渋谷警察署

日本の東京都渋谷区にある警察署

渋谷警察署(しぶやけいさつしょ)は、東京都公安委員会警視庁第三方面本部が管轄する警察署の一つである。渋谷駅至近の国道246号青山通り)と明治通り交差点に立地し、現在の庁舎は高さ61.6mで、1995年に竣工したものである。

Asahikage.svg 警視庁渋谷警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Shibuya Police Tokyo.jpg
都道府県警察 東京都
管轄区域 渋谷区の南部
渋谷
広尾恵比寿
恵比寿南恵比寿西
代官山町猿楽町
鉢山町鶯谷町
桜丘町南平台町
神泉町円山町
道玄坂松涛
神山町宇田川町
神南の一部
神宮前の一部
課数  8
交番数 11
駐在所数  1
所在地 150-0002
東京都渋谷区
渋谷三丁目8番15号
外部リンク 渋谷警察署
テンプレートを表示
渋谷警察署

渋谷区の南部を管轄する。署員数およそ480人、東京都屈指の大規模警察署であり、警察署長の階級は警視正

識別章所属表示はOJ。

所在地編集

渋谷駅東口とは明治通り・首都高速3号渋谷線と点対称の位置にある。

施設編集

管轄区域編集

渋谷区

沿革編集

  • 1909年 - 新宿警察署渋谷分署開設
  • 1916年 - 渋谷警察署に昇格。
  • 1995年 - 現庁舎に改築。

組織編集

交番・駐在所編集

 
宇田川交番
  • 宇田川交番(渋谷区宇田川町)
  • 恵比寿駅前交番(渋谷区恵比寿南一丁目)
  • 恵比寿四丁目交番(渋谷区恵比寿四丁目)
  • 渋谷駅前交番(渋谷区道玄坂二丁目)
  • 代官山交番(渋谷区猿楽町)
  • 道玄坂上交番(渋谷区円山町)
  • 常磐松交番(渋谷区東四丁目)
  • 日赤病院前交番(渋谷区広尾三丁目)
  • 鉢山交番(渋谷区鉢山町)
  • 東交番(渋谷区東二丁目)
  • 広尾五丁目交番(渋谷区広尾五丁目)
  • 恵比寿南駐在所(渋谷区恵比寿南二丁目)

新型コロナウイルス感染編集

  • 2020年4月12日、警視庁は、渋谷警察署に留置中の20代の男が新型コロナウイルスに感染したと発表した。取り調べや病院護送などで接触があった同署の警察官ら計10人を自宅待機とした。男は頭痛を訴え発熱を繰り返したため東京都の病院でPCR検査を行い陽性と判明、警視庁本部の施設で単独留置している。男と同室だった留置人や接見した弁護士ら計5人は症状はないという。同署では、8日にも50代の留置人の感染が確認され、感染経路はわかっていない。同庁で留置人の感染が確認されたのは2人目[1][2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 渋谷署に留置の20代男性が感染 署員ら10人自宅待機”. 朝日新聞 (2020年4月12日). 2020年5月26日閲覧。
  2. ^ 新型コロナ 渋谷署 留置、感染2人目 玉川と町田署の男性警察官も/東京”. 毎日新聞 (2020年4月14日). 2020年5月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度39分28秒 東経139度42分14.1秒 / 北緯35.65778度 東経139.703917度 / 35.65778; 139.703917