に悪事を働くなど、思い込みが強く、デリカシーに欠けている。チビラをパパゴンのような立派な快獣に育てるべく奮起している。見た目や生い立ちだけで人物を判断することが多い。ゴルバやプカロに対しては異常なほどに敵対心を燃やすことがある。それらが災いして誤解を招くことが多い。
ゴルバ
声:熊倉一雄 / 演:平野稔[1]
高貴な貴族であるゴルバ=フォン・メジラバッハ・スタリンコチャン・アクラズルメ家の末裔。妻・オクに先立たれている。変身能力があり、前述の長い名前の掛け声とともに変身する。なお、長い名前は単にスタリンコチャン・アクラズルメと略されることがあり、ゴルバの祖父ババヤンや、一時的に一家の仲間入りになったポチポチがそう名乗っている(例:スタリンコチャン・アクラズルメ・ババヤン)。強い自尊心を持つトラブルメーカーゴルバ=フォン・メジラバッハ・スタリンコチャン・アクラズルメ家。近代的な生活よりも自然な生活を好む傾向があり、自家製農園で野菜を育てている。ガキンコに対しても立派な跡継になってもらおうと思っている。もともと家来であったハッタル家が今では自分よりも裕福であることを憎んでおり、時折大人気ないイタズラを仕掛ける。ママゴンに気がある。
ガキンコ
声:水森亜土(~第8話)、高橋和枝(第9話~) / 演:水野英久、水野孝久[1]
ゴルバの長男でチビラやポチポチの遊び友達。子どもの割に思考が大人びている[1]。ゴルバのことを「お父上」と呼ぶ。ゴルバのすることに内心しょっちゅう呆れているため[1]、彼のことを尊敬はしていないが、彼の立場が危うくなったり、病気になった時には心から心配するなど、父親想い。ハッタル家の生活にひそかに憧れを持っている。
ポチポチ
声:滝口順平 / 演:山村哲夫、馬場信浩[1]
ハッタル家のペットのような立場で、チビラの相棒[1]。腹の袋にはいろいろな小道具を隠し持っている[1]。「ヘコタン、ヘコタン」と鳴き、「チホチホチホ」と笑う。唯一ポジティブなキャラであり、口が軽く、またこうだと信じたことに対してまっすぐなところがあり、それらが災いして事件をさらにややこしくしてしまうことがある。たびたび家出を繰り返してはゴルバ家にやっかいになることがある。酒呑みでもある。
学習鳥
声:兼本新吾
チビラの部屋の壁に設置されている鳥の頭を模した教育用ロボット。オープニングでは「学習器」と記載されている。ホワイトボードに問題を出し、間違えるとパンチが飛んでくる。勉強を嫌うチビラにイタズラをされることが多い。
ドロン
声:高橋和枝
地獄の住人らしい。ポチポチを好んでおり、その姿も彼にしか見せない。そのため彼の妄想扱いをされている。初期はいきなりポチポチの前に現れてそのまま何もしないことが多かったが、後期は魔法を使ってハッタル家やゴルバ家を困らせることがしばしばあった。また、45話で声のみ存在をわかってもらえたが、次回の46話で再びポチポチの妄想扱いされるなど、設定に食い違いかつ、理不尽さが見られる。
プカロ
声:和田啓(第34話~)
「何じゃぁ」が口癖のため「ナンジャーさん」とも呼ばれる[1]。極めて倫理的で、この物語一の良識人。もともと快獣町で廃品回収業をやっていたが、宇宙に旅に出ていろいろなことを学び、100年ぶりに快獣町に戻ってきた[1]。チビラやガキンコには本当のおじいさんのように慕われている。ガキンコ曰く、「僕ら子どもの味方」。当初は大人の快獣たちにはあまり好かれていなかった。頭にコンピューターのようなものがあってIQも高く、パパゴンのトラベルマシンの完成に助言したこともある。
オク
声:高橋和枝(第60話)、二階堂有希子(第64話)
ガキンコの母親であり、ゴルバの亡き妻。普段はゴルバ邸にある鏡の中に潜んでいる。声は全く出さないものの、状況によって喜怒哀楽を生前同様に表している。第60話のチビラが考えた物語の中ではセリフがある。
ユミ
演:山岸里佳(声 桂玲子(第1話 - 第5話)) 
序章に登場。パパゴンのトラベルマシンの実験によって快獣町に転送された。地球人の女の子でまだ幼児。幼くもおませな性格。ポチポチのことを自分の飼っている犬「ペロ」と思ってなつく。1ヶ月後、地球に帰ることができた。
当初本作品は人間の女の子にチビラたちが振り回されるという『快獣ブースカ』とは逆のパターンのストーリーの骨格だった[15][6]。しかし、カイジュウだらけの街でたった一人の人間という着想をストーリーのなかに活かすことができずにユミちゃんは5話でもとの世界に帰ってしまうことになった[15]
その後は、第7話ではチビラの回想に登場したり、第6話、第29話では会話の中に登場する。

