メインメニューを開く

梁邦彦

キーボーディスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー

梁 邦彦(りょう くにひこ、1960年1月1日 - )は、日本韓国ピアニスト作曲家音楽プロデューサー[1][2][3]東京都生まれ、在日韓国人2世[4][5]。韓国名および韓国でのアーティスト名は梁 邦彦(ヤン・バンオン、양 방언: Yang Ban Ean[6]。血液型O型。

梁 邦彦
別名 Yang Ban Ean
生誕 (1960-01-01) 1960年1月1日(59歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 早稲田中学校卒業
早稲田高等学校卒業
日本医科大学 卒業
ジャンル J-POP
ロック
職業 キーボーディスト
作曲家
編曲家
担当楽器 キーボード
活動期間 1980年 -
レーベル ポリドール
ジェマティカ・レコーズ
SONY MUSIC Korea
WARNER MUSIC KOREA
ENDORF MUSIC
事務所 ENDORF MUSIC
共同作業者 浜田省吾
シャンバラ
公式サイト RYO KUNIHIKO
梁 邦彦
各種表記
ハングル 양방언
漢字 梁邦彦
発音: ヤン バンオン
日本語読み: りょう くにひこ
英語表記:
MR式
Yang Ban Ean
Yang Pangŏn
テンプレートを表示

人物編集

医師出身の音楽家[7]

1980年代半ばから浜田省吾ツアーメンバーなどとして音楽活動を開始[1][2]。その後、1995年に甄子丹(ドニー・イェン)主演の香港台湾合作TVドラマ精武門」やジャッキー・チェン主演映画デッドヒート(Thunder Bolt)」の音楽監督を担当したのを皮切りに、作曲家やプロデューサーなどとして、主に日本や香港などの中華圏を中心にアジア地域のポップアーティストのアルバム制作やライブに数多く参加する[1][2][7]。仕事としては特に浜田省吾への楽曲提供・編曲や香港のロックバンドBEYONDのアルバムプロデュースなどが知られる[1]

その一方で、元カシオペアのメンバー櫻井哲夫&神保彰のバンドSHAMBARAにも参加し、1996年には日本でソロデビューを果たす[1][2][7]

2002年に4thアルバム収録曲「Frontier!」が釜山アジア大会の公式テーマ曲に選ばれたのを機に、韓国でも大きく注目される[7]。以後、東洋と西洋を融合させた世界観、韓国伝統音楽からクラシックロックジャズワールドミュージックまで、ジャンルにとらわれない幅広い音楽性で日韓で多数のオリジナル・アルバムを発表する一方、映画、アニメーションドキュメンタリーCFドラマオンラインゲームなど多岐にわたるジャンルの劇伴音楽を制作し、そのサウンドトラック・アルバムも数多くリリースしている[1][2][4][7]

朴槿恵(パク・クネ)第18代韓国大統領就任式祝賀公演(13年)、ユネスコ創設70周年記念公演(15年)、ソチ冬季オリンピック閉会式(14年)、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック閉会式(18年)などの公的行事で音楽監督を務めた[4][5][8]

来歴編集

1960年1月1日、東京の下町、三ノ輪で開業医の父親のもと、5人兄弟の末っ子として生まれる[9]。6歳の頃からピアノを習い、中学時代はロックバンドでキーボードやギターを担当するなど、幼少期から多様な文化&音楽に親しみながら成長する[1][2]。専門職に従事することを願った父親の思いを受けて医科大学に進学するが、在学中からプロのミュージシャンとして活動を開始する[1][2][10]

