メインメニューを開く

母さんがどんなに僕を嫌いでも』(かあさんがどんなにぼくをきらいでも)は、歌川たいじによるコミックエッセイ(テキストエッセイ版も刊行)。2013年に初版。2018年に絵を一新した新版を刊行し、重版もされた。

目次

概要編集

著者自身の、児童虐待いじめからのトラウマを、身内ではないながら可愛がってくれた「ばあちゃん」をはじめとする周囲の大人や友人たちの助けを得て乗り越えた経験が描かれている。糸井重里が「心臓がなんどもギュッとなった」と帯に絶賛コメントを寄せて話題となり、ヒット作となった[1]NHKでは、同作を2回ドキュメンタリーとして採り上げ、著者本人の出演で構成された番組はいずれも大きな反響を呼んだ。

あらすじ編集

東京の下町・業平橋近くで生まれ育った「僕」は、5歳の頃から母親からの暴力を受け、9歳で施設に入所させられる。心の支えだったばあちゃんとは、施設から帰ってきてすぐ両親の離婚により離ればなれに。母親は生活が次第に荒れていき、「僕」は苛烈な児童虐待に晒されることとなる。学校でもいじめを受け、「僕」は「自分はブタだ」という自虐イメージに取り憑かれはじめる。母からの肉体的・精神的虐待に耐えかねた僕は、17歳で家出するが、職を得てからもPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされ続ける。そんな「僕」に、ばあちゃんの余命が残り少ないとの知らせが。見舞いに駆けつけた「僕」は、ばあちゃんから奇跡のような言葉をかけられ、自分の運命に立ち向かう決意をする。

登場人物編集

  • 歌川たいじ
本作の主人公であり、作者本人。虐待といじめのトラウマを背負うが、友人たちに助けられ、母と向き合う決心をする。
息子であるたいじの心と体に消えない傷を残すが、自身もまた傷を背負っていた。
工場を経営している。家庭を顧みない夫で、たいじの母の浮気の証拠を掴むため、たいじに暴力をふるう。
荒れていく母に心を閉ざし、「私は無関係」シールドを張り巡らす。
  • ばあちゃん
たいじの父が経営する工場の従業員で、血の繋がりのないたいじを孫のように慈しむ。
  • キミツ
たいじが18歳で知り合う、毒舌家の親友。
  • かなちゃん
たいじが入社した会社の同僚で、のちに親友となる。
  • 大将
かなちゃんの恋人。たいじとも親しくなり、支え続ける。 

書誌情報編集

小説編集

2018年10月15日に角川つばさ文庫より発売された。著者は歌川たいじ。イラストはののはらけいが担当した。

映画編集

母さんがどんなに僕を嫌いでも
監督 御法川修
脚本 大谷洋介
原作 歌川たいじ
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
製作 植村真紀
渡邉直子
出演者 太賀
吉田羊
森崎ウィン
白石隼也
秋月三佳
小山春朋
斉藤陽一郎
おかやまはじめ
木野花
音楽 YOSHIZUMI
主題歌 ゴスペラーズSeven Seas Journey
撮影 板倉陽子
編集 山本彩加
制作会社 キュー・テック
製作会社 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
配給 REGENTS
公開  2018年11月16日
上映時間 104分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年、同作を原作として実写映画化がされキャストが発表された。監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修。脚本は大谷洋介が手がける[2]NHK Eテレで原作の歌川たいじ西原さつきの対談が行われ映像が放映された[3]

キャスト編集

スタッフ編集

封切り編集

2018年11月16日より新宿ピカデリーシネスイッチ銀座イオンシネマほか全国公開[5]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集