ゲスト編集

一部の回のクレジットにキャスト誤植がある。

  • お星さま:声 平井道子(第7話)
  • ピッピー:声 坂井すみ江(第10話)
  • トンガリ:声 千葉順二(第11話)
  • ヘチャムクレ:声 矢田稔(第11話)
  • ケンカ星ボス;声 緑準子(第11話)
  • ワルサー星人[注釈 4]:声 兼本新吾
  • 動物たち:声 森功至、渡辺和子、栗葉子白川澄子、園田昌子、杉彌生(第14話)
  • ゲバゴロー:声 山本廉[注釈 5](第15話)
  • カミナリ:水野孝久、声 白川澄子(第17話、第41話)
  • ルナ姫:江原かずみ 声 桂玲子(第18話)
  • ドナール:中山豊(第19話)
  • ドナールのボス;声 白石冬美(第19話)
  • サクラ姫;声 藤波京子(第20話)
  • デバラ(海賊のボス):声 今西正男(第20話)
  • ヤダン(海賊の子分):声 和久井節緒(第20話)
  • 動物たち:声 森和子(第20話)
  • ミミー;広城さよ(第21話)
  • ペラペラ;中山豊(第23話)
  • ハレハレ;声 白石冬美(第24話)
  • 雪娘:山下祥子、声 渡辺知子(第29話)
  • 雪娘の母:声 島木綿子(第29話)
  • ゴルバ家の御先祖様:声 兼本新吾(第30話)
  • ハッタリー:声 村越伊知郎(第30話)
  • ホネホネ:計良光範、声 矢田稔(第31話)
  • ペコリ:末吉敏男、声 和田啓(第31話)
  • ネコロンダー王国兵士:声 富山敬森功至(第31話)
  • 魔女:大出泉 声 渡辺知子(第32話)
  • テレビの男女:声 兼本新吾、高橋和枝(第33話)
  • ゲゲボボ[注釈 6]:声 富山敬(第38話)
  • イカルス[注釈 7](第40話)
  • ウー(第40話)
  • バルタン(第40話)
  • 雷の子:声 白川澄子(第41話)
  • お天気相談所:声 布施町子(第41話、第57話)
  • 電話:声 兼本新吾(第44話)
  • ババヤン:声 辻村真人(第49話)、梶哲也(第67話)
  • 郵便屋[注釈 8]:声 兼本新吾(第49話)
  • 体操の先生[注釈 9]:声 桂玲子(第49話)
  • 刑事:平野稔(第50話)
  • 警官:高橋香(第50話)
  • 店員:山村哲夫(第50話)
  • 飼育係:入江幸江(第50話)
  • 子どもたち:和気ますみ、山崎由美、水野英久、安藤宗二(第50話)
  • 忍術和尚:八合昇(第50話)
  • 坊主:高橋香(第50話)
  • メチャラ[注釈 10]:声 槐柳二[注釈 11](第53話)
  • シヘラ:声 白石冬美(第54話)
  • 盗賊ゴルバ:兼本新吾(第54話)
  • 盗賊:田中賤男、雨森雅司[注釈 12](第54話)
  • おばけ星の怪物 - ペギラアギラなど。(第56話)
  • 石化け:声 滝口順平[注釈 13](第56話)
  • シャレコウベの妖怪:声 兼本新吾(第56話)
  • ユキンボ:声 栗葉子(第57話)
  • 天使パコ:声 桂玲子(第59話)
  • 天使ピコ:声 山田薫(第59話)
  • 天使ポコ:声 青木真澄(第59話)
  • 女(子狸の変身):渡辺彗子(第60話)
  • 子狸:声 渡辺知子(第60話)
  • スチュアーデス:島田潤子(第62話)
  • アンドロ:山崎乃里子(第63話)
  • 美女:二階堂有希子[注釈 14](第65話)
  • ガイ骨:声 兼本新吾(第65話)
  • 男:森功至(第65話)
  • 春野花子:大井小町、声 松金よね子(第66話)
  • レインボーちゃん:ヴァンス愛子、声 桂玲子(第68話)
  • 怪獣神ガーオ:声 納谷悟郎(第71話)
  • 狸殿下:声 丸山裕子(第73話)
  • 狸姫:声 菊池紘子(第73話)
  • 大怪獣[注釈 15]:声 栗葉子(第74話)
  • アギラ:声 兼本新吾(第75話~第76話)
  • エレキング:(第75話~第76話)
  • シルエットの声(第78話):兼本新吾、和田啓

