メインメニューを開く

琴似駅 (札幌市営地下鉄)

日本の北海道札幌市西区にある札幌市営地下鉄の駅

琴似駅(ことにえき)は、北海道札幌市西区琴似1条4丁目にある、札幌市交通局札幌市営地下鉄)の駅番号T03

琴似駅
琴似駅1番出口(2009年9月)
琴似駅1番出口(2009年9月)
ことに
Kotoni
T02 発寒南 (1.3km)
(0.9km) 二十四軒 T04
所在地 札幌市西区琴似1条4丁目
駅番号 T03
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東西線
キロ程 2.8km(宮の沢駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
14,290人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1976年(昭和51年)6月10日
テンプレートを表示

目次

概要編集

1976年昭和51年)6月10日に、地下鉄東西線の西側の起点・終点として開業したが、1999年平成11年)2月25日に当駅 - 宮の沢駅間が延伸開業したため、現在は途中駅となっている。建設開始時の仮駅名は「琴似本通」だった[1]

北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線琴似駅とは約800m離れており、地下鉄とJRを乗り継ぐ場合はやや時間を要する。さっぽろ駅(JR札幌駅に隣接)や新さっぽろ駅(JR新札幌駅に隣接)では、JR駅との混同を避ける目的で駅名を平仮名表記にしているが、当駅はJR琴似駅とは離れた位置にあり、混同しづらいことから区別を付けず、JR駅と同じ漢字表記となっている[2]

歴史編集

駅構造編集

地下1階にコンコース、地下2階に1面2線の島式ホームをもつ地下駅である。新さっぽろ側に分岐器があり、非常時の折り返しに対応している(宮の沢駅の延伸開業まではこの分岐器を用いて折り返し運転を行っていた)[6]

ホームと改札を結ぶエレベーターは中央改札に設置されている。地上へのエレベーターはバスターミナル内にある。バスターミナルの真下にあたる地下2階には、プラットホーム・線路とは別に多目的ホール「パトス」があり、ライブ等の会場として使用されている[7]

のりば

1   東西線 大通新さっぽろ方面
2 宮の沢方面


利用状況編集

札幌市交通局によると、2017年度の一日平均乗車人員は14,290人であった。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1995 22,132 [8]
1996 21,239 [8]
1997 20,456 [8]
1998 18,190[注 1] [8]
1999 14,039 [8]
2000 13,875 [8]
2001 13,684 [8]
2002 13,504 [8]
2003 13,068 [8]
2004 12,786 [8]
2005 12,696 [8]
2006 12,820 [8]
2007 12,448 [8]
2008 12,347 [8]
2009 12,078 [9]
2010 12,282 [9]
2011 12,401 [9]
2012 12,570
2013 12,922 [10]
2014 13,323 [10]
2015 13,470 [10]
2016 13,991 [10]
2017 14,290 [10]

なお、琴似 - 宮の沢駅延伸開業以前は一日平均で2万人を超えていたが、近年は1万2000人強で安定している。

駅周辺編集

駅周辺、特にJR函館本線 琴似駅までの間の通りは商店街として賑わいをみせている。

バス路線編集

 
琴似バスターミナル

1〜4番のりばは1976年(昭和51年)6月10日に供用開始した「琴似バスターミナル」。バスターミナル以外を含んだ「地下鉄琴似駅前」に発着するバスは、2018年(平成30年)12月現在平日1日あたり470便[11]

2019年(平成31年)4月1日現在。4番のりばのみ北海道中央バス新川営業所)、その他はジェイ・アール北海道バス(琴29は札樽線、その他は琴似営業所)。路線詳細は営業所記事・路線記事を参照[12][13]

1番のりば
2番のりば
3番のりば
4番のりば
  • 西48 新川営業所行(稲山通経由)
  • 西49 新川営業所行(6号線通経由)
路上停留所
  • 琴29琴41琴42琴43 JR琴似駅
  • 琴40・琴46 琴似営業所前行
  • 降車専用

このほか、北5条手稲通沿いに「西区役所前」停留所があり、ジェイ・アール北海道バス札樽線の札幌都心方面、手稲区方面、小樽市方面(北海道中央バス札樽線を含む)の発着がある[15][16]

隣の駅編集

  札幌市営地下鉄
  東西線
発寒南駅 (T02) - 琴似駅 (T03) - 二十四軒駅 (T04)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 年度途中に発寒南駅・宮の沢駅が延伸開業したため、その2駅の開業後(2月25日)からの35日間は乗車人員が減少している。

出典編集

  1. ^ 北海道新聞 1976年1月5日 夕刊1面
  2. ^ 乗りものニュース編集部 (2018年11月16日). “なんば、あびこ、なかもず… 駅名なぜひらがな表記?(2)”. 乗りものニュース. 2018年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月18日閲覧。
  3. ^ 鉄道ジャーナル』第33巻第5号、鉄道ジャーナル社、1999年4月、 90頁。
  4. ^ ホームドアの設置状況>札幌市東西線国土交通省 2016年1月21日閲覧
  5. ^ 東西線琴似駅エレベーターの供用開始について札幌市交通局 2019年2月19日閲覧
  6. ^ 駅構内図琴似駅
  7. ^ 駅構内図琴似駅
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均)
  9. ^ a b c 地下鉄駅別1日平均乗車人員「年度別駅別人員の推移(一日平均)」
  10. ^ a b c d e 年度別駅別人員の推移(一日平均) (PDF)
  11. ^ 札幌の都市交通データブック2018 (PDF)”. 札幌市. pp. 66 - 71. 2019年6月18日閲覧。
  12. ^ 地下鉄東西線琴似駅周辺のりば案内”. 北海道中央バス. 2019年5月22日閲覧。
  13. ^ 琴似バスターミナル詳細”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月22日閲覧。
  14. ^ 手稲平和霊園臨時バス時刻表(お盆)”. 札幌市. 2019年5月22日閲覧。
  15. ^ 一般路線バス | 札幌市内”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年6月18日閲覧。
  16. ^ 西区役所前 のりば地図”. 北海道中央バス. 2019年6月18日閲覧。

外部リンク編集