メインメニューを開く
熊本都市バス株式会社本山営業所
(熊本都市バス(株)本社)

熊本都市バス(株)本山営業所(くまもととしばすもとやまえいぎょうしょ)は、熊本都市バスバス営業所の一つ。 元々は熊本市営バス本山営業所(本山車庫)だったが、2009年4月から引き継がれた。 定期点検程度の自社整備工場を併せ持っているが、点検・整備は九州産交整備に委託している。

目次

概要編集

  • 主に熊本市西南部路線を担当。

駐在所編集

  • 烏ヶ江駐在所(烏ヶ江終点)
    • 4両を留置する。子飼渡瀬線の一部を担当する。
  • 上熊本駐在所(上熊本営業所:2011年3月31日廃止)
    • 熊本市交通局上熊本営業所内に7両を留置していた。大江城西線の大部分と、付帯する上熊本車庫線を担当した。上熊本営業所が同市交通局から当社へ移管に伴い廃止され、大江城西線は路線は現在両営業所共管(本山運行は土休日のみ)となっている。

担当路線編集

第1環状線編集

熊本市の中心部の周りを一周する路線である。また、熊本駅から上熊本駅に向かうには、市電の辛島町乗換を除き(150円だがかなり時間が掛かる)、最も安く行ける(180円)手段でもある。

中央環状線編集

  • 駅3 熊本駅前 → 大学病院前 → 尚絅校前 → 大江渡鹿 → 県立劇場前 → 変電所前 → 一の井手 → 南熊本駅前 → 春竹小学校入口 → 二本木町 → 熊本駅前
  • 駅4 (駅3と逆方向)

学園大ライナー編集

  • 番号なし 熊本駅前 →(大学病院前 → 大江渡鹿の経路でノンストップ) → 熊本学園大学14号館
  • 番号なし 熊本学園大学14号館 → 水道町(国道3号線 → 祇園橋の経路でノンストップ) → 熊本駅前

熊本学園大学からの要請により、2011年10月から運行開始。講義時間に合わせて運行し、1乗車100円で学外の人も利用可能。車両は熊本学園大学のラッピングをした専用車両が使用されるが、休校運休時は他の路線に使用できるようになっている。なお、熊本駅向きのみ水道町での降車が可能(2012年4月より)。

八王寺環状線編集

  • 東1 熊本交通センター電車通り → 出水中学前 → 八王寺 → 南熊本駅前 → 本荘町 → 大学病院前 → 下通筋 → 熊本交通センター
  • 南1 (東1と逆方向)

流通団地線編集

  • 西3 交通センター - 呉服町 - 熊本駅前 - 蓮台寺 - 平成けやき通り -済生会病院 - 田迎一里木 - 長溝入口 - 熊本中央病院
  • 南4 交通センター - 下通筋 - 大学病院前 - 西原公園前 - 南熊本駅前 - 平成町 - 流通団地 - 済生会病院 - 近見町 - 野越団地
  • 南6 交通センター - 辛島町 - 本荘町 - 南熊本駅前 - 萩原 - 田迎一里木 - 済生会病院
  • 西1 交通センター - 呉服町 - 熊本駅前 - 蓮台寺
    • 平日の夕方に2便のみ運行される。逆の運行は無い。

アクアドーム線(旧野口健軍線)編集

  • 西2 交通センター - 呉服町 - 熊本駅前 - 蓮台寺 - 日吉校前 - 島団地 - 野口郵便局前 - アクアドーム

長溝団地線編集

  • 南5
    • 烏ヶ江終点 - 所島 - 長溝団地 - 八王寺 - 南熊本駅 - 辛島町 - 交通センター
    • 変電所前 - 新屋敷町 - 白川公園前 - 通町筋 - 交通センター - 辛島町 - 南熊本駅 - 八王寺 - 長溝団地 - 所島 - 烏ヶ江終点
  • 鹿2
    • 烏ヶ江終点 - 所島 - 長溝団地 - 八王寺 - 南熊本駅 - 辛島町 - 交通センター - 通町筋 - 白川公園前 - 新屋敷町 - 変電所前
    • 変電所前 - 新屋敷町 - 通町筋 - 交通センター
  • 市立図書館・大江6丁目方面行きと、同方面から交通センター止まりは鹿2を、長溝団地行き、烏ヶ江終点行きと同方面から交通センター止まりは南5を表示する。
  • この系統における大江6丁目は、循環運行する便宜上、循環部分の終点である大江6丁目を表示しているものの、実際の始終点は、大江6丁目の1つ手前にある変電所前となっている。したがって、大江6丁目に行く客がいる場合は、変電所前で先に清算し、大江6丁目までは無賃で送る形をとる。

子飼渡瀬線編集

  • 子2
    • 交通センター - 子飼橋 - 県立劇場 - 渡瀬(わたるぜ) - 水前寺鳥居前 - 水前寺公園前 - 画図橋 - 烏ヶ江(からすがえ)終点
  • 子3
    • 交通センター - 子飼橋 - 県立劇場 - 水前寺鳥居前 - 水前寺公園前 - セイラタウン - 烏ヶ江(からすがえ)終点
  • 画図橋止め・水前寺鳥居の便が比較的多い。移譲後はセイラタウン経由で烏ヶ江行きが実質増便となっているが、本数は少なめ。

本山車庫線編集

  • 無番
    • 交通センター - 日銀前 - 迎宝町 - 本山営業所(熊本市営バス時代は西12)
    • 交通センター - 呉服町 - 熊本駅前 - 本山営業所(熊本市営バス時代は駅7)
      • 呉服町経由の交通センター行きは熊本駅前を始発とし、本山営業所 - 熊本駅前間の運行は無い(バス停に着車できない為)。

大江城西線編集

  • 新1/鹿1
    • 城西校北 - 城西校前 - 西山中学前 - 新町 - 中央郵便局前 - 交通センター - 水道町 - 森都病院前 - 県立劇場 - 開新高校前 - 水前寺駅北口
      • 土曜・日祝日の午後のみ担当便を持つ。

熊本城周遊バス(しろめぐりん)編集

  • 無番 (2011年10月1日より運行開始)
    • 熊本駅前 - 新町 - 藤崎台下 - 熊本交通センター - 桜の馬場 城彩苑 - 熊本城・二の丸駐車場 - 子ども文化会館前 - 博物館旧細川刑部邸前 - 県立美術館分館前 - ホテルキャッスル前 - 市役所前 - 桜の馬場 城彩苑 - 熊本交通センター - ANAクラウンプラザホテルニュースカイ - 熊本駅前
      • 元々はこの路線も熊本市営バスが担当していた路線の1つであった(市営バス時代は本山・上熊本両営業所共管だった)が、2006年10月1日からは九州産交バスに移譲され運行経路も大幅変更。その後、2011年3月に運行経路の一部変更を経て、同年10月より同社から譲受された[1]。移譲後は運行本数・運行経路・運賃等は九州産交バス時代と変わらなかったが、2014年4月1日からの消費税増税に伴い運賃も値上げされ、さらに同年10月1日より運行経路見直しに伴って運行本数も1日27便から22便へ減便されている。

秋津健軍線編集

旧・野口健軍線。西2系統は熊本都市バスへ譲渡され、熊本都市バス本山営業所が担当している。2013年4月、熊本市交通局から譲受。

以前の担当路線編集

東バイパスライナー編集

2012年4月、小峯営業所へ移管。

  • 九州産交バス・熊本電鉄バス・熊本バスとの共同運行 無番 (2009年9月より運行開始)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集