1981年
  • 大学在学中よりキーボード・プレイヤーとして様々なアーティストのツアーサポートやコンポーザー、サウンド・プロデューサーとしての活動を開始[3]
1985年
1986年
  • シンガーソングライター・浜田省吾のバックバンドに参加。以後、バンドメンバー・プロデューサー・アレンジャーとして約10年間にわたり活動を共にする[5]
1989年
1995年
  • ドニー・イェン主演の香港スターTV放送のドラマ「精武門」やジャッキー・チェン主演の香港映画「デッドヒート」の音楽監督を担当。
1996年
2001年
  • 4枚目のソロアルバム『Pan-O-Rama』が日本に先がけてYANG BANG EAN名義で韓国でリリースされる。ニュー・エイジ・チャートのトップを飾り、ポップ・チャートの上位にもランキングされるという異例の事態となる[3]
  • 韓国MBCのTV ドラマ「商道」メインテーマ曲「Too far away」を作・編曲。
2002年
  • 釜山アジア大会のメインテーマ曲として『Frontier!』(4thアルバム『Pan-O-Rama』収録)が採用されたのを機に、韓国での活動を活発化。
2004年
  • 韓国KBSスペシャルドキュメンタリー『陶磁器』の全音楽を担当(2004年度韓国放送大賞、最優秀賞受賞)。
2005年
  • 韓国『サムスン』の企業イメージソングとして「ECHOES」(5thアルバム『ECHOES』収録)が採用され、韓国全土でオンエアー。
  • 6月6日、ソウル最大のコンサートホール、セジョン文化会館でワンマンライブ。
  • 9月1日、韓国チョンジュ市において世界初の世界遺産登録記念受賞式イベント前夜祭でワンマンコンサート。
2006年
  • 5月から6月にかけて、韓国地方都市3カ所とセジョン文化会館で単独コンサート。
2007年
2008年
  • ソウル市観光広報大使に就任(2010年まで)。
2009年
  • 9月23日、セジョン文化会館で韓国での音楽活動10周年を記念したコンサート「梁文彦EVOLUTION 10th anniversary」を開催。
2011年
  • 済州「世界7大自然景観」広報大使。
2012年
  • 韓国国立劇場主催の「Yau-Rack Music Festival」の芸術監督に就任(2014年まで)。
  • ドイツのクラシック大手出版社SCHOTT MUSICのペーター・ハンザー・シュトレッカー会長の70歳記念イベント「Petrushka Project」に世界の70人の作曲家のうちの一人として参加。誕生プレゼントとしてピアノ曲を提供する[5]
2013年
  • 2月25日:朴槿恵(パク・クネ)大統領就任式の祝賀公演で音楽監督を務める[4]。梁がアリランを現代的に再解釈して作曲した「アリランファンタジー」をアン・スクソン、インスン、チェ・ジョンウォン、ナ·ユンソンの4人が国民合唱団と一緒に歌った[6]
  • 父親の生まれ故郷である韓国・済州島で行われる音楽フェス「JMF (Jeju Music Festival)」の芸術監督を担当し、自らも出演する[4][5]。以降、毎年夏参加。
2014年
2015年
  • 11月1日、パリのユネスコ本部で開かれたユネスコ設立70周年記念総会のオープニングセレモニーで作曲・演奏を担う[5]
2016年
  • ソロデビュー20周年を迎え、ベストアルバム『THE BEST』をリリース。
  • 12月、ソロデビュー20周年記念コンサート「UTOPIA」をソウル国立劇場と東京グローブ座で開催[4]
2017年
  • 済州ビエンナーレ2017「ツーリズム・Tourism」梁邦彦 Breeze of Jeju 音楽監督。
  • 10月27日、日韓のアーティストが参加した平昌オリンピックを応援するアルバム『Echoes for PyeonChang』を韓国で発売[5]
2018年

作品編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 1997年1月29日 スカーレット インストゥルメンタル・スケッチ 8cmCD PODH-1343 Polydor
2nd 1997年9月18日 The Wings of Mirage 12cmCD POCH-1645 Polydor

オリジナルアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 1996年11月4日 The Gate Of Dreams CD POCH-1606 Polydor
2nd 1998年4月22日 Into the Light CD POCH-1688 Polydor
3rd 1999年7月28日 ONLY HEAVEN KNOWS CD POCH-1802 Polydor
4th 2001年10月3日 Pan-O-Rama CD RSCR-1001 ジェマティカ
5th 2004年5月14日 ECHOES CD EDFC0801-1 SONY MUSIC Korea
6th 2009年10月19日 Timeles Story CD EDFC 0910-1 SONY MUSIC Korea
7th 2011年12月20日 Floating Circle CD EDFC 1111-1 SONY MUSIC Korea
8th 2016年6月1日 Embrace CD EMJ1606-1 ENDORF MUSIC

ベストアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2002年5月02日 Piano Sketch CD RSCR-1003 GEMMATIKA Records
2nd 2016年10月21日 20th Anniversary Album:THE BEST 2CD KTMCD-0712 UNIVERSAL KOREA

ライブアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2013年12月5日 Piano Fantasy CD VDCD-6467 WARNER MUSIC KOREA / VITAMIAN

企画アルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
2017年11月10日 Echoes for Pyeongchang CD KTMCD-0712 UNIVERSAL KOREA 平昌オリンピックを応援するアルバム。

サントラアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
2003年4月23日 十二幻夢組曲 CD VICL-60891 Victor Entertainment TVアニメ『十二国記』のサントラ盤。
2003年4月23日 十二幻夢絵巻 CD VICL-60892 Victor Entertainment TVアニメ『十二国記』のサントラ盤。
2003年6月21日 十二国記 夜想月雫 Piano Memories CD VICL-61146 Victor Entertainment TVアニメ『十二国記』のサントラ盤。
2003年6月21日 十二国記 蓬山遠景 胡弓 Memories CD VICL-61147 Victor Entertainment TVアニメ『十二国記』のサントラ盤。
2005年6月7日 陶磁器 CD CNLR 0513/4-2 Cnl Music 韓国国営放送局KBSドキュメンタリースペシャル『陶磁器』のサントラ盤。
2005年6月15日 英國戀物語エマ Silhouette of a Breeze CD PCCG-00679 ポニーキャニオン TVアニメ『英國戀物語エマ』のサントラ盤。
2006年8月4日 「彩雲国物語」オリジナルサウンドトラック 1 CD GNCA-1086 ジェネオンエンタテインメント TVアニメ『彩雲国物語』のサントラ盤。
2007年1月12日 「彩雲国物語」オリジナルサウンドトラック 2 CD GNCA-1087 ジェネオンエンタテインメント TVアニメ『彩雲国物語』のサントラ盤。
2007年1月17日 千年狐ヨウビ CD CNLR0704-2 Cnl Music 韓国の劇場アニメ作品『千年狐ヨウビ』のサントラ盤。
2007年4月2日 「千年鶴」OST CD PCSD-00198 PONYCANYON KOREA 韓国映画『千年鶴』のサントラ盤。
2007年6月20日 英國戀物語エマ 第二幕 Memories CD PCCG-837 ポニーキャニオン TVアニメ『英國戀物語 エマ 第二幕』のサントラ盤。
2007年11月19日 茶馬古道/Asian Corridor in Heaven CD PCSD-00236 PONYCANYON KOREA 韓国国営放送局KBSとNHK共同制作のドキュメンタリー『茶馬古道』のサントラ盤。
2007年12月7日 「彩雲国物語セカンドシリーズ」オリジナルサウンドトラック CD GNCA-1129 ジェネオンエンタテインメント TVアニメ『彩雲国物語セカンドシリーズ』のサントラ盤。
2008年10月23日 Aion 〜The Tower Of Eternity〜 Original Sound Track CD PCSD-00277 PONYCANYON KOREA 韓国NCSOFT社のオンラインゲーム『AION』のサントラ盤。
2010年4月21日 テガミバチ Original Sound Track Nocturne〜a destiny〜 CD LACA-15027 Lantis TVアニメ『テガミバチ』のサントラ盤。
2013年10月16日 Asta O.S.T CD VDCD-6448 WARNER MUSIC KOREA / VITAMIAN 韓国NAVER Hangame社のオンラインゲーム『ASTA』のサントラ盤。
2015年1月14日 AGAIN everlasting dream 〜映画『アゲイン 28年目の甲子園』オリジナル・サウンドトラック〜 CD SECL-1627 SME Records 映画『アゲイン 28年目の甲子園』のサントラ盤。
2015年3月18日 「暁のヨナ」オリジナル・サウンドトラック CD MJSA-1153 マーベラス TVアニメ『暁のヨナ』のサントラ盤。

