メインメニューを開く

清水大敬

清水 大敬(しみず だいけい、本名:清水昇、1948年 - )は、日本映画監督俳優AV監督AV男優脚本家兵庫県洲本市出身。明治大学文学部演劇学科卒業。

目次

来歴編集

高校時代に演劇を始め、本格的に役者を目指す目的で、1967年明治大学演劇学科に入学。

大学卒業後、賀原夏子率いる劇団NLTの研究所に入り、1年後には研究生として仮採用される。以後清水 のぼるの名義で舞台を中心に活躍。

また、映画テレビドラマへの出演も多く、『大空のサムライ』(1976年)、『悪魔の手毬歌』『祭ばやしが聞こえる』(1977年)などに脇役で出演した。

しかし、当時のNLTでは研究生として5年間経過すると基本的に準劇団員に昇格して本採用扱いとなるのが普通だったのだが、清水は「劇団の裏方などの仕事をやらない」「自分勝手」などの理由で準劇団員への昇格を見送られてしまう(清水曰く「他の研究生は実家通いで親の脛をかじれたのに対し、自分は一人暮らしでバイトを掛け持ちせねば活動できず、あまり劇団員同士の人付き合いをしてこなかった」ことが背景にあるという)[1]

1980年公開の黒澤明監督の映画『影武者』では、NLTを退団しフリーの身分でオーディションに挑戦。約1万5000人の狭き門をくぐり原昌胤役に抜擢された。しかし乗馬訓練中に落馬し骨折。体を痛めつつも撮影に臨んだ無理がたたり、その後遺症で入退院を繰り返す[2]。本人によると『影武者』のおかげで仕事がどんどん入り役者としてこれからというときだったのに、事故の後遺症で全て水の泡になり、精神的にも相当落ち込んだとのこと。

その後『瀬戸内少年野球団』(1983年)などの映画に出演したが次第に仕事が少なくなる。この頃自ら劇団「ザ・スラップスティック」を立ちあげ、本格的に喜劇の道を目指し始めるが、運営が伸び悩み資金に悩んでいた。そんな折に知人からピンク映画の仕事を紹介され、このままくすぶっていても仕方がないと一念発起する。当初はピンク映画では「石部金吉」の名義を使いつつ、本名で一般作にも出演する形だったが[3]1980年代後半に本格的にAV男優に転向したのを機に現在の名義に改名した。

1991年には「コーヒーはおかわりできるが、人生はおかわりできないんだぞ」と、不良少女に説教する学校の先生役でミスタードーナツのCMにも出演した。

近年はピンク映画監督業・AV監督業・脚本家業をメインに活動中。また「ザ・スラップスティック」の座長としても定期的な公演を再開しており、喜劇役者の道に回帰する動きも見られる。

人物編集

普段の清水は武骨ながら温厚な性格で、「妻子と一緒に過ごすのが一番の楽しみ」と語る愛妻家で子煩悩な家庭人でもある。そのため後に「AV男優として売れていても世間からは白眼視されるばかりでいい事はあまりなかった」とも語っている。

超がつくほどのアナログ派で、2014年現在もパソコンや電子メールは一切使わない。そのため出演依頼や関係者への相談などは全て電話か手紙によるという[3]

AV男優として編集

本人はAV男優に転向した理由として「入退院を繰り返したことで蓄えを食いつぶし生活が困窮していたこと」「家族にこれ以上迷惑はかけられないし一家の主として家族を養っていかなければならないと思ったこと」を挙げている。実際AVの中でも態度の悪いAV女優に対して「お前は小遣い稼ぎの軽いアルバイトかも知れないが、俺は養わなければならない家族がいるんだ」と説教を始めることもしばしばあった。

AV男優に転身してからは、不器用でモテるタイプではない自らの資質を開き直って前面に出し、腹が出たメガネ姿の中年男性の容貌とサディスティックなカラミで注目される存在になる。得意技はAV女優に自分の唾液を飲ませる「タン壷キス」、AV女優の上にまたがり激しいピストン運動、最後はAV女優に口を開けさせ口内発射を行い精液を飲ませる。その上言葉でなぶりとことん精神的に追い詰めるねちっこい演出を得意としていた。

