メインメニューを開く

ファンタジックチルドレン』(FANTASTIC CHILDREN)は、日本アニメーション制作による日本のテレビアニメ2004年10月4日から2005年3月28日までテレビ東京系列で放送された。後にアニマックスでも放送された。全26話。

ファンタジックチルドレン
ジャンル 冒険活劇ファンタジー
アニメ
原作 なかむらたかし
監督 なかむらたかし
脚本 三井秀樹、なかむらたかし
キャラクターデザイン なかむらたかし
音楽 上野耕路
アニメーション制作 日本アニメーション
製作 博報堂DYメディアパートナーズ
日本アニメーション
FC製作委員会
放送局 テレビ東京
放送期間 2004年10月4日 - 2005年3月28日
話数 全26話
漫画:ファンタジックチルドレン 時計じかけの旅人たち
原作・原案など なかむらたかし(原案)
作画 宮野将一
出版社 メディアファクトリー
掲載誌 コミックフラッパー
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

目次

概要編集

日本アニメーションのオリジナル作品で、SF、ファンタジー的な要素を盛り込んだ冒険活劇。輪廻転生を中心に、恋愛、内乱などさまざまなテーマが重層的に扱われている。

原作、監督、キャラクターデザインを世界名作劇場で『ピーターパンの冒険』のキャラクターデザインを手がけたなかむらたかしが、美術監督をスタジオジブリで背景や美術を担当した山本二三が担当している。

ストーリー編集

時は2012年、南の島・パパン島で両親と暮らす少年・トーマは、ある日島の遺跡でヘルガという少女と出会う。無口で、どことも知れぬ場所の絵を描いては、そこに行きたいと言う彼女の願いに、トーマはヘルガを慕う少年・チットと共に、ヘルガを“行きたい場所”へ連れていこうとする。

何十年かおきに現れる、謎の黒衣の子供たち。“ベフォールの子供たち”と呼ばれる彼らは、長い長い年月をかけ、ある一人の人物を追いかけ続けていた。繰り返される年月に疲弊し、謎の少年・デュマの妨害によって仲間を減らしながらも、彼らはただ、ひたすらに“彼女”を追い求め続ける。

少年少女の連続失踪事件を追う刑事・クックスは、捜査の中で“ベフォールの子供たち”と呼ばれる存在に辿り着く。追い求めるほどに深まる子供たちの謎、不可解な現象、そして現れる謎の青年。一体、失踪した子供たちにどんな秘密が隠されているのか。

登場人物編集

( )は2012年時点での地球人としての年齢、〔 〕はティナを巡る惨劇が起こった時のギリシア人としての年齢、〈 〉は2012年時点でのギリシア人としての年齢を示す。

主要人物編集

トーマ
- 皆川純子
両親と共にパパン島で暮らす少年(11歳)。パパン拳法の達人。遺跡でヘルガと出会い、彼女の不思議な雰囲気に惹かれ、彼女の行こうとしている場所を一緒に探すことになる。
セス
声 - 後藤哲(少年時代 - 進藤尚美)
トーマの前世の姿。ティナの幼なじみで婚約者である青年〔20歳〕。ソランとは親友。
ヘルガ
声 - 河原木志穂
本作の主人公[1]児童施設に預けられている少女(11歳)。無口で物静か。不思議な世界を描いており、そこへ行こうと施設を抜け出したところ、トーマと出会う。
ティナ
声 - 河原木志穂
ヘルガの前世の姿。惑星ギリシアの王女〔15歳〕。タイタスの一人娘でデュマの姉。性格は明るいが、お転婆で少し気が強い面がある。
セラフィーヌ
声 - 河原木志穂
ヘルガの前世の姿。1859年生まれ。ヘルガが描くのと同じ絵を描き続けた画家。1901年、ベフォールの子供たちが一足遅れで探し当てる前にクレルモン療養施設で亡くなる。
クリスティーナ
声 - 河原木志穂
ヘルガの前世の姿。1721年生まれ、1759年没。孤児院で子供たちの面倒を見ており、ヘルガが描くのと同じ絵を刺繍したハンカチを子供たちに渡していた。
チット
声 - 小林希唯
ヘルガと同じ施設に暮らす少年(8歳)。ヘルガとは仲が良く、彼女と一緒に施設を抜け出して捕まりそうになったところをトーマに助けられ、それ以降はトーマとも行動を共にする。

ベフォールの子供たち編集

1478年から500年以上の間、何年かごとに前世の記憶を保ったまま同じ姿で転生を繰り返す、白髪碧眼の少年少女。惑星ギリシアの科学者たちで、地球に転生させたティナを追って、地球で人為的な転生を続けている。

