メインメニューを開く

発寒南駅

日本の北海道札幌市西区にある札幌市営地下鉄の駅

発寒南駅(はっさむみなみえき)は、北海道札幌市西区西町北7丁目にある、札幌市営地下鉄東西線。駅番号はT02

発寒南駅
発寒南駅1番出口(2009年9月)
発寒南駅1番出口(2009年9月)
はっさむみなみ
Hassamu minami
T01 宮の沢 (1.5km)
(1.3km) 琴似 T03
所在地 札幌市西区西町北7丁目
駅番号 T02
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東西線
キロ程 1.5km(宮の沢駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
8,837人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1999年平成11年)2月25日[1]
テンプレートを表示

目次

歴史編集

駅構造編集

二十四軒手稲通の下に位置する。地下1階にコンコース、券売機、改札口、地下2階に1面2線の島式ホームをもつ。出入口は2ヶ所と少ない。ホーム中央に改札とホームを結ぶエレベーターがある。地上へのエレベーターは1番出口付近にある。また、バスのりばに通じる1番出口には上下両方向のエスカレーターを設置している。2番出口は、二十四軒手稲通を挟んで北側の発寒2条5丁目にある。

当駅と宮の沢駅は、ホームと改札を結ぶエスカレーターが従来のものと違って方向別で向きが異なっている。このため改札から下りる分にはスムーズであるが、ホームからは改札と逆方向に上るために、遠回りとなっている。

のりば
1   東西線 大通新さっぽろ方面
2 宮の沢方面


利用状況編集

札幌市交通局によると、2017年度の1日平均乗車人員8,837人であった。

駅開業後の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
出典
1998年(平成10年) 7,405[注 2] [4]
1999年(平成11年) 7,494 [4]
2000年(平成12年) 7,331 [4]
2001年(平成13年) 7,425 [4]
2002年(平成14年) 7,504 [4]
2003年(平成15年) 7,411 [4]
2004年(平成16年) 7,518 [4]
2005年(平成17年) 7,540 [4]
2006年(平成18年) 7,529 [4]
2007年(平成19年) 7,441 [4]
2008年(平成20年) 7,399 [4]
2009年(平成21年) 7,312 [4]
2010年(平成22年) 7,349 [4]
2011年(平成23年) 7,447 [4]
2012年(平成24年) 7,631 [4]
2013年(平成25年) 7,931 [4]
2014年(平成26年) 8,268 [5]
2015年(平成27年) 8,415 [5]
2016年(平成28年) 8,670 [6]
2017年(平成29年) 8,837 [6]

駅周辺編集

バス路線編集

 
発寒南駅バスのりば

路線は2016年4月1日現在。「発寒南バス発着場」の他、路上停留所から発着する[7]。1番のりばから3番のりばはジェイ・アール北海道バス、5・6番のりばは北海道中央バス、7番のりばは札幌ばんけい。4番のりばはバス発着所内にあり降車専用となっている。

バス発着所発着路線編集

  • 1番のりば[7]
    • 発42・琴42-1 平和の滝入口行(西野二股経由 発42はお盆期間は手稲平和霊園まで運行)
  • 2番のりば[7]
    • 発41・琴41-1 五天山公園行・福井えん堤前行(西野二股経由)
  • 3番のりば[7]
    • 発43・琴43-1 中洲橋行(西野3条2丁目経由)

路上停留所発着路線編集

その他編集

  • 駅スタンプは発寒南駅のイニシャルHの中に琴似発寒川が描かれている[8]

隣の駅編集

  札幌市営地下鉄
  東西線
宮の沢駅 (T01) - 発寒南駅 (T02) - 琴似駅 (T03)

関連項目編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 東西線の琴似駅と白石駅南北線平岸駅はJR北海道の駅と駅名が重複している。
  2. ^ 年度途中に開業したため、開業後の日数(2月25日からの35日間)の平均となっている。

出典編集

外部リンク編集