海南FC(かいなんエフシー、Kainan Football Club)は和歌山県海南市を本拠地とする総合型地域スポーツクラブである。Jリーグ百年構想クラブの認定を目指している。

海南FC
原語表記 海南フットボールクラブ[1]
呼称 海南FC[1]
愛称 KFC
クラブカラー     
    
    
創設年 1971年
所属リーグ 和歌山県社会人サッカーリーグ (海南FCシニアA
海南FCシニアB)
所属ディビジョン 1部 (海南FCシニアA)
3部 (海南FCシニアB)
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 和歌山県海南市[1]
ホームスタジアム 紀三井寺運動公園補助陸上競技場
橋本市運動公園陸上競技場
上富田スポーツセンター球技場
収容人数 1,650(橋本市陸)
3,000(上富田球)
運営法人 特定非営利活動法人スポーツ・リパブリック ソラティオーラ和歌山
代表者 日本の旗 奥野修造
監督 日本の旗 奥野翔(海南FCシニアA)
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
特定非営利活動法人スポーツ・リパブリック ソラティオーラ和歌山
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
コード 7170005001994
専門分野 学術・文化・芸術・スポーツ、子どもの健全育成
設立日 2005年11月8日
代表者 及川達也(理事長)
活動地域 和歌山県海南市
主な事業 保健・医療・福祉、社会教育、まちづくり、国際協力、子どもの健全育成、連絡・助言・援助
郵便番号 642-0012
事務所 和歌山県海南市岡田513番地4
座標
北緯34度10分13.3秒 東経135度13分14.0秒 / 北緯34.170361度 東経135.220556度 / 34.170361; 135.220556座標: 北緯34度10分13.3秒 東経135度13分14.0秒 / 北緯34.170361度 東経135.220556度 / 34.170361; 135.220556
外部リンク http://www.solatiora.com
テンプレートを表示

本項目ではシニアA(トップチーム)を中心に、主にサッカー部門について記す。

クラブ概要編集

2016年現在、シニアA・B・C、レディース、男女ジュニアユース(U-15)、ジュニア(U-12)、スクール(U-10)などのカテゴリが存在し、そのすべてが特定非営利活動法人スポーツ・リパブリック ソラティオーラ和歌山によって運営されている。

歴史編集

  • 1971年 海南高校サッカー部OBを中心に創設[2]
  • 1987年 女子チームとして海南FCシャウトが発足[2]
  • 1988年 男子中学生を対象としたジュニアユースチームとして海南FCエンジェルスが発足[2]
  • 1989年 セカンドチームとして海南FCシニアBが発足[2]
  • 1991年 小学4年生の男女を対象に海南FC少年サッカースクールが発足[2]
  • 2001年
  • 2003年 35歳以上の男子を対象に海南FCシニアCが発足[2]
  • 2004年 ジュニアチームとして海南FCジュニアが発足[2]
  • 2005年 新たな運営法人として特定非営利活動法人 スポーツ・リパブリック・ソラティオーラ和歌山が設立[2]
  • 2006年 ロードランニング部門として「ロードランニング・クラブ アゲイン」と業務提携を結ぶ[2]
  • 2008年 フットサルチームとしてSOLATIORA FUTSAL CLUBが発足[2]
  • 2014年 海南FCシニアBが一年間の活動休止[3]
  • 2016年 女子中学生を対象としたジュニアユースチームとして海南FCシャウトU-15が発足[4]

カテゴリ編集

シニアA編集

1971年に発足した、海南FCのトップチーム[2] で、2016年和歌山県リーグ1部に所属している。同リーグでは、リーグ最多18回の優勝[2]を誇っており、天皇杯には2回の出場を果たすなど、和歌山県内随一の実力を誇っている。登録名は海南フットボールクラブ[5] で、将来のJリーグ加盟を目指している[2]

