怪物くん (モノクロアニメ)

日本のモノクロ版アニメーション作品
怪物くん > 怪物くん (モノクロアニメ)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(藤子不二雄(A)の丸A)が含まれています詳細

怪物くん』は、藤子不二雄の漫画『怪物くん』を原作とし、1968年4月21日から1969年3月23日までTBS系列ほかにて不二家一社提供不二家の時間」枠で放送されたテレビアニメ化作品の第1作にあたるモノクロ版の『怪物くん』(かいぶつくん)及びその劇場版。15分2話構成で全48回(全96話)。第2作のカラー版アニメ及びその劇場版については、『怪物くん (カラーアニメ)』を参照。

怪物くん(第1作・モノクロ版)
アニメ
原作 藤子不二雄[注 1]
監督 大隅正秋
脚本 浪江志摩、北満夫
音楽 岡本道夫
アニメーション制作 Aプロダクションスタジオ・ゼロ
製作 東京ムービー、スタジオ・ゼロ
放送局 TBSほか
放送期間 1968年4月21日 - 1969年3月23日
話数 全48回・全96話
怪物くん
ドラキュラ
オオカミ男
フランケン
市川ヒロシ
白石冬美
大竹宏
兼本新吾
今西正男
松島みのり
テンプレート - ノート

製作編集

前番組『パーマン (第1作)』に引き続き、東京ムービーとスタジオ・ゼロが交互に制作。

本編中の登場怪物の解説及びエンディングのナレーションは、当時NET系の『日曜洋画劇場』の解説で人気を博していた映画評論家の淀川長治が担当。時には実写スチルで登場した。

シナリオを担当した山崎敬之の著書によると、山崎が書いた最終回のシナリオに対して、原作者の藤子不二雄はOKをなかなか出さず、結局は最後のタイミングというべき日の早朝に、TBSのロビーを訪れてまで打ち合わせを行い、ようやくOKが出たというエピソードが残っている。山崎は「あとから思えば、これほど手ごわい原作者もいなかった」と語っている[1]

TBS系アニメでありながらフジテレビジョンから『フジテレビのとびだすえほん[注 2]』として本作品の絵本が放送当時に発売されていた。

放送終了後編集

1989年、藤子不二雄がレギュラー出演していた番組『ギミア・ぶれいく』の中で5話Bパート『フランケンの映画カントクの巻』が20年以上の時を経て放送された[注 3]

長らく映像ソフト化に恵まれず、1999年にビーム・エンタテインメントから発売されたLDVHS「東京ムービー アニメ主題歌大全集」第1巻に収録されたオープニングとエンディング以外に視聴手段が無かった[注 4]が、2010年10月12月に本編全話収録のDVD-BOX上下巻がキングレコードから発売された。下巻にはブローアップ劇場版の2作も収録されている。

スタッフ編集

声の出演編集

主題歌編集

  • オープニング・エンディング『おれは怪物くんだ

   作詞 - 藤子不二雄 / 作曲・編曲 - 筒美京平 / 歌 - 白石冬美、今西正男、大竹宏、兼本新吾

 エンディングはオープニングとは別テイクで、テンポがやや速くなっているほか、最後に淀川長治のナレーションと「それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の挨拶が入る。

 2013年3月16日より、藤子がかつて生活していた「トキワ荘」最寄である西武池袋線椎名町駅発車メロディに『おれは怪物くんだ』が採用されている[注 6]

  • 夏季版エンディング『怪物くん音頭

   作詞 - 藤子不二雄 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 編曲 - 小谷充 / 歌 - 白石冬美、石川進

 最初と最後に淀川長治のナレーションと挨拶が入る。エンディング終了後のペコちゃんと怪物くんの共演アニメは映像・歌・台詞は一切変更が無かったが、BGMがアレンジされた。後にカラー版アニメが放送された際には「新・怪物くん音頭」が発表されている。

