メインメニューを開く

伊東四朗一座(いとうしろういちざ)は、2004年伊東四朗三宅裕司を中心に、ラサール石井小宮孝泰小倉久寛東貴博らで結成された演劇ユニット。

公演に伊東が参加しない場合は「熱海五郎一座(あたみごろういちざ)」となる。

目次

概要編集

  • 東京の笑い“軽演劇”を継承すべく、家族全員が一緒に笑える大衆的な笑いに拘り、作品を創り続けている。
  • 当初は『伊東四朗一座』として旗揚げ、一回限りの公演で解散するはずであったが、大きな反響を呼んだことから翌年に再び公演。その後、毎年定期的に公演を行っている。
  • 2005年より、渡辺正行春風亭昇太が参加。
  • 2006年、伊東が参加できなかったことから、『熱海五郎一座』(由来は「伊東」の手前で「熱海」、「四朗」の次で「五郎」)として活動。
  • 2008年の公演は『伊東四朗一座』に戻り、2009年と2011年は『伊東四朗一座・熱海五郎一座 合同公演』であった。2012年以降、伊東の参加は無い。
  • 2014年、三宅裕司の念願であった新橋演舞場に進出、制作発表では萩本欽一よりビデオメッセージが届いた。
  • 2014年より、深沢邦之が参加(東との交互出演)。前説は東が担当しているが、深沢出演回は前説も深沢になる。
  • 2014年より、座付き作家として吉高寿男が参加。
  • 毎公演、観客を5万人以上も動員する国内屈指の人気興行である。

過去の公演編集

無印は伊東四朗一座、◎印は熱海五郎一座、☆印は伊東四朗・熱海五郎一座合同公演。

  • 旗揚げ解散公演『喜劇 熱海迷宮事件』(2004年、本多劇場)
  • 急遽再結成公演『喜劇 芸人誕生物語』(2005年、サンシャイン劇場)
  • ◎楽曲争奪ミュージカル『静かなるドンチャン騒ぎ』(2006、サンシャイン劇場)ゲスト:辺見えみり
  • ◎『狼少女伝説 TOH!!』(2007年、天王洲銀河劇場)ゲスト:南原清隆
  • 帰ってきた座長奮闘公演『喜劇 俺たちに品格はない』(2008年、本多劇場)ゲスト:戸田恵子
  • ☆『喜劇 日本映画頂上決戦〜銀幕の掟をぶっとばせ!〜』(2009年、青山劇場)ゲスト:小林幸子
  • ◎三宅裕司座長30周年記念公演『男と女と浮ついた遺伝子』(2010年、サンシャイン劇場、サンケイホールブリーゼ)ゲスト:水野真紀
  • ☆三宅裕司生誕60周年記念『こんにちは赤ちゃん』(2011年、赤坂ACTシアター)ゲスト:真矢みき
  • ◎三宅裕司舞台復活記念!『落語日本花吹雪〜出囃子は殺しのブルース〜』(2012年、サンシャイン劇場、東京エレクトロンホール宮城)ゲスト:林あさ美
  • ◎一座結成10周年記念公演『笑劇のミステリー〜天使はなぜ村に行ったのか〜』(2013年、サンシャイン劇場、森ノ宮ピロティホール)ゲスト:浅野ゆう子
  • ◎新橋演舞場進出記念公演『天然女房のスパイ大作戦』(2014年、新橋演舞場)ゲスト:沢口靖子朝海ひかる
  • ◎新橋演舞場進出第二弾『爆笑ミステリー プリティウーマンの勝手にボディガード』(2015年、新橋演舞場)ゲスト:大地真央
  • ◎新橋演舞場シリーズ第三弾『熱闘老舗旅館 ヒミツの仲居と曲者たち』(2016年、新橋演舞場)ゲスト:松下由樹笹本玲奈
  • ◎新橋演舞場シリーズ第四弾『フルボディミステリー 消えた目撃者と悩ましい遺産』(2017年、新橋演舞場)ゲスト:藤原紀香
  • ◎新橋演舞場シリーズ5周年記念『船上のカナリアは陽気な不協和音〜 Don’t stop singing 〜』(2018年、新橋演舞場)ゲスト:小林幸子

関連項目編集

外部リンク編集