シニアB編集

1989年に発足した、海南FCのセカンドチーム。生活の中にサッカーを根付かせ楽しみたい大人と、シニアAを目指す若者のためのチームである。2016年は、和歌山県リーグ3部に所属しており、登録名は、2012年まではVIVA海南フットボールクラブ2013年以降はSOLATIORA WAKAYAMAである。尚、2014年は、試合に参加できる選手数の減少からか[注釈 1]、活動を休止していた[3]

シニアC編集

2003年に発足した、海南FCのサードチーム。対象は35歳以上の男子[2]で、和歌山県シニア40サッカーリーグに所属している[2]。登録名は海南フットボールクラブGIOCOSO[7] である。

レディース編集

1987年に発足した、和歌山県内初の一般女子チーム[2]。2016年は関西女子サッカーリーグ1部に所属しており、登録名は海南FCシャウトである。

ユース (U-18)編集

2001年に発足した、和歌山県内初のクラブユース(U-18)チーム[2]。しかし、2009年に活動を休止し、現在も同様の状況である[2]

ジュニアユース (U-15)編集

ジュニアユースには以下の2つのカテゴリが存在する。

男子編集

1988年に発足した、男子中学生を対象とする和歌山県内初のクラブユース(U-15)チーム[2]。2016年現在、高円宮杯U-15サッカーリーグ和歌山県3種ステップリーグに所属しており、登録名は海南FCエンジェルス[2]である。

女子編集

2016年に発足した、女子中学生を対象とした海南FCシャウトのクラブユース(U-15)チーム。正式名称は海南FCシャウトU-15である[4]

ジュニア (U-12)編集

ジュニアには以下の2つのカテゴリが存在する。

海南FCソラティオーラ編集

2011年に発足した、海南FCのジュニアチーム。バレンシアCFジャパンフットボールスクールの校長や、セレッソ大阪ユースの監督を務めた経験を持ち、現在は海南FCテクニカルアドバイザーを務める、中谷吉男が指導している[2]海南FCジュニアと同じく、こくみん共済U-12サッカーリーグ海南海草ブロックに所属している。

海南FCジュニア編集

2004年に発足した、海南FCのジュニアチーム。対象は小学5・6年生の男女[2]で、海南FCソラティオーラと同じく、こくみん共済U-12サッカーリーグ海南海草ブロックに所属している。

スクール編集

1991年に発足した、海南FCのサッカースクールで、U-10チームとU-8チームに分かれている[2]。対象は小学4年生までの男女[2]で、海南FCソラティオーラ、海南FCジュニアで活動すること以外のニーズを持っている人。正式名称は海南FC少年サッカースクールである。

フットサル編集

2008年に発足した、海南FCのフットサルチーム。2016年は和歌山県フットサルリーグ1部に所属しており、登録名はSOLATIORA FUTSAL CLUB[8] である。

その他、ロードランニング部門ドッジボール部門トレイルウォーキング部門が存在する[2]

戦績 (シニアA)編集

リーグ戦編集

年度 所属 順位 勝点 試合 天皇杯
2001 和歌山県1部 2回戦敗退
2002 県予選敗退
2003
2004
2005
2006
2007
2008 優勝 24 8 8 0 0 23 5 -18 1回戦敗退
2009 2位 21 9 7 0 2 33 9 24 県予選敗退
2010 2位 20 9 6 2 1 40 10 20
2011 2位 13 6[註 1] 3 1 2 16 7 9
2012 2位 21 8 7 0 1 28 8 20
2013 優勝 24 10 7 3 0 18 5 13
2014 優勝 26 10 8 2 0 31 8 23
2015 2位 24 10 8 0 2 48 11 37
2016 優勝 30 10 10 0 0 58 8 50
2017 優勝 24 10 8 0 2 50 11 39
2018 優勝 25 10 8 1 1 40 8 32

