深見 真(ふかみ まこと、1977年8月5日 - )は、日本小説家漫画原作者脚本家熊本県熊本市出身。

人物編集

アクション描写、特に銃器、格闘技を用いた戦闘シーンの描写を得意とする。美少女アニメ全般が好きで、特にきらら系が大好き[1]

受賞歴編集

書籍リスト編集

ブロークン・フィスト編集

  1. ブロークン・フィスト 戦う少女と残酷な少年(2002年1月 富士見ミステリー文庫
  2. ブロークン・フィスト 2 傷だらけの遠い明日(2002年6月 富士見ミステリー文庫)
  3. ブロークン・フィスト 3 風に躍る宿命の調べ(2003年1月 富士見ミステリー文庫)

探偵王女フジコ編集

  1. 探偵王女フジコ ペイガン・ゴッドの白狼(2003年5月 富士見ミステリー文庫)
  2. 探偵王女フジコ 2 バトル・オブ・銃器城(2003年7月 富士見ミステリー文庫)

ヤングガン・カルナバル編集

  1. ヤングガン・カルナバル(2005年6月 トクマ・ノベルズEdge/2011年4月 徳間文庫
  2. ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス(2005年10月 トクマ・ノベルズEdge/2011年5月 徳間文庫)
  3. ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感(2006年2月 トクマ・ノベルズEdge/2011年6月 徳間文庫)
  4. ヤングガン・カルナバル 天国で迷子(2006年4月 トクマ・ノベルズEdge/2011年8月 徳間文庫)
  5. ヤングガン・カルナバル ドッグハウス(2006年6月 トクマ・ノベルズEdge/2011年10月 徳間文庫)
  6. ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた(2006年10月 トクマ・ノベルズEdge/2011年12月 徳間文庫)
  7. ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩の季節(2006年12月 トクマ・ノベルズEdge/2012年2月 徳間文庫)
  8. ヤングガン・カルナバル 前夜祭・標的は木暮塵八(2007年4月 トクマ・ノベルズEdge/2012年6月 徳間文庫)
  9. ヤングガン・カルナバル 開催・バンケットの死闘(2007年10月 トクマ・ノベルズEdge/2012年9月 徳間文庫)
  10. ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング(2008年4月 トクマ・ノベルズEdge/2012年11月 徳間文庫)
  11. ヤングガン・カルナバル・スペシャル ファイトバック・ホンコン(2009年6月 トクマ・ノベルズEdge/2013年4月 徳間文庫)
  12. ヤングガン・カルナバル グッドバイ、ヤングガン(2010年10月 トクマ・ノベルズEdge/2013年2月 徳間文庫)

疾走する思春期のパラベラム編集

  1. 疾走する思春期のパラベラム(2006年10月 ファミ通文庫
  2. 疾走する思春期のパラベラム 灰色領域の少女(2007年3月 ファミ通文庫)
  3. 疾走する思春期のパラベラム デイドリーム(2007年9月 ファミ通文庫)
  4. 疾走する思春期のパラベラム 心的爆撃(2008年4月 ファミ通文庫)
  5. 疾走する思春期のパラベラム この世の人々が許しあうまであと千億の夜(2008年12月 ファミ通文庫)
  6. 疾走する思春期のパラベラム みんな大好きな戦争(2010年5月 ファミ通文庫)
  7. 疾走する思春期のパラベラム 君に愛を、心に銃を(2011年6月 ファミ通文庫)

武林クロスロード編集

  1. 武林クロスロード(2007年5月 ガガガ文庫
  2. 武林クロスロード 2(2007年11月 ガガガ文庫)
  3. 武林クロスロード 3(2008年7月 ガガガ文庫)
  4. 武林クロスロード 4(2009年5月 ガガガ文庫)

GENEZ編集

  1. GENEZ 1(2009年5月 富士見ファンタジア文庫
  2. GENEZ 2(2009年9月 富士見ファンタジア文庫)
  3. GENEZ 3(2010年2月 富士見ファンタジア文庫)
  4. GENEZ 4(2010年6月 富士見ファンタジア文庫)
  5. GENEZ 5(2010年11月 富士見ファンタジア文庫)
  6. GENEZ 6(2011年3月 富士見ファンタジア文庫)
  7. GENEZ 7(2012年1月 富士見ファンタジア文庫)
  8. GENEZ 8(2013年2月 富士見ファンタジア文庫)

ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック編集

  1. ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック(2010年5月 ガガガ文庫)
  2. ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック 2(2011年1月 ガガガ文庫)

シークレット・ハニー編集

  1. シークレット・ハニー 1 船橋から愛をこめて(2012年6月 富士見ファンタジア文庫)
  2. シークレット・ハニー 2 黄金銃を持つ少女(2012年10月 富士見ファンタジア文庫)

僕の学校の暗殺部編集

  1. 僕の学校の暗殺部(2012年8月 ファミ通文庫)
  2. 僕の学校の暗殺部 2 たぶん個人的な事情(2012年12月 ファミ通文庫)
  3. 僕の学校の暗殺部 3 その日、ロンサム・ジョージは死んだ(2013年7月 ファミ通文庫)

ノンシリーズ編集

  • アフリカン・ゲーム・カードリッジズ(2002年12月 角川書店/2007年11月 角川文庫
  • パズルアウト(2003年12月 富士見ミステリー文庫)
  • 瞬撃のヴァルキリィ(2005年4月 ファミ通文庫)
  • ゴルゴタ(2007年9月 徳間書店/2010年7月 徳間文庫)
  • ヴァンガード(2007年10月 スーパーダッシュ文庫
  • 硝煙の向こう側に彼女 武装強行犯捜査・塚田志士子(2009年2月 エンターブレイン/2013年5月 講談社文庫
  • ヴァーティゴ(2009年7月 幻狼ファンタジアノベルス
  • 猟犬 特殊犯捜査・呉内冴絵(2009年9月 講談社/2012年3月 講談社文庫)
  • ウェットワークス・ドーベルマン(2011年6月 朝日ノベルズ
  • ブラッドバス(2011年9月 徳間書店/2014年6月 徳間文庫)
  • ライフルバード 機動隊狙撃手(2013年4月 角川春樹事務所/2015年8月 ハルキ文庫
  • キャノン・フィストはひとりぼっち(2014年1月 ぽにきゃんBOOKS
  • GIRLS UP-RISING カズアキ×深見真 百合姫表紙画集(2014年2月 一迅社
  • 姫騎士征服戦争(2014年12月 富士見ファンタジア文庫)
  • 開門銃の外交官と、竜の国の大使館(2015年1月 ファミ通文庫)
  • ヴァイス 麻布警察署刑事課潜入捜査(2016年12月 角川文庫)

ノベライズ編集

未単行本化編集

漫画原作編集

ドラマCD編集

  • ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.1 〜ハイスクール・ヴァーティゴ〜 / フロンティアワークス (ASIN B000VKNL2S)
  • ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.2 〜ブラッドダイヤモンド・プリンセス〜 / フロンティアワークス (ASIN B000XZT724)
  • ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.3 〜ファミリー・ビジネス〜 / フロンティアワークス (ASIN B00120VG46)
  • ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.4 〜ガールファイト〜 / フロンティアワークス (ASIN B00154QTAA)

映像作品編集

テレビアニメ編集

Webアニメ編集

劇場アニメ編集

実写映画編集

  • ちょっとかわいいアイアンメイデン(2014年)原作

ゲーム作品編集

TRPG作品編集

脚注編集

  1. ^ 『バイオハザード:ヴェンデッタ』公開記念! 血と硝煙のアクションを描く脚本家・深見 真さんインタビュー
  2. ^ 魔法少女特殊戦あすか :作品情報”. アニメハック. 2020年5月22日閲覧。
  3. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ『魔法少女特殊戦あすか』公式サイト. 2018年7月21日閲覧。
  4. ^ “「無限の住人」万次役は津田健次郎、凜役は佐倉綾音!10月よりアマプラ独占配信”. コミックナタリー. (2019年8月8日). https://natalie.mu/comic/news/342953 2019年8月8日閲覧。 
  5. ^ メインクエスト第2部「断ち切られし絆」追加!”. きららファンタジア 公式サイト (2020年12月5日). 2020年12月7日閲覧。
  6. ^ 深見 真の2020年12月5日のツイート2020年12月7日閲覧。

外部リンク編集