メインメニューを開く

倉知 成満(くらち なりみつ、1951年4月17日[2][3] - )は、日本俳優。本名は藤井 雄二ふじい ゆうじ[3]

くらち なりみつ
倉知 成満
本名 藤井 雄二
別名義 倉地 雄平
倉知 雄平
生年月日 (1951-04-17) 1951年4月17日(68歳)
出生地 日本の旗 日本 山口県
身長 175 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1977年 -
事務所 フリーランス
主な作品
テレビドラマ
八甲田山
バトルフィーバーJ
なっちゃんの写真館
峠の群像
映画
もう頬づえはつかない
連合艦隊
舞台
椿姫
テンプレートを表示

山口県出身[1][2][3]中央大学卒業[3]ウイットプロモーション[2]、サイアン・インターナショナルを経て[1]、所属はフリー。

来歴・人物編集

大学卒業後、仕事を転々としたのち、劇団青俳細川俊之の芝居を見て俳優を志し、劇団青俳演技研究所に入る[3][4]村上不二夫が社長を務める村上事務所に所属し[3][4]1977年倉地 雄平くらち ゆうへいの芸名で『刑事犬カール』(TBS)に出演しテレビデビュー[5][4]

特捜最前線』(テレビ朝日)『スパイダーマン』(東京12チャンネル)などのゲスト出演を経て、1979年東映制作の特撮テレビドラマバトルフィーバーJ』(テレビ朝日)でチームのナンバー2的存在であるバトルフランス/志田京介役を演じる[4]。「フランス語はペラペラ、ルックスに自信があって、キザで女性に優しい」という役柄は自分にピッタリだったと、後年のインタビューで語っている[5]

太陽にほえろ!』には7回ゲスト出演しているが、同郷の松田優作山下真司がいずれも凛々しい刑事役であったのに対し、自身は殺されてしまう役が多かったため、友人から「どうしておまえはそうなんだ?」と問い詰められて困ったという[5]

2001年には倉知 雄平と改名[1]2004年からは倉知 成満に改名し、舞台中心に活動している。2007年8月25日に新宿で行われた戦隊イベントに『科学戦隊ダイナマン』のダイナイエロー/南郷耕作役だった時田優と共に飛び入り参加した。

特技は、フラメンコタップダンス日舞[1][2]。これらは、『スパイダーマン』で共演した野口元夫から「何か習い事をやっておいた方がいい」と助言されたことがきっかけで学び始めた[4]。また、大型自動二輪車免許を取得しており、『スパイダーマン』『特捜最前線』『バトルフィーバーJ』などでは自らバイクシーンも演じている[4]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • コロッケの不思議体験ゾーン 世にも怪奇な物語 霊界編(1991年、レッドウェイブ)

舞台編集

  • 殺人のリハーサル(2003年、三百人劇場
  • サロメ オーケストラ版(2007年、芸能花伝舎 他)
  • カプセル兵団 -超鋼祈願ササヅカイン3 戦いの果てに-(2016年、笹塚ファクトリー)
  • ひらり 〜桜下偲君〜(2017年、マチネ)
  • 椿姫

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、137頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ a b c d 『日本タレント名鑑2000』VIPタイムズ社、2000年、153頁。
  3. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1982年、81頁。
  4. ^ a b c d e f 「SPECIAL INTERVIEW'79 倉知成満」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1979 バトルフィーバーJ講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年1月10日、20-21頁。ISBN 978-4-06-513705-5
  5. ^ a b c 【あの人は今こうしている】倉知成満(ゲンダイネット) - ウェイバックマシン(2007年9月27日アーカイブ分)

外部リンク編集