  • 挿入歌『そろた怪物三人組

   作詞:藤子不二雄 / 作曲・編曲 - 筒美京平 / 歌 - 今西正男、大竹宏、兼本新吾

  • 挿入歌『怪物くんの子守歌

   作詞 - 藤子不二雄 / 作曲・編曲 - 筒美京平 / 歌 - 白石冬美、今西正男、大竹宏、兼本新吾

  • イメージソング『怪物くんのクリスマス

   作詞 - 藤子不二雄 / 作曲・編曲 - 筒美京平 / 歌 - 白石冬美、松島みのり、今西正男、大竹宏、兼本新吾

「不二家の時間」枠で放送された他の藤子不二雄アニメ作品と同様、スポンサーの不二家のキャラクター・ペコちゃん(声・斉藤尚子)がオープニングとエンディングの最後に登場し、怪物くんと共演している。

オープニング映像は3バージョン存在。オープニング1は漫画のコマ割り形式、オープニング2はオープニングのマイナーチェンジ版、オープニング3は夏季のみ使用されたもので、怪物くんと怪物3人組のドライブと水上スキーの映像となっている。1と2の相違点は次の通り。

  1. 名タイトル表示の際、OP1では漫画の右上に描かれたタイトルが移動するのに対し、OP2は後ろからせり出して来る。
  2. フランケンの歩行から怪物くん&怪物3人組の歩行シーンに転換する時のワイプ画面は、OP1では爆発状の画面であるのに対し、OP2では渦巻状になっている。
  3. オープニング終了後、ペコちゃんとの共演アニメに切り替わる際、OP1ではページをめくる様なワイプ画面があったが、OP2にはその様なシーンは無い。

