梅村早江子

日本の政治家

梅村 早江子(うめむら さえこ、1964年6月28日 - )とは、日本の政治家社会運動家日本共産党所属の元衆議院議員(1期)。本名:関口 早江子(せきぐち さえこ)[1]。党中央委員。

梅村 早江子
うめむら さえこ
生年月日 (1964-06-28) 1964年6月28日(56歳)
出生地 日本の旗 愛知県名古屋市
出身校 立命館大学文学部
前職 日本共産党職員
現職 日本共産党中央委員会・女性委員会副責任者・書記局員
所属政党 日本共産党
称号 文学士
公式サイト 梅村さえこ、草の根運動21年、くらしの声を国政へ

選挙区 比例北関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2014年 - 2017年
テンプレートを表示

略歴編集

1964年6月28日愛知県名古屋市で生まれ、豊田市で育つ。愛知県立豊田西高等学校卒業。

立命館大学文学部在学中、日本共産党に入党。卒業後民青同盟専従となる[2]

民青同盟立命館大学1部地区委員長を経て、同中央委員会副委員長。

消費税をなくす全国の会の結成に参加。常任世話人を経て、2007年より事務局長。その後常任世話人を務める。

2012年第46回衆議院議員総選挙にて、比例北関東ブロック単独で出馬するも落選[3]

2014年第47回衆議院議員総選挙にて、比例北関東ブロック単独で出馬し、初当選[4]

2017年第48回衆議院議員総選挙埼玉15区より出馬するも、比例復活もならず落選。

2019年第25回参議院議員通常選挙比例区から出馬するも落選。

政策編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集