メインメニューを開く

瓜連町(うりづらまち)は、茨城県那珂郡に置かれていた町である。

瓜連町
廃止日 2005年1月21日
廃止理由 編入合併
瓜連町 → 那珂町
(即日市制を敷き那珂市となる)
現在の自治体 那珂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
那珂郡
団体コード 08343-7
面積 14.66km2
総人口 8,816
推計人口、2005年1月1日)
隣接自治体 常陸大宮市常陸太田市
那珂郡那珂町
町の木 八重桜
町の花 八重桜
町の鳥 白鳥
瓜連町役場
所在地 319-2192
茨城県那珂郡瓜連町瓜連321
外部リンク 瓜連町 (Internet Archive)
座標 北緯36度29分57秒
東経140度26分36.4秒
瓜連町の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 河川:久慈川、玉川
  • 湖沼:古徳溜池、静溜池

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 変遷表

行政編集

  • 町長 - 関谷哲生

地域編集

教育編集

  • 瓜連町立瓜連小学校
  • 瓜連町立瓜連中学校

交通編集

その他編集

  • 平成の大合併前に存在した自治体の中では茨城県内で最も面積が小さい自治体であった。
  • 国道118号沿いにコンビニエンスストアが数店ある以外は、広範囲に展開するような大規模チェーン店などは殆ど存在しなかった。しかし現在は町の中心部から少し離れた場所にスーパーのチェーン店が存在している。
  • 町の中にあり、地域住民の心の拠り所にもなっている常福寺の境内に瓜連城の遺構が残っている。瓜連城は建武3年・延元元年(1336年)楠木正家によって築かれた。 久慈川に面した低地を望む台地の北端に築かれている。 現在の常福寺境内一帯が瓜連城跡で、隣にある保育園の北東側に特に遺構が良好に残っている。現在残る遺構では広大な単郭の城で、保育園の裏から南北に空堀が残り、北の台地の中腹からは南東方向に横堀となって続いている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

関連項目編集