神戸フットボールクラブ

一般社団法人神戸フットボールクラブ(KFC)(いっぱんしゃだんほうじんこうべフットボールクラブ)は、兵庫県神戸市を本拠とするアマチュアサッカークラブ。サッカー関連団体としては日本では初めて(JFAより4年早い)法人格を取得したクラブである。クラブの前身は「兵庫サッカー友の会」。

神戸フットボールクラブ
団体種類 一般社団法人
設立 1970年12月22日
所在地 〒651-0085
兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5 IN東洋ビル2F 201
法人番号 4140005020422 ウィキデータを編集
起源 兵庫サッカー友の会
主要人物 植月正章 (会長)
玉井操 (初代会長)
活動地域 兵庫県神戸市
主眼 地域スポーツの振興
活動内容 スポーツクラブ運営
ウェブサイト http://www.kobe-fc.com/
テンプレートを表示
神戸フットボールクラブ1970
原語表記 神戸フットボールクラブ1970
呼称 神戸FC1970
クラブカラー  
 
創設年 1970年
所属リーグ 関西サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 兵庫県神戸市
運営法人 一般社団法人神戸フットボールクラブ
代表者 細谷一郎(代表理事)
監督 小林寿夫
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

トップチーム(神戸FC1970)を頂点に、ユース、ジュニアユース、ボーイズ(U-12)のカテゴリーにチームを保有している。年齢別のクラブ運営を実施した日本最初のクラブでもあり、4歳から80歳代までがそれぞれの年代でチームを編成している。また、中学年代のレディースと、中学・高校年代のレディースがある。また、サッカースクール(以降 神戸SS)も運営している。

また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のヴィッセル神戸のU-18(ユース)およびU-15(Jr.ユース)は神戸FCの選手・スタッフにより設立された。

また、かつて日本女子サッカーリーグに所属していたTASAKIペルーレFCは神戸FCレディースのJLSLチームに田崎真珠がスポンサーとなったのち経営移管されたもので、女子部はペルーレの下部組織として選手育成にあたっていた。

アカデミー編集

  • ユース(U-18)
  • ジュニアユース(2010年までの名称は、「神戸フットボールクラブジュニアユース普及部」)
  • レディースA(U-18)
  • レディースB(U-14)
  • ボーイズ(U-12)
  • 神戸SSジュニア(U-12)
  • 神戸SSジュニアユース(2011年に発足、以前の名称は「神戸フットボールクラブジュニアユース育成部」)

タイトル編集

シニアA編集

ユース編集

『決勝』vs読売クラブユース 2-0
  • 第1回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会準優勝
『決勝』vs読売クラブユース 不明
『決勝』vs兵庫FC 0-1

沿革編集

2000年代編集

ジュニアユース普及部が、クラブユース選手権全国大会に出場した。

  • 2006年 シニアCチームが兵庫県リーグに降格。
  • 2008年ボーイズA(小学6年)が、全日本少年サッカー大会兵庫県予選を優勝して、全国大会出場。結果はラウンド16敗退。
  • 2010年 KFCジュニアユース普及部が、高円宮杯全国大会に20年ぶりに出場した。結果はベスト16。

神戸少年サッカースクールジュニアユース設立後編集

  • 2011年 シニアAチームの名称を神戸FC1970代表に変更、シニアAチームが兵庫県リーグに降格。

神戸フットボールクラブジュニアユース育成部を廃止し、神戸少年サッカースクール(神戸SS)ジュニアユースを設立。

  • 2012年 シニアCチーム解散。ジュニアユースが高円宮杯神戸予選で準優勝。
  • 2013年 KFCジュニアユースが高円宮杯関西大会で優勝。高円宮杯でベスト16に進出した。クラブユース選手権も全国大会ベスト16に進出した。
  • 2014年 神戸SSジュニアユースが兵庫県トップリーグ3部を全勝優勝し、クラブ初となる2部昇格を初めて決めた。
  • 2015年 神戸SSジュニアユースが、3年ぶり2回目のの高円宮杯神戸予選の決勝へ進出した。しかし、井吹台中学に0-2で敗れ、クラブ初の県大会出場を逃した。去年昇格を果たしたトップリーグ2部は8位で残留となった。

神戸FC全カテゴリー全国大会出場達成後編集

  • 2016年 シニアAが第23回全国クラブチームサッカー選手権大会に出場したが1回戦で敗退した。ユース(U-18)は、神戸市2部リーグを1位で終え、来季の1部昇格が決まった。クラブユース関西大会は、プレーオフまで進みセレッソ大阪U-18と対戦し、14分に先制され、直後に追い付くものの1-11で敗れ、全国大会出場を逃した。レディースがクラブユース選手権に出場したが、2回戦でJFAアカデミー福島に敗退。
  • 2017年 KFCジュニアユースが、関西U-13ヤマトタケルリーグ昇格戦で枚方FCに2-1で勝利し、ヤマトタケルリーグ昇格を果たした。ユースが日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会関西地区予選で、2013年のユース復活以来初めて、街クラブ予選2年連続の決勝に進出した。しかし、センアーノ神戸ユースに1-5で敗れ、全国大会出場とはならなかった。その後、最後の一枠を争うセレッソ大阪U-18戦に挑んだが敗れた。
  • 2018年 KFCジュニアユースはヤマトタケルリーグから1年で降格した。
  • 2019年 シニアAが県リーグで準優勝。関西府県サッカーリーグ決勝大会は決勝トーナメント準決勝で京都市消防局に敗れ、関西サッカーリーグ昇格はならなかった。ジュニアユース(U-15)が、第34回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会に関西第5代表として2013年以来11回目の出場を果たしたが、2分1敗の成績でグループリーグで敗退した。

2020年代編集

成績(神戸FC1970)編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失
1998 関西 6位 22 18 7 1 10 30 43 -13
1999 関西前期 3位 22 11 7 1 3 28 19 9
関西後期上位 5位 3 5 0 3 2 3 7 -4
2000 関西 8位 19 18 5 4 9 32 39 -7
2001 4位 24 18 7 3 8 39 44 -5
2002 3位 23 13 7 2 4 33 27 6
2003 3位 38 18 12 2 4 41 28 13
2004 5位 35 20 11 2 7 63 41 22
2005 関西1部 2位 32 14 10 2 2 26 6 20
2006 3位 22 14 7 1 6 24 29 -5
2007 7位 17 14 4 1 9 16 30 -14
2008 7位 12 14 3 3 8 12 36 -24
2009 関西2部 5位 18 14 5 3 6 18 34 -16
2010 6位 10 14 3 1 10 13 46 -33
2011 8位 4 14 1 1 12 14 43 -29
2012 兵庫県I部 11位 2[注 1] 20 1 2 17 11 87 -76
2013 5位 26 18 7 5 6 31 25 +6
2014 6位 25 18 7 7 4 27 29 -2
2015 5位 29 18 9 2 7 36 31 +5
2016 7位 26 18 8 2 10 49 47 +2
2017 4位 37 18 12 1 7 65 31 +34
2018 優勝 40 18 12 4 2 57 26 +31
2019 2位 40 18 12 4 2 54 17 +37
2020 2位 18 7 6 0 1 32 5 +27
2021 関西2部

注釈編集

  1. ^ 棄権により勝ち点-3

主な出身者編集

外部リンク編集