劇伴・CM音楽など編集

アニメ編集

ゲーム編集

  • オンラインゲーム NCSOFT『AION』
  • オンラインゲーム NAVER Hangame『ASTA』

ドラマ・映画・テレビ編集

コマーシャル、他編集

  • Samsung企業イメージ音楽
  • Samsung液晶テレビ「PAVV」
  • Sonyデジタルカメラ「α」
  • Nikon デジタルカメラ「D-90」
  • ソウル市広報CF(日本版;村上龍出演、アメリカ版、中国版、東南アジア版)
  • ソウル市広報CF2編(Design Seoul, 漢江Renessance)出演
  • Ssangyongハイクラスカー{Chairman}CF出演
  • 2014年 ソチオリンピック閉会式;2018年平昌オリンピックPRセレモニー 音楽監督

受賞歴編集

  • 2005年:韓国放送大賞最優秀作品賞受賞 – KBSドキュメンタリー「陶磁器」
  • 2007年:韓国映画評論家協会最優秀映画音楽賞受賞 – 映画『千年鶴』
  • 2008年:韓国大衆音楽賞最優秀映像音楽部門受賞− KBS ドキュメンタリー「茶馬古道」
  • 2014年:韓国芸術評論家協議会「今年の最優秀芸術家賞(音楽部門)」受賞

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Profile”. RYO KUNIHIKO公式サイト. 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 梁 邦彦 プロフィール”. ソニーミュージック オフィシャルサイト. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d 梁 邦彦 Kunihiko Ryo”. フェイス音楽出版. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 日本で定期的にライブ…在日2世ミュージシャン梁邦彦さんに聞く”. 民団新聞 (2017年11月29日). 2019年9月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 平昌オリンピック開・閉会式で音楽監督を務めた音楽家・梁 邦彦に迫る”. Billboard JAPAN (2018年3月5日). 2019年9月1日閲覧。
  6. ^ a b c 在日同胞2世…ヤン・バンオンが作った2作目のアリラン”. T-SITE. 中央日報日本語版 (2014年11月24日). 2019年9月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e アーティスト”. ENDORF MUSIC公式サイト. 2019年9月1日閲覧。
  8. ^ <平昌五輪>開・閉会式音楽監督は在日2世”. 民団新聞 (2018年1月1日). 2019年9月1日閲覧。
  9. ^ a b ピアニスト・作曲家・音楽プロデューサー 梁邦彦さん”. くにまるジャパン 極. 文化放送 (2018年5月18日). 2019年9月1日閲覧。
  10. ^ 梁邦彦「来年デビュー20周年…素敵なプロジェクトをご期待ください」”. Kstyle. livedoor ニュース (2015年12月27日). 2019年9月1日閲覧。
  11. ^ 日本入国拒否された歌手イ・スンチョルの「独島コンサート」とは?”. T-SITE. 中央日報日本語版 (2014年11月11日). 2019年9月1日閲覧。
  12. ^ "日本入国拒否"イ・スンチョルの「その日に」、音源配布4日で5万件の反応”. WoW!Korea (2014年11月18日). 2019年9月1日閲覧。
  13. ^ 平昌オリンピック閉会式にEXOやCLが登場 演出の見どころをおさらい”. CINRA.NET (2018年2月24日). 2019年9月1日閲覧。
  14. ^ 十二国記”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集