メインメニューを開く

自由が丘産能短期大学(じゆうがおかさんのうたんきだいがく、英語: Jiyugaoka Sanno College)は、東京都世田谷区等々力6-39-15に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は産能短大。自由が丘目黒区)からは比較的近いが、キャンパスの現住所ではない。

自由が丘産能短期大学
自由が丘産能短期大学自由が丘キャンパス
自由が丘産能短期大学自由が丘キャンパス
大学設置 1950年
創立 1942年
学校種別 私立
設置者 学校法人産業能率大学
本部所在地 東京都世田谷区等々力6-39-15
キャンパス 自由が丘キャンパス
代官山キャンパス
学部 能率科
  第一部[1]
  第二部[1]
  通信教育部
ウェブサイト 自由が丘産能短期大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 全国で唯一「能率科」を設置し、経営やビジネスに関する専門科目が多い。1部は「ビジネスマネジメント」・「秘書」・「観光・国際」・「医療・情報サービス」・「メディアデザイン」・「経営情報」の各コース、2部は「ベーシックマネジメント」・「ビジネススキルアップ」・「キャリア・コミュニケーション」・「パソコンスキルアップ」の各コース、通信教育課程は「行政書士コース」や「ファイナンシャル・プランナーコース」がある。

学位を目的としない科目別履修生、15歳以上で高校卒業していない者、旧大検や現在の高卒認定試験に合格していない者、などを対象とする入学資格取得生コースもある。

学風および特色編集

  • ビジネス教育に力をいれている。
  • 勤労学生に向けた夜間課程があり、在籍者の年齢層も幅広い。
  • 2006年度に、財団法人短期大学基準協会の第三者評価で「適格」認定を受ける。
  • 能率科に通信教育部が設置されて通学課程と同様の多彩なコースがある。毎年3,000人前後が卒業している。
  • 他の大学・短大・高専及び専門士称号付与校等の一定基準を満たす専門学校卒業者は2年次に編入学して最短1年で短期大学士(能率)学位が得られる。
  • 提携する専門学校へ入学と同時に本学通信教育課程に入学し、卒業時に短期大学士の学位を得る「併修コース」がある。

沿革編集

  • 1925年 上野陽一、日本産業能率研究所を創立する。
  • 1942年 日本産業能率研究所を母体とし、財団法人日本能率学校を設立する。
  • 1950年
    • 学校法人産業能率短期大学を設立する。
    • 産業能率短期大学(さんぎょうのうりつたんきだいがく)を設立する。
    • 能率科第二部
      • 事務能率専攻
      • 生産能率専攻
  • 1962年
    • 能率科第二部の修業年限を2年制から3年制へと変更する。
    • 能率科第二部に販売能率専攻を増設する。
  • 1963年 能率科通信教育課程を開設する。
  • 1965年 能率科に第一部を設置:在学者数は86(うち女子7)[2]
    • 能率科第一部
      • 経営能率専攻
  • 1968年 能率科第一部、能率科第二部に経営機械化専攻を増設する。
  • 1973年 能率科第一部、第二部の経営機械化専攻を経営情報処理専攻に変更する。
  • 1982年 能率科第一部に秘書専攻を設置する。
  • 1983年 能率科第二部の修業年限を2年に変更する。
  • 1985年 能率科第二部の販売能率専攻を学生募集を停止する。
  • 1986年 能率科第二部の専攻課程を全面的に改組する。
    • 能率科第二部
      • 生産能率専攻を経営能率専攻とする。
      • 事務能率専攻を経営情報処理専攻とする。
      • 販売能率専攻を経営情報専攻とする。
  • 1989年
    • 法人名称を学校法人産能大学に改称する。
    • 短期大学名称を産能短期大学(さんのうたんきだいがく)に改称する。
  • 1999年
    • 能率科第二部の専攻制を廃止してコース制を導入する。
    • 一定基準を満たす専修学校専門課程を修了してかつ1年以上の社会経験者に対する2年次編入学制度を導入する。
  • 2000年
    • 法人名称を学校法人産業能率大学に改称する。
    • 能率科第一部入学生対象の専攻を改組し、従来の経営能率専攻・経営情報処理専攻・秘書専攻をそれぞれ経営情報専攻・ビジネス専攻に改組する。
  • 2001年4月入学生より、専修学校専門課程修了後に2年次編入学可能とする。
  • 2003年 代官山キャンパスを設置する。
  • 2006年
    • 短期大学名称を自由が丘産能短期大学に改称する。
    • 能率科第一部の専攻制を廃止し、コース制を導入する。
  • 2012年 本年度以降の能率科第二部の学生募集を停止する。
  • 2014年 産業能率大学へ統合して本年度以降の能率科第一部の学生募集を停止し、通信教育課程のみとする。

