無量寿院

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

無量寿院(むりょうじゅいん)は阿弥陀仏(無量寿仏)に由来する寺院の称号。この号を持つ寺院は各地に存在、またはかつて存在したが、なかでも藤原道長寛仁4年(1020年)に建立した無量寿院(法成寺阿弥陀堂)と、12世紀に元海が開いた醍醐寺五門跡の一である無量寿院が著名である。