サブタイトル一覧編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 制作
1 1968年
4月21日
怪物くんがやってきたの巻 浪江志摩 スタジオ・ゼロ
怪物くんと怪物屋敷の巻
2 4月28日 怪物くんが野球をすればの巻 東京ムービー
怪物くんとミイラ男の巻
3 5月5日 ちびっこ怪物三人組の巻 スタジオ・ゼロ
怪物くんとハニワ怪神の巻
4 5月12日 怪物くんと怪物ッ子の巻 東京ムービー
怪物くんと怪星人ウルの巻
5 5月19日 フランケンの映画スターの巻 スタジオ・ゼロ
フランケンの映画カントクの巻
6 5月26日 大ぐもタランチュラきたるの巻 東京ムービー
手のひら怪物あらわるの巻
7 6月2日 恐竜でてこーいの巻 スタジオ・ゼロ
豆人間・スモールXの巻
8 6月9日 怪物たちもはたらくぞの巻 東京ムービー
みずうみにでた大怪獣の巻
9 6月16日 ビンの中の大男の巻 スタジオ・ゼロ
怪物音楽会の巻
10 6月23日 怪物くんと貝男ホーラの巻 東京ムービー
怪物くんタコ・イカ作戦の巻
11 6月30日 カミナリ怪物エレキドンの巻 スタジオ・ゼロ
脳波怪物アタマデンの巻
12 7月7日 兄弟怪物キョウダイゴンの巻 東京ムービー
怪物グランプリの巻
13 7月14日 三匹のスパイの巻 スタジオ・ゼロ
怪物スパイ大戦争の巻
14 7月21日 フニャフニャ怪物の巻 東京ムービー
サタンの魔法塾の巻
15 7月28日 地底のモンキー族の巻 スタジオ・ゼロ
恐怖の城の巻
16 8月4日 アイス怪物ペンジンの巻 東京ムービー
影男シャドウマンの巻
17 8月11日 よっぱらい怪物の巻 スタジオ・ゼロ
怪物・お化け大合戦の巻
18 8月18日 不思議な人形の巻 東京ムービー
悪魔の人形つかいの巻
19 8月25日 サボテンのトゲはいたいよの巻 北満夫 スタジオ・ゼロ
透明人間対透明怪物の巻
20 9月1日 シャボン玉は恐いの巻 西田敬一 東京ムービー
ニセモノ怪物勢ぞろいの巻 藤原真純
21 9月8日 ネムール来たぞ!の巻 吉田秀子 スタジオ・ゼロ
怪物百面相の巻 真武善行
22 9月15日 砂魔人をやっつけろの巻 草川隆 東京ムービー
木人がウキキキーッといかったの巻 若林一郎
23 9月22日 空飛ぶプラモの巻 吉田秀子 スタジオ・ゼロ
ミイラ王子の巻 西田敬一
24 9月29日 半魚人ピラニアボーイの巻 松元力 東京ムービー
モーグリ砦の巻 藤原真純
25 10月6日 ドタマカチンの巻 若林一郎 スタジオ・ゼロ
フランケンはやさしいの巻 夫馬基彦
26 10月13日 怪物ハンター現わるの巻 岩本健次 東京ムービー
おれはボカチン!なぐり魔だいの巻 藤原真純
27 10月20日 島怪物の巻 吉田秀子 スタジオ・ゼロ
怪物学校の巻 藤原真純
28 10月27日 絵の中の怪物の巻 西田敬一 東京ムービー
怪子ちゃんこんにちはの巻 宇佐美寛
29 11月3日 モクモク怪物とドラキュラじいさんの巻 若林一郎 スタジオ・ゼロ
マイホ・ムーの巻[2] 今戸悠
30 11月10日 怪物くん美容体操の巻 西田敬一 東京ムービー
バラがかみつくの巻 松元力
31 11月17日 むく犬はこわいぞの巻 今戸悠 スタジオ・ゼロ
こわい!こわい!女の子の巻 西田敬一
32 11月24日 風のマタクルぞうの巻 松元力 東京ムービー
うらない怪物アジパーの巻 吉田秀子
33 12月1日 モジャオのラブレターの巻 島修司 スタジオ・ゼロ
モスキートマンが出たぞの巻 岡本欣三
34 12月8日 いそうろう怪物ガメルくんの巻 芹川満 東京ムービー
黄金怪物ゴールドフンガーの巻
35 12月15日 カメレオン・マン来たるの巻 吉田喜昭 スタジオ・ゼロ
サタンミラーの巻 宇佐美寛
36 12月22日 ゴキブリ出たぞの巻 西田敬一 東京ムービー
落っこちたサンタじいさんの巻 島修司
37 12月29日 怪物ランド行特急の巻 藤原真純 スタジオ・ゼロ
怪物くんの同窓会の巻 島修司
38 1969年
1月5日
雪こぞうが降ってきたの巻 伊東恒久 東京ムービー
みんなで飛行船にのろうの巻 松元力
39 1月12日 ペット怪物ゴロニャンの巻 草川隆 スタジオ・ゼロ
家出したオオカミ男の巻 伊東恒久
40 1月19日 怪物トレーニングセンターの巻 夫馬基彦 東京ムービー
怪物ウエスタン大あたりの巻 宇佐美寛
41 1月26日 フランケンのパパの巻 岡本欣三 スタジオ・ゼロ
人間になりたい怪物の巻 草川隆
42 2月2日 怪物くんと豆の木の巻 吉田秀子 東京ムービー
東京の空に豆が降るの巻
43 2月9日 おれはかなしいヒヒ男の巻 吉田喜昭 スタジオ・ゼロ
第四のけらいの巻
44 2月16日 怪物くんはオレだの巻 松元力 東京ムービー
怪鳥コンドル魔人の巻 宇佐美寛
45 2月23日 怪物くん怪子ちゃんになるの巻 藤原真純 スタジオ・ゼロ
厄病神がとりついたの巻 岡本欣三
46 3月2日 ミイラー男は骨つぎ名人の巻 草川隆 東京ムービー
悪魔王子デモキンの巻 山崎晴哉
47 3月9日 にせの怪物ランドの巻 吉田秀子 スタジオ・ゼロ
動物園は大さわぎの巻 島修司
48 3月16日 怪物オリンピックの巻 伊東恒久 東京ムービー
兵隊ルックで突撃しろの巻 松元力
49 3月23日 ヒロシよさらばの巻 吉田喜昭 スタジオ・ゼロ
怪物くんの戴冠式の巻 伊東恒久

ネット局編集

無印=同時ネット局(いずれもTBS系列) ※=時差ネット局(山陰放送のみTBS系列、その他は日本テレビ系列)[注 18]

