棠陰比事』(とういんひじ)は、南宋の桂万栄[注釈 1]が編纂した裁判実話集。巻数は刊本によって異なる。

概要編集

戦国時代から宋代に至る古今の名裁判の公案(判例)144件が2話ずつ対比され、合計72組が収められている[1]。自序によると、桂万栄が建康の司理参軍(獄の審理官)在任中だった時期、南宋嘉定4年(1211年)に編纂を終えたとある[1]

刊本は多く異同もあるが、その系統を大きく分けて宋版系、版系、版系に分類される。和刻諸本は元版系の朝鮮活字本が元になっている[2][注釈 2]。中国では、景泰年間に呉訥(ごとつ)が加除再編したものが流布している。

江戸文学への影響編集

江戸時代初期に日本に伝来し、林羅山元和元年(1615年)に訓点をほどこし、羅山の門下生が伝写して次第に世間に広まった[1]慶安2年(1649年)安田十兵衛開板の仮名書きの『棠陰比事物語』[1][注釈 3]が、寛文年間には絵入和訳本が刊行され[1]元禄年間には羅山の訓点にしたがった須原屋伊八板の『棠陰比事』3巻によって広く流布するようになった[1]。なお、林羅山旧所蔵の抄本は内閣文庫に収蔵されている[3]

『包公案[注釈 4]』とともに、井原西鶴の『本朝桜陰比事』 (1689年)[注釈 5]、『本朝藤陰比事』、曲亭馬琴の『青砥藤綱摸稜案』、『板倉政要』や大岡政談[注釈 6]などに影響を与えた[1]

日本語訳書・関連書籍編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 桂萬榮、けいばんえい、生没不詳、浙江省慈谿県(現在の慈渓市)の人、字は夢協(むきょう)。『宋史』に伝記なし。
  2. ^ 常磐松文庫蔵『棠陰比事』は、尹慶福・藤原惺窩富岡鉄斎小汀利得らの所蔵を経て1972年末に常磐松文庫が落札した。
  3. ^ 国文学研究資料館 収蔵資料 影印
  4. ^ 包拯の故事を集めた小説集。百科公案(中国語版)  中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:百家公案
  5. ^ 『本朝桜陰比事』の冒頭の文言「それ大唐の花は、甘棠の陰に」が棠陰比事のことを示しているとされる(岩波文庫版『棠陰比事』解説 p.305)
  6. ^ よく知られた「二人の子供を取り合う母親の話」は第八話「二人の母親」(黄覇叱姒)にある。(岩波文庫版『棠陰比事』p.23)
  7. ^ 国会図書館デジタルコレクション 影印
  8. ^ しゅうえい、1982年 - 、中国陝西省西安市生、近畿大学非常勤講師(当時)。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 桂万栄編 駒田信二訳 『棠陰比事』岩波書店、1985年1月、301-306頁。 
  2. ^ 長島弘明「常磐松文庫蔵『棠陰比事』(朝鮮版) 三巻一冊 (調査報告8)」『年報』第2巻、実践女子大学、1983年3月、 43-99頁。和刻諸本の元となった常磐松文庫蔵の稀覯本に関する報告。全翻刻テキストを収録。常磐松文庫は、実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館の所蔵。
  3. ^ 長島弘明「常磐松文庫蔵『棠陰比事』(朝鮮版) 三巻一冊 (調査報告8)」『年報』第2巻、実践女子大学、1983年3月、 51頁。