スタッフ編集

主題歌編集

挿入歌編集

  • 『ゴルバのうた』
    • 歌:熊倉一雄 / 作詞:山上路夫 / 作曲:渋谷毅
  • 『ガキンコガキ大将』
    • 歌:高橋和枝 / 作詞:藤川桂介 / 作曲:広瀬健次郎
  • 『ポチポチの歌』
    • 歌:滝口順平 / 作詞:藤川桂介 / 作曲:広瀬健次郎

放送日程編集

  • 読み上げはチビラ役の雷門ケン坊が担当。
  • サブタイトル部は6パターンあり、「その1」はチビラ、「その2」はポチポチ、「その3」はパパゴン、「その4」はママゴン、「その5」はゴルバ、「その6」はガキンコがそれぞれ描かれている。
  • エンドカードは一貫してトラベルマシンが描かれているが、「その1」から「その5」までは下に「つづく」、「その6」は下に「おわり」、さらにその下に「ではまた来週」と書かれている。そして「その6」のみケン坊のナレーションで「では、また来週をお楽しみに」と締める。
話数 制作
No
放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 3 1970年
3月30日 - 4月4日
快獣町だよお客さん! 藤川桂介 木俣和夫
2 5 4月6日 - 4月11日 ウッシッシ帰さないぞ 鈴木俊継
3 2 4月13日 - 4月18日 ユミちゃんの写真がほしいよン! 浪江志摩
4 1 4月20日 - 4月25日 ハートがモヨモヨン! 藤川桂介 木俣和夫
5 7 4月27日 - 5月2日 快獣町からサヨウナラ 安藤達己
6 8 5月4日 - 5月9日 家出しちゃおっと! 田村丸
7 6 5月11日 - 5月16日 チビラの星 市川由実 鈴木俊継
8 4 5月18日 - 5月23日 ゴルバ様只今参上! 浪江志摩 木俣和夫
9 10 5月25日 - 5月30日 御先祖様をぶっとばせ! 藤川桂介 吉冨友也
10 9 6月1日 - 6月6日 こんにちは“ピッピー” 加恵雅子
11 11 6月8日 - 6月13日 決戦ゴルバヶ原 浪江志摩 谷清次
12 14 6月15日 - 6月20日 夢は恐いよ 田村丸 安藤達己
13 12 6月22日 - 6月27日 宇宙から来た暴れん坊 藤川桂介 谷清次
14 19 6月29日 - 7月4日 海から現れた宝物 安藤達己
15 15 7月6日 - 7月11日 おいら、ロボットゲバゴロー! 近藤正 鈴木俊継
16 16 7月13日 - 7月18日 うそつきゴルバ! 小柳孟仙
17 17 7月20日 - 7月25日 チビラガキンコ大決戦! 藤川桂介 満田かずほ[注釈 17]
18 13 7月27日 - 8月1日 月から来たお姫さま! 田村丸 谷清次
19 20 8月3日 - 8月8日 宇宙タレントやあーい! 藤川桂介
20 18 8月10日 - 8月15日 オトヒメさま好き! 近藤正
安藤豊弘
満田かずほ[注釈 17]
21 22 8月17日 - 8月22日 ミミーのしんじゅ! 加恵雅子 吉冨友也
22 21 8月24日 - 8月29日 真赤な蝶々が飛んでたよ! 吉冨友也
23 23 8月31日 - 9月5日 快獣天国売出し中 藤川桂介 鈴木俊継
24 24 9月7日 - 9月12日 やったぜ!! ハレハレ 安藤豊弘
25 25 9月14日 - 9月19日 ドロンドロン騒動記 上原正三 安藤達己
26 26 9月21日 - 9月26日 太陽が爆発したぞ! 藤川桂介
27 27 9月28日 - 10月3日 貧乏バンザイ! 満田かずほ[注釈 17]
28 28 10月5日 - 10月10日 ゴルバのドケチ! 浪江志摩
29 29 10月12日 - 10月17日 雪を降らせる少女 藤川桂介 鈴木俊継
30 30 10月19日 - 10月24日 ゴルバの復讐大作戦! 近藤正
31 31 10月26日 - 10月31日 勲章が欲しいんだ! 藤川桂介 谷清次
32 32 11月2日 - 11月7日 快獣ランドの魔法使い! 安藤豊弘