上記のようなプレイ以外にも、AV女優を本気で殴ったり蹴ったりする(撮影後も謝ったりするなどのフォローを一切行わず、AV女優が怪我しても制作側に責任をなすり付ける)ため、観る側も清水に拒絶反応を示す者は少なくない。佐伯琴美とのからみではSM道具で叩かれるふりをしていたが、逆切れし水ぶくれができるほどムチで容赦なくおもいっきり叩いた。これがきっかけで佐伯琴美は引退したという説もある。これに関しても本人は撮影中は特にトラブルになるようなこともなく引退したのは他の理由ではないかとコメントしている。

こうした様々な演出は本人によるとAVの中で本人もたびたびネタにしているが、短小の上早漏気味であるためカラミそのものは結構しょぼくそれをごまかすためだったという。暴虐の限りを尽くした美雪沙織とのカラミは伝説的となっているが、本人によると美雪の物覚えが極端に悪く(曰く本当に頭が悪い)、段取りが全く覚えられない上に指示したことも全く出来ないのでああせざるを得なかったとのこと。態度の悪いAV女優の時は徹底的にいじめるということは本人も認めており、実際に引退や休業に追い込まれたAV女優もいる。「サラリーマンが何ヶ月も汗水垂らして稼ぐ程の額をたった1本でもらえるのだから、そのぐらいの事をされても当然」と本人はよく語っていた。

出演編集

映画編集

  • あにいもうと (1976年10月23日・東宝)
  • 大空のサムライ(1976年10月2日・東宝)
  • 影武者(1980年4月26日・東宝)
  • 逃がれの街(1983年10月25日・東宝)
  • 瀬戸内少年野球団(1984年6月25日・日本ヘラルド)
  • 近松門左衛門 鑓の権三(1987年・松竹=表現社)
  • 狙われた放課後 絶叫!(1987年5月30日・にっかつ)
  • お嬢さん探偵 ときめき連発!(1987年8月29日・にっかつ)
  • 偏差値 H倶楽部(1987年7月4日・にっかつ)
  • 痴漢電車人妻編 奥様は痴女(原題:タンデム)(1994年4月1日・新東宝)
  • お天気お姉さん(1995年4月25日)
  • 勝手にしやがれ!! 英雄計画(1996年9月21日・ケイエスエス)
  • 復讐 運命の訪問者(1997年3月1日・ケイエスエス) - 宮地茂治 役
  • 日曜日は終わらない(1999年製作・2005年10月22日・NHKエンタープライズ)
  • 降霊(1999年製作・2001年5月19日・スローラーナー)
  • 団地の奥さん、同窓会に行く (2004年6月8日・国映=新東宝)
  • 紙風船 (2011年3月26日・東京芸術大学)  
  • 女囚701号 さそり外伝 (2011年10月7日・新東宝)  
  • 女囚701号 さそり外伝 第41雑居房 (2012年8月8日・新東宝)
  • 方舟の女たち(2017年7月8日、OP PICTURES) - 山田 役[4]

テレビドラマ編集

監督作品編集

成人映画編集

  • レイプ願望 私をいかせて! (1996年)
  • 淫獣調教極限レイプ (1997年)
  • 変態レイプ 教師すすり泣く (1998年)
  • 美尻愛欲めぐり (1998年)
  • 制服凌辱 狙われた巨乳 (1998年)
  • どすけべ家族 貝くらべ (2001年)
  • 人妻暴行 身悶える乳房 (2001年)
  • 双子姉妹 淫芯突きまくり (2002年)
  • 愛人熟女 肉隷従縄責め (2008年)
  • 人妻教師 レイプ揉みしごく (2010年)
  • 強制人妻 肉欲の熟れた罠 (2010年)
  • 愛人OLえぐり折檻 (2011年)
  • 淫行病棟 乱れ泣く白衣 (2011年)
  • 巨乳理髪店 乱れ揉みくちゃ (2012年)
  • 発情バスガイド おしゃぶり巨乳 (2012年)
  • 人妻禁猟区 屈辱的な月曜日(2013年)
  • 女教師と教え子 (2013年)
  • 熟女ヨガ教室 今夜はギンギン!(2015年6月5日公開、オーピー映画

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『AV烈伝』(井浦秀夫小学館ビッグコミックオリジナル1999年)第1巻・pp.11 - 64
  2. ^ 本橋信宏 (2012年10月16日). “vol.11 バブル時代のAV――episode3”. 2012年10月28日閲覧。
  3. ^ a b 清水大敬監督から お手紙が届く - danchanのブログ・2014年7月2日
  4. ^ 方舟の女たち”. 映画.com. 2017年11月21日閲覧。

外部リンク編集