アギ / イアン
声 - 浦田優
真面目でリーダー的な存在である少年(11歳)。本来の使命と現世の家族の挟間で、思い悩んでいる。2012年時点での地球人名はイアン。
ソレト / フロー
声 - 高口幸子
冷静で仲間思いな性格の少女(11歳)。アギのことが気になるらしい。2012年時点での地球人名はフロー。
ヒースマ / トーマス
声 - 原沢勝広
ギリシアへ帰ることを強く願っている少年(11歳)。鼻が高い。冷淡かつ皮肉屋で自信家。2012年時点での地球人名はトーマス。
ハスモダイ / テオ
声 - 松本さち
繊細で大人しい性格の少年(11歳)。2012年時点での地球人名はテオ。
タルラント / カリエ
声 - 矢口アサミ
子供っぽいところがあるがしっかり者な少年(11歳)。ベフォールの子供たちのペット・ワンダーの製作者。2012年時点での地球人名はカリエ。
メル
声 - 坂本真綾
1901年にクレルモン療養施設でデュマに捕まり、脱落する。パルザとは恋人同士だった。
ゲルタ・ホークスビー
声 - 甲斐田ゆき(少女時代 - 坂本真綾)
メルの転生した姿。ゲド機関の責任者。1985年、25歳の時にデミアンと出会い、フラグメントの記号を解読して謎の機械を作った。
デミアンになぜか強い恐怖をいだき、またルーゲンに少女時代から強い関心をいだき続ける。
パルザ
声 - 鈴木千尋
最初に脱落する。メルとは恋人同士だった。
コンラート・ルーゲン
声 - 鈴木千尋(少年時代 - 進藤尚美
脱落時のパルザ。もとはパルザとしての記憶を保っていたが、1853年に他の子供たちとの同行を拒否してルーゲン家の家族の許にとどまり、記憶を失う。25歳の時から物理学者への道を歩んで、1896年にX線を発見する。

刑事編集

クックス
声 - 辻親八
州警察の刑事。元は失踪したフローの捜索が任務であったが、それにからんで脱線気味にベフォールの子供たちについて調べ回っている。新聞記者だった祖父が子供たちと関わって彼らの写真を残し、またフラグメントを見つけていた。
アリス・ホリンワース
声 - 住友優子
連邦警察本局の監査報告員。クックスにつきあわされて相棒になる。

ゲド機関編集

ラドクリフ
声 - 松山鷹志
クックスの祖父からフラグメントを入手し、その謎の解明のためゲド機関を設立した科学者。ベフォールの子供たちの謎を追い続けた末に錯乱し、機関を追われた。
キルヒナー
声 - 成田剣
シベールの兄。3年前に事故で死亡したことにされていたが、実はゲド機関の実験によって年老いた姿になっていた。機関から逃げ出して妹・シベールの前に現れる。
デュマ / デミアン
声 - 花輪英司
ティナの異父弟である少年〈18歳〉。惑星ギリシアより姉・ティナを探しに父・ゲオルカと共に地球へやって来た。地球人の間ではデミアンと名乗る。
ゲド機関の影の実力者で、王室保安局に属し、皇太子と親しくしている。

惑星ギリシアの人々編集

ソラン
声 - 羽多野渉(少年時代 - 皆川純子)
王宮を警護する近衛兵の隊長を務める青年。幼い頃、迷子になったティナを助けた。5歳の頃、反乱軍の砲撃で重傷を負い、左半分が義手義足仮面の身となる。
タイタス
声 - 大木民夫
ティナの父。惑星ギリシアの王。
ゲオルカ
声 - 小村哲生
タイタスの弟。ティナの叔父でデュマの父。タイタスに対して反乱を起こす。
ゴトー
声 - 上別府仁資
セスの父。タイタスの重臣。
レダ
声 - 浅野まゆみ
ティナとデュマの母。ティナは母が自分の幼少時に死んだと聞かされていたが、実はタイタスと別れた後にゲオルカと再婚してデュマを生んでいた。

その他の人物編集

とうちゃん
声 - 大川透
トーマの父(42歳)。パパン寺院の住職で、パパン拳法の達人。あまり表情を表に出さないが、実は恐妻家。
かあちゃん
声 - 甲斐田ゆき
トーマの母(36歳)。ナツナ島で占い師をしているが、的中率は不明。
ベル
声 - 天神有海
イアンの妹。
院長
声 - 平田広明
ヘルガとチットが暮らす児童施設「チカオ児童学園」の院長。施設を何度も抜け出す2人に手を焼き、そのたびに連れ戻そうとするが、たまたまゲド機関の妨害を受けたのを機に2人のことを放棄する。
シベール
声 - 木村亜希子
キルヒナーの妹。