33 33 11月9日 - 11月14日 ハッタルやったる騒動記! 上原正三 安藤達己
34 34 11月16日 - 11月21日 帰ってきたナンジャー! 藤川桂介
35 35 11月23日 - 11月28日 快傑三角ずきん 満田カズホ
36 36 11月30日 - 12月5日 おひげがデレレン 浪江志摩
37 37 12月7日 - 12月12日 オバケ風船は飛ばないよ 若槻文三 鈴木俊継
38 38 12月14日 - 12月19日 勉強ロボットをやっつけろ! 安藤豊弘
39 39 12月21日 - 12月26日 オイラ正義の宇宙人 田村丸 谷清次
40 43 12月28日 -
1971年1月2日
みんなみんな夢の中 藤川桂介 満田カズホ
41 45 1月4日 - 1月9日 ゴロゴロ様お疲れ様! 鈴木俊継
42 41 1月11日 - 1月16日 ほらふき騎士の冒険! 安藤達己
43 40 1月18日 - 1月23日 喧嘩、けんか、ケンカ!! 谷清次
44 42 1月25日 - 1月30日 空気が無くなる日 田村丸 安藤達己
45 44 2月1日 - 2月6日 退屈なんだわサ! 藤川桂介 満田カズホ
46 46 2月8日 - 2月13日 皆んな死んじゃった! 鈴木俊継
47 47 2月15日 - 2月20日 不思議な薬ヒックパッパ! 浪江志摩 東條昭平
48 49 2月22日 - 2月27日 めっちゃら、くちゃら騒動記! 上原正三 安藤達己
49 51 3月1日 - 3月6日 いじわるババヤン 安藤豊弘 満田カズホ
50 50 3月8日 - 3月13日 ヤッホー地球だぞ! 藤川桂介 安藤達己
51 52 3月15日 - 3月20日 トラベル・マシンが完成したぞ! 満田カズホ
52 59 3月22日 - 3月29日 雪山・大混戦! 鈴木俊継
53 53 3月29日 - 4月3日 ハッタル一家行方不明!
54 54 4月5日 - 4月10日 チビラと三人の盗賊 若槻文三
55 55 4月12日 - 4月17日 原人ピピとペペの物語! 安藤達己
56 57 4月19日 - 4月24日 おばけ星旅行記! 大木淳
57 60 4月26日 - 5月1日 雪とガキンコ 鈴木俊継
58 61 5月3日 - 5月8日 祭だ、太鼓だ、お神輿だ! 田村丸 安藤達己
59 56 5月10日 - 5月15日 君にも天使が見えたかい! 藤川桂介
60 62 5月17日 - 5月22日 変てこりんなお話
61 63 5月24日 - 5月29日 洞窟の秘密! 近藤正 谷清次
62 48 5月31日 - 6月5日 狼がやって来た! 藤川桂介 東條昭平
63 64 6月7日 - 6月12日 ポチポチの変身術! 谷清次
64 58 6月14日 - 6月19日 素敵なアンドロさん! 大木淳
65 66 6月21日 - 6月26日 ガキンコの母さんヤーイ! 若槻文三 満田カズホ
66 67 6月28日 - 7月3日 快獣町は大騒動!! 近藤正 鈴木俊継
67 65 7月5日 - 7月10日 いじわる大作戦! 安藤豊弘 満田カズホ
68 69 7月12日 - 7月17日 レインボーちゃん 上地ちづ子 安藤達己
69 71 7月19日 - 7月24日 ナンカ変だなッ! 丘旭 満田カズホ
70 70 7月26日 - 7月31日 燃えてしまったお爺さん 藤川桂介 安藤達己
71 72 8月2日 - 8月7日 ガーオのたくらみ 満田カズホ
72 74 8月9日 - 8月14日 空飛びフライヤー 鈴木俊継
73 68 8月16日 - 8月21日 狸殿下の結婚式!
74 73 8月23日 - 8月28日 ポチポチ保安官と大怪獣 若槻文三
75 75 8月30日 - 9月4日 行こう! 南の島へ 満田カズホ
76 76 9月6日 - 9月11日 南の島の珍道中 藤川桂介
77 77 9月13日 - 9月18日 たすけて! 若槻文三 安藤達己
78 78 9月20日 - 9月25日 サヨナラチビラくん 藤川桂介