劇場版編集

1969年3月18日公開の『東映まんがまつり』内で、「砂魔人をやっつけろの巻」と「怪物くんとハニワ怪神の巻」のブローアップ再編集版が上映された。

併映は『長靴をはいた猫』・『ひみつのアッコちゃん』(第1作)・『ひとりぼっち』・『チャコとケンちゃん』(第1作)の4本。

東映系における東京ムービー作品の上映は、1965年12月25日公開の『オバケのQ太郎』以来であり、『東映まんがまつり』としては最初で最後(『オバQ』は『まんが大行進』内で上映)。この後、東京ムービー作品は『東宝チャンピオンまつり』内で上映される様になる。

なおこの劇場版は、前述の通りDVD-BOX下巻に収録されているが、2012年8月10日にはDVD『復刻! 東映まんがまつり 1969年春』が発売され、併映全作と共に収録された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 藤子・F・不二雄とのコンビ解消後は藤子不二雄名義。
  2. ^ 後に万創から発売された『BANSO(ばんそう)のとびだすえほん』の前身商品にあたる。
  3. ^ この回が選ばれたのは、入手できたフィルムがこれ1本だけだったためである。
  4. ^ なお、現在ビーム社版の「〜大全集」は廃盤だが、2015年3月13日に東映ビデオより発売された「トムス・エンタテインメントTV主題歌大全集VOL.1 1964-1977」(DVDのみ)にもオープニング・エンディング映像が収録されている(トムス社は現在東京ムービーの法人格・各種資産を引き継いでいる)。
  5. ^ 原作の名前・歌子とは異なる。第1話ほかのアパートの表札を参照。
  6. ^ [1]
  7. ^ 持株会社化(東京放送ホールディングスに改称→TBSホールディングスに再改称予定)による分社後のTBSテレビに相当。
  8. ^ a b c JNNには正式に加盟していなかったが、編成により『JNNニュース』を一部放送したり、番組によっては同時ネットするなどTBSとの関係が深かった。
  9. ^ 当時はNNN単独加盟。後にTBS系列・フジテレビ系列(FNSのみ)クロスネット局を経てフジテレビ系列単独化(JNN脱退・FNN加盟)。
  10. ^ 放送当時はNNN単独加盟。後にテレビ朝日系列とのクロスネット化。
  11. ^ 持株会社化(中部日本放送の商号を維持)による分社後のCBCテレビに相当。
  12. ^ 当時はTBS系列。後に毎日放送とのネットチェンジNETテレビ→テレビ朝日系列に移行。持株会社化(朝日放送グループホールディングスに改称)による分社後の朝日放送テレビに相当。
  13. ^ 当時の放送エリアは岡山県のみ。持株会社化(RSKホールディングスに改称)による分社後のRSK山陽放送に相当。
  14. ^ 当時の放送エリアは島根県のみ。
  15. ^ 当時はフジテレビ・NETテレビとも正式ではないが系列に近い関係で、放送エリアは鳥取県のみ。
  16. ^ 当時の放送エリアは香川県のみ。
  17. ^ 持株会社化(RKB毎日ホールディングスに改称)による分社後の同名の新法人に相当。
  18. ^ 当時組織としてはニュース系列組織(NNN)のみが成立し、番組供給組織(NNS)は未成立だった。

出典編集

  1. ^ 山崎敬之『テレビアニメ魂』講談社2005年、55頁。
  2. ^ ナレーションでは「家好き怪獣マイホ・ムーの巻」と読まれている。
  3. ^ a b c 『福島民報』1968年4月21日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『福島民報』1968年5月16日、8月1日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『福島民報』1968年10月13日、1969年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ a b 『北國新聞』1968年10月6日付朝刊テレビ欄より
  7. ^ 『北國新聞』1968年5月11日付朝刊テレビ欄より。
  8. ^ 『北日本新聞』1968年5月12日付朝刊、テレビ欄。

関連項目編集

外部リンク編集

TBS 不二家の時間
前番組 番組名 次番組
パーマン(第1作)
怪物くん(第1作)
【当番組までアニメ枠】
(1968年4月21日 - 1969年3月23日)
青空にとび出せ!
※ここからドラマ