基礎データ編集

所在地編集

  • 自由が丘キャンパス(東京都世田谷区等々力 6-39-15)
  • 代官山キャンパス(東京都渋谷区
  • 湘南キャンパス(神奈川県伊勢原市上粕屋1573)

象徴編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 能率科
    • 第一部(2014年度以降学生募集停止):現在は、ビジネスマネジメント、秘書、観光・国際、医療・情報サービス、メディアデザイン、経営情報の各コース制となっているが、かつては以下の専攻課程が設置されていた。
      • 経営能率専攻[3]
      • 経営情報処理専攻[3]
      • 秘書専攻[4]
    • 第二部:(2012年度以降学生募集停止):2011年度はベーシックマネジメント、ビジネススキルアップ、キャリア・コミュニケーション、パソコンスキルアップの各コースからなっていたが、かつては以下の専攻課程が設置されていた。1985年度入学生まではA、1986年度 - 1998年度までの入学生はBとなる。
      • 生産能率専攻A
      • 事務能率専攻A
      • 販売能率専攻A
      • 経営情報処理専攻A・B
      • 経営能率専攻B
      • 経営情報専攻B
    • 通信教育課程 2005年度は14コース、2013年度は実務・能力開発系と資格系の2系11コースがあったが、かつては以下の専攻課程が設けられていた[5]
      • 生産能率専攻
      • 事務能率専攻
      • 販売能率専攻

専攻科編集

  • なし 継続教育を希望する場合、併設の産業能率大学への編入学が多い

別科編集

  • なし
取得資格について編集
  • 第一部と第二部(通学課程)のみ、司書資格が取得できる課程が設置されていた

附属機関編集

  • 総合研究所

研究編集

  • 『自由が丘産能短期大学紀要』

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 「自由ヶ丘産能祭」

スポーツ編集

  • ラクロス部が秋季リーグで優勝記録。
  • バスケットボール部が短大大会でベスト8記録。
  • 野球部は第一回全日本大学女子野球選手権大会と「女子大生の軟式野球全国大会」で優勝記録。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 「自由が丘産能短期大学校友会」

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

自由が丘キャンパス編集

  • 使用学科:能率科
  • 使用専攻科:なし
  • 交通アクセス:東急東横線大井町線自由が丘下車、徒歩15分。
  • 設備:1号館・2号館・3号館・5号館・6号館・7号館・9号館・図書館、1号館前にカフェテラス「サンクンガーデン」、7号館に短大の通信教育部事務局などがある。にアメリカハナミズキが咲く。

代官山キャンパス編集

  • 使用学科:能率科
  • 使用専攻科:なし

湘南キャンパス編集

  • 使用学科:能率科
  • 使用専攻科:なし

対外関係編集

他大学との協定編集

アメリカ編集

カナダ編集

日本編集

2005年度に、通学課程と通信教育課程の相互、以下の大学や短期大学と相互、それぞれに単位互換制度があった

系列校編集

  • 産業能率大学

社会との関わり編集

  • 公開講座を実施している。
  • 大学と同様に湘南ベルマーレのオフィシャルスポンサーとなっている。

卒業後の進路編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 専攻課程については、学科を参照。
  2. ^ 昭和41年度版『全国学校総覧』29頁より
  3. ^ a b 2000年度に経営情報専攻となる。
  4. ^ 2000年度のビジネス専攻秘書コースへの改組を経て、現在の能率科秘書コースとなる。
  5. ^ 日本の私立短期大学』(日本私立短期大学協会発行:1980年)93頁より。
  6. ^ http://www.sanno.ac.jp/tukyo/voice/index.html
  7. ^ a b 2000年度用入学案内冊子より一部抜粋。
  8. ^ 2004年度用入学案内冊子より一部抜粋。
  9. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目編集

外部リンク編集