放送局 編集

  • 日本テレビ(制作局):月曜 - 土曜 8:05 - 8:20(本放送)、月曜 - 土曜 17:30 - 17:45(再放送)
  • 山形放送:月曜 - 金曜 11:00 - 11:15(本放送)、月曜 - 金曜 16:45 - 17:00(再放送)[20]
  • テレビ岩手:月曜 - 土曜 8:05 - 8:20 [21]
  • 福島テレビ:月曜 - 金曜 17:00 - 17:15 [22]

漫画編集

その他 編集

  • 最終話のオープニングのみ現存しておらず、チャンネルNECOでの再放送時はノンテロップのものが代わりに放送された。
  • 漫画『ウルトラマン超闘士激伝』 では本作品に登場した怪獣がモブキャラの観客として描かれている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 放送時間が子供が幼稚園や小学校に通っている時だったため。
  2. ^ 書籍によっては『怪獣街0番地』と記載している[12][1]
  3. ^ ビデオソフト「決定版!!THE ウルトラ伝説~感動!ラストエピソード・コレクション」(RVE-671)に最終話のダイジェストが収録されている。
  4. ^ ウルトラセブン』に登場した宇宙人・ペロリンガ星人の着ぐるみの塗装を変えたものである[16]
  5. ^ 放送当時販売されたソノシートでは、富田耕生が声を演じた。
  6. ^ 本編では「ゲゲババ」と呼ばれている。
  7. ^ ウーバルタンと共にパパゴンの夢の中に登場。
  8. ^ イカルス星人の着ぐるみに郵便配達員の帽子をかぶせたもの。
  9. ^ カネゴンの着ぐるみに赤い腰紐をまとわせたものである[17]
  10. ^ 緯度0大作戦』のコウモリ人間の流用[17]
  11. ^ クレジットでは「雨森雅司」と誤記。
  12. ^ クレジットでは「槐柳二」と誤記。
  13. ^ ノンクレジット[18]
  14. ^ 夢の中のオクの声も担当。
  15. ^ アギラの着ぐるみも塗装を変えたものである。
  16. ^ 天地は当初、チビラの声を演じる予定だったという[19]
  17. ^ a b c 「かずほ」は漢字表記。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w UPM vol.09 2020, pp. 30–31, 「ウルトラ特別企画vol.09 円谷プロ作品新紀行 『チビラくん』」
  2. ^ メーキング・オブ・円谷ヒーロー (1) 1987, p. 223.
  3. ^ メーキング・オブ・円谷ヒーロー (1) 1987, pp. 221–222.