注釈

  1. ^ 本来は9チームが参加する予定であったが、ファンタジスタとクーゲルFCが失格となったため7チームで争うこととなった。

天皇杯編集

年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 観客
81 2001年11月25日 1回戦 橋本市陸 1 - 1
4 PK 2
テイヘンズFC
2001年12月2日 2回戦 都田 6 - 0 本田技研
88 2008年9月14日 1回戦 紀三井寺陸 0 - 2 愛媛大学 583

全国クラブチームサッカー選手権大会編集

年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 観客
23 2016年10月8日 1回戦 紀三井寺陸 5-2 FC.SIRIUS尾張 200
2016年10月9日 準々決勝 桃源郷 4-2 R.K.クラシック 300
2016年10月10日 準決勝 紀三井寺陸 1-3 いわきFC 300

所属選手・スタッフ (シニアA)編集

2018年

スタッフ編集

役職 氏名 前職 備考
監督   奥野翔   海南FC 選手
コーチ   秋月貢 SOLATIORA WAKAYAMA 選手 選手兼コーチ
コーチ   池田佳津宏   和歌山紀北蹴球団 選手
コーチ   落合崇司 選手兼コーチ
コーチ   嶋田洸介   海南FC 選手
コーチ   嶋田凌   海南FC 選手
コーチ   鈴木啓治 Chukyo univ.FC 選手兼コーチ
コーチ   東岡伸佳   海南FC 選手
コーチ   藪上洋人   F.C.トリッキー 選手 選手兼コーチ
コーチ   山田真喜 海南FC 監督

選手編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1   松下裕城   和歌山紀北蹴球団
12   津村陽平   各務原BROTHERS
21   鈴木啓治 Chukyo univ.FC 選手兼コーチ
DF 2   西原潤   FC.gravatas
3   中谷剛   アミティエSC京都
13   藪上博人   F.C.トリッキー 選手兼コーチ
14   藤本誠也 福岡大学
15   嶋田洸介 海南高校
23   今村文俊 田辺高校
MF 4   清水雄司 和歌山工業高校
5   東方信道 海南高校
6   山﨑大嗣   大隅NIFS ユナイテッドFC
7   小林大修 海南高校
10   桂木啓斗   和歌山紀北蹴球団
11   山口翔平 高知大学
15   秦啓太 流通科学大学
17   福永惇   FC.gravatas
19   落合崇司 選手兼コーチ
FW 8   東海直樹   岸和田クラブ
9   村上雅哉 大阪教育大学
16   中尾祥一朗   モンキー・バナナFC
17   土屋貴裕 大阪教育大学
20   秋月貢 SOLATIORA WAKAYAMA 選手兼コーチ
22   田伏佑規 海南高校
24   川嶋元 粉河高校
25   西村宣哉 和歌山北高校

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 青×黒
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

チームカラー編集

  •      青、     黒、    

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
なし - -
鎖骨 なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー編集

注釈編集

  1. ^ 事実、2015年の和歌山県リーグ3部最終節では、9人で試合を行っていた[6]

脚注編集

  1. ^ a b c “第52回全国社会人サッカー選手権関西大会” (プレスリリース), (2016年7月10日), https://www.goalnote.net/detail-team.php?tid=9076 2016年9月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa クラブ紹介”. 海南FC. 2016年2月7日閲覧。
  3. ^ a b シニアB、リスタート! 後半戦に向けて”. 海南FC. 2016年9月21日閲覧。
  4. ^ a b 海南FC シャウトU-15(中学生)新規創設につき練習会と選手募集のお知らせ”. ジュニアサッカーNEWS. 2016年9月21日閲覧。
  5. ^ 海南フットボールクラブ”. 一般社団法人和歌山県サッカー協会. 2016年9月21日閲覧。
  6. ^ 来シーズンに向けて
  7. ^ 1種(社会人・大学)”. 一般社団法人和歌山県サッカー協会. 2016年9月21日閲覧。
  8. ^ ソラティオーラ フットサル クラブ”. 海南FC. 2016年9月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集