温泉津町

日本の島根県邇摩郡にあった町

温泉津町(ゆのつちょう)は、島根県邇摩郡にあったである。現在は島根県大田市にある。面積71.81平方キロ、人口3,962人(2004年3月末)。町名は温泉のある港の意味だが、難読地名とされる。

ゆのつちょう
温泉津町
Flag of Yunotsu Shimane.gif Yunotsu Shimane chapter.gif
町旗 町章
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
大田市温泉津町仁摩町大田市
現在の自治体 大田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 島根県
邇摩郡
市町村コード 32421-3
面積 71.85km2
総人口 3,962
(2004年3月31日)
隣接自治体 大田市江津市仁摩町川本町
町の木 ケヤキ
町の花 スイセン
温泉津町役場
所在地 699-2598
島根県邇摩郡温泉津町温泉津小浜イ486
旧温泉津町役場庁舎位置
座標 東経132度21分25.8秒
北緯35度5分22.4秒
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

島根県の中央部に位置し、日本海に面する。複雑な海岸線のため湯里港、湯戸港など漁港が多い。町名通り、温泉津地区には実際に温泉津温泉が湧く。

隣接していた自治体編集

歴史編集

古代の石見国邇摩郡の地である。中世には豪族益田氏が支配権を確立し、石見銀山開発後の争奪戦で毛利氏は温泉津を重視し、鵜丸城や櫛島城を築いた[1]江戸時代には幕府直轄地となり、石見銀山領の佐摩組や波積組に属した。

沿革編集

行政編集

経済編集

産業編集

漁業編集

  • 湯里漁港
  • 日祖漁港
  • 温泉津漁港
  • 湯戸漁港
  • 今浦(福浦)漁港

交通編集

鉄道編集

西日本旅客鉄道

道路編集

その他編集

市外局番は、0855(50 - 69)となっている。

  • 0855(50 - 69)エリア
    • 江津市(桜江地区を除く)・温泉津町

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 鵜丸城は湊の入口の岬に築かれ、櫛島城は湾内の2つの湊の間に築かれており、両者一体となった海城である(柴田2008、12・27頁)。前者の鵜丸城は陸繋島に立地し、柴田龍司氏の海城の立地による分類では岬型になる(柴田2008、7頁)。

参考文献編集

  • 柴田龍司「海城の様相と変遷」『中世城郭研究』第22号、中世城郭研究会、2008年、 4-30頁、 ISSN 0914-32032020年3月12日閲覧。 - 『海城』[第24回 全国城郭研究者セミナー(2007年8月5日開催)]における同タイトルの報告を論考にしたもの。

関連項目編集