  4. ^ a b c d 円谷英二特撮世界 2001, p. 148, 「チビラくん」
  5. ^ メーキング・オブ・円谷ヒーロー (1) 1987, pp. 227–228.
  6. ^ a b 円谷プロ特撮大鑑 1988, p. 235, 「企画書」
  7. ^ 円谷プロ特撮大鑑 1988, p. 239, 「再延長メモ」.
  8. ^ メーキング・オブ・円谷ヒーロー (1) 1987, p. 222.
  9. ^ a b 円谷プロ特撮大鑑 1988, p. 238, 「番組強化に伴う内容の強化の諸点」(延長メモ)
  10. ^ 『怪獣総進撃DVD』(東宝)谷のコメンタリーより
  11. ^ 辰巳出版ウルトラマンAGEvol.5 P93
  12. ^ 円谷プロ特撮大鑑 1988, p. 234.
  13. ^ 「CS Information」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 104頁、 雑誌コード:01843-05。
  14. ^ 円谷プロ画報 2013, p. 56.
  15. ^ a b メーキング・オブ・円谷ヒーロー (1) 1987, p. 220.
  16. ^ 円谷プロ画報 2013, p. 60.
  17. ^ a b 円谷プロ画報 2013, p. 64.
  18. ^ 円谷プロ画報, pp. 208–210.
  19. ^ 辰巳出版ウルトラマンAGE vol.5 P93
  20. ^ 『河北新報』1971年8月2日 - 8月6日付朝刊、テレビ欄。
  21. ^ 『河北新報』1971年8月2日 - 8月7日付朝刊、テレビ欄。
  22. ^ 『福島民報』1970年10月26日 - 10月30日付朝刊、テレビ欄。

参考文献編集

  • X文庫 メーキング・オブ・円谷ヒーロー (1)』講談社、1987年8月12日。ISBN 4-06-190102-8 
  • 『円谷プロ特撮大鑑』監修:円谷プロダクション、朝日ソノラマ、1988年。ISBN 4-257-03252-9 
  • 『円谷英二特撮世界』勁文社、2001年8月10日。ISBN 4-7669-3848-8 
  • 『円谷プロ画報』 第1巻、竹書房、2013年。ISBN 978-4-8124-9491-2 
  • 『ウルトラ特撮 PERFECT MOOK vol.09 ウルトラマンレオ』講談社〈講談社シリーズMOOK(ウルトラ特撮 PERFECT MOOK)〉、2020年11月10日。ISBN 978-4-06-520931-8 
日本テレビ 月 - 土 08:05 - 08:20
前番組 番組名 次番組
チビラくん