スタッフ編集

各話リスト編集

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 闇の果てから 三井秀樹
なかむらたかし
なかむらたかし 古川順康 中村深雪 2004年10月4日
2 彷徨う想い 鏑木宏 丸山宏一 2004年10月11日
3 行きたい場所 伊藤裕之 石川慎吾 2004年10月18日
4 シノン 古川順康 中村深雪 2004年10月25日
5 コックリ島 鏑木宏 丸山宏一 2004年11月1日
6 コックリ島(2) 伊藤裕之 青木哲朗 2004年11月8日
7 ベフォールの子供 なかむらたかし 西田健一 近藤優次
佐久間康子
2004年11月15日
8 温かい家庭 古川順康 清水健一 垪和等 2004年11月22日
9 オエセル 鏑木宏 長沼範裕 2004年11月29日
10 ゲド機関 西田健一 丸山宏一 2004年12月6日
11 大切な人 伊藤裕之 鏑木宏 北山修一 2004年12月13日
12 閻魔 杉山正樹 津田義三 佐久間康子 2004年12月20日
13 ギリシアの記憶 福富博 清水健一 垪和等 2004年12月27日
14 軌跡 - なかむらたかし - 2005年1月3日
15 追憶 三井秀樹
なかむらたかし
杉山正樹 鏑木宏 長沼範裕 2005年1月10日
16 回帰、霧の中へ 寺東克己 西田健一 丸山宏一
初見浩一
2005年1月17日
17 ティナ 福富博 清水健一 北山修一 2005年1月24日
18 惨劇 なかむらたかし 津田義三 佐久間康子 2005年1月31日
19 誓い 中西伸彰 三家本泰美 牧内ももこ 2005年2月7日
20 巡る命 寺東克己 鏑木宏 長沼範裕 2005年2月14日
21 デュマ 福田道生 濁川敦 北山修一 2005年2月21日
22 飛来 福富博 西田健一 佐久間康子 2005年2月28日
23 ゲルタ 杉山正樹 津田義三 牧内ももこ 2005年3月7日
24 トーマの真実 寺東克己 鏑木宏 長沼範裕 2005年3月14日
25 ゾーンへ なかむらたかし 北山修一
佐久間康子
長沼範裕
2005年3月21日
26 終焉そして始まり なかむらたかし 2005年3月28日

放送局編集

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列
関東広域圏 テレビ東京 2004年10月4日 - 2005年3月28日 月曜 25:00 - 25:30 テレビ東京系列
大阪府 テレビ大阪 2004年10月5日 - 2005年3月29日 火曜 25:30 - 26:00
愛知県 テレビ愛知 火曜 26:28 - 26:58
北海道 テレビ北海道 火曜 26:30 - 27:00
福岡県 TVQ九州放送 2004年10月9日 - 2005年4月2日 土曜 25:55 - 26:25
岡山県香川県 テレビせとうち 土曜 26:00 - 26:30

楽曲編集

オープニングテーマ「VOYAGE」
作詞 - 酒井ミキオ / 作曲 - 山崎ますみ / 編曲 - 江口貴勅 / 歌 - いのり
ビクターエンタテインメント、2004年11月21日発売
エンディングテーマ「水のまどろみ」
作詞 - 濱田理恵 / 作曲・編曲 - 梁邦彦 / 歌 - ORIGA
ビクターエンタテインメント、2004年11月21日発売
日本語版とロシア語版の歌詞があり、ギリシア編にはロシア語版が使われている。

CD編集

  • 『O.S.T. 〜ギリシアからの贈りもの』(音楽:上野耕路)ビクターエンタテインメント、2005年1月21日発売
  • 企画アルバム『コックリ島のひととき〜ボラボラ様からの贈りもの』(音楽:上野耕路)ビクターエンタテインメント、2005年3月2日発売

漫画編集

コミックフラッパー』(メディアファクトリー)連載、作画:宮野将一、原案:なかむらたかし

  • ファンタジックチルドレン 時計じかけの旅人たち(MFコミックス フラッパー)
    1. 2004年10月23日発売 ISBN 4-8401-0983-4
    2. 2005年4月23日発売 ISBN 4-8401-1302-5

DVD&VHS編集

DVDおよびVHSバンダイビジュアルより、2005年3月25日から2005年9月23日にかけて発売された。

巻数 発売日 収録話
VOL.1 2005年3月25日 第1話 - 第2話
VOL.2 2005年4月22日 第3話 - 第6話
VOL.3 2005年5月27日 第7話 - 第10話
VOL.4 2005年6月24日 第11話 - 第14話
VOL.5 2005年7月22日 第15話 - 第18話
VOL.6 2005年8月26日 第19話 - 第22話
VOL.7 2005年9月23日 第23話 - 第26話

ゲーム編集

ゲームボーイアドバンス用ソフト、発売:バンダイ、制作:インティ・クリエイツ、2005年5月19日発売。

脚注編集

  1. ^ なかむら監督談により。

外部リンク編集

テレビ東京 月曜25:00 - 25:30枠
前番組 番組名 次番組
純愛果実
(2004年4月5日 - 9月27日)
ファンタジックチルドレン
(2004年10月4日 - 2005年3月28日)
創聖のアクエリオン
(2005年4月4日 - 9月26日)