メインメニューを開く

落語物語』(らくごものがたり)は、林家しん平が原作・脚本・監督を務めた2011年3月12日公開の日本映画。映画が原作で、同名でも書籍化、小説『落語物語』(角川書店)が出版された。

概要編集

落語家林家しん平が自らメガホンをとり、実体験を織り交ぜながら落語の世界を舞台に撮り上げた下町人情ドラマの映画。 総勢40名を超える現役落語家が出演したことなども話題となり、第三回したまちコメディ映画祭では特別招待作品として上映された。 撮影は、落語協会の全面バックアップのもと、東京の四軒の寄席鈴本演芸場新宿末廣亭浅草演芸ホール池袋演芸場)にて行われた。着物、小道具、お囃子に至るまですべてが本物であり、寄席の高座や楽屋風景、芸人同士のやりとりや独特な師弟関係なども忠実に再現されている。

キャッチコピーは、『涙もやがて、笑顔にかわる、下町人情物語。』

映画の公開は2011年3月12日であったが、前日に東日本大震災がおこったことにより予定されていた初日の舞台挨拶などは中止となり、東京での舞台挨拶は公開最終日の4月8日となった[1]

あらすじ編集

コミュニケーションの苦手な若者、春木真人(柳家わさび)は、噺家という世界に憧れを持ち、落語家・今戸家小六(ピエール瀧)に弟子入りを志願する。小六の自宅に住み込みの内弟子となることを許された真人は、しっかり者の小六の女房、葵(田畑智子)の応援もあり、晴れて前座として落語家の道を歩みだす。しかし、それは嬉しくも悲しくも前途多難な日々の始まりであった。

キャスト編集

主要キャスト編集

その他キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集