メインメニューを開く

火まつり』(ひまつり)は、1985年に公開された、三重県熊野市二木島町を舞台にした映画である。監督は柳町光男、主演は北大路欣也・共演は太地喜和子ほか。

火まつり
監督 柳町光男
脚本 中上健次
製作 清水一夫
出演者 北大路欣也
太地喜和子
音楽 武満徹
撮影 田村正毅
編集 山地早智子
配給 シネセゾン
公開 日本の旗 1985年5月25日
上映時間 125分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

中上健次のオリジナル脚本により、古代の神話そのままの熊野を舞台に中上ワールドを映像化している。公開5年前の1980年に二木島町で実際に発生した熊野一族7人殺害事件がモデルになっている。

あらすじ編集

山と海に囲まれた田舎で家族と暮らす達男(北大路欣也)。成長したことで若者小屋から離れるが、基視子(太地喜和子)との情事に精力を傾けるなど、どこを切っても男盛りの彼が唐突にデーモニッシュ[1]な衝動に駆られていく。

スタッフ編集

キャスト編集

受賞情報編集

  • 1985年キネマ旬報賞主演男優賞
  • 毎日映画コンクール日本映画優秀賞

脚注編集

  1. ^ 「悪魔的な」の意。

関連項目編集

外部リンク編集