桜木駅 (千葉県)

日本の千葉県千葉市若葉区にある千葉都市モノレールの駅

桜木駅(さくらぎえき)は、千葉県千葉市若葉区桜木七丁目にある、千葉都市モノレール2号線である。駅番号CM12

桜木駅
Chiba Urban Monorail Sakuragi Station3.JPG
駅西側 1・2番出入口(2012年5月6日
さくらぎ
Sakuragi
(加曽利貝塚)
CM11 都賀 (1.3km)
(1.2km) 小倉台 CM13
所在地 千葉市若葉区桜木七丁目20-1
駅番号 CM12
所属事業者 千葉都市モノレール
所属路線 2号線
キロ程 9.0km(千葉起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式、2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,820人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1988年昭和63年)3月28日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示
駅東側 1・2番出入口(2012年5月6日)

歴史編集

加曽利貝塚の最寄駅であることから、副駅名「加曽利貝塚」が付けられている[2]

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅で、バリアフリー設備として地平から改札階へのエレベーター(改札外1・2番出入口)と、改札階からホームへのエレベーター(改札内)がそれぞれ設置されている。改札口は東側(千葉方面)に1か所ある。

出入口は改札外コンコースより南側に1か所(1番出入口[3])と地平から改札階へのエレベーター1基、北側に1か所(2番出入口)と地平から改札階へのエレベーター1基がある。

駅設備編集

のりば編集

番線 路線 行先 備考
1   2号線 千城台方面
2 都賀千葉みなと方面 千葉みなと方面行は千葉駅から1号線へ直通

利用状況編集

2018年度の1日平均乗車人員は1,820人である[4]。千葉都市モノレールの駅では、18駅中8位。

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 千葉都市モノレール
1999年 1,495
2000年 1,448
2001年 1,441
2002年 1,456
2003年 1,471
2004年 1,407
2005年 1,414
2006年 1,424
2007年 1,414
2008年 1,412
2009年 1,436
2010年 1,437
2011年 1,448
2012年 1,505
2013年 1,572
2014年 1,600
2015年 1,667
2016年 1,786
2017年 1,817
2018年 1,820

駅周辺編集

駅周辺は閑静な住宅街が広がる。2019年グッドデザイン賞を受賞した戸建分譲住宅地の街づくり「アラ・ラ若葉桜木」など宅地開発事業も行われている[5]

駅西側には国道51号があり、南に約2キロメートル進むと京葉道路貝塚インターチェンジ)・国道16号に繋がる。

南側編集

 
旧大須賀家住宅

当駅1番出入口方面。

北側編集

 
千葉市若葉区役所

当駅2番出入口方面。

バス路線編集

最寄りの停留所は、桜木駅入口となる。

系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
つ01・つ02 都賀駅 京成バス
つ01 小倉団地入口・千城台北駅・鷹の台四丁目 御成台車庫
つ02 市営霊園・道場坂下 千葉駅 1日3本
都賀線 都賀駅 千葉中央バス
小倉団地入口・千城台北駅入口・千城台高校 鎌取駅

隣の駅編集

千葉都市モノレール
  2号線
都賀駅(CM11) - 桜木駅(CM12) - 小倉台駅(CM13)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、6頁。
  2. ^ 駅名標表記一覧”. 千葉都市モノレール (2018年). 2020年1月8日閲覧。
  3. ^ 桜木(千葉)(千葉都市モノレール)の出口情報” (日本語). goo路線. 2020年1月8日閲覧。
  4. ^ 千葉県統計年鑑
  5. ^ 戸建分譲住宅地の街づくり [アラ・ラ若葉桜木]”. Good Design Award. 2020年1月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集