メインメニューを開く

神田女学園中学校・高等学校(かんだじょがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都千代田区猿楽町にある私立女子中学校高等学校。高等学校においては、中学校からの入学者と高等学校からの入学者を第1学年から混合クラスを編成する併設混合型中高一貫校[1]

神田女学園中学校・高等学校
Kanda Jogakuen highschool.jpg
過去の名称 神田高等女学校
神田女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人神田女学園
校訓 恕(誠・勤・愛・朗)
設立年月日 1890年
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース グローバル・アドバンスト・フューチャー
学期 3学期制
高校コード 13503J
所在地 101-0064
北緯35度41分58.1秒 東経139度45分29.1秒 / 北緯35.699472度 東経139.758083度 / 35.699472; 139.758083座標: 北緯35度41分58.1秒 東経139度45分29.1秒 / 北緯35.699472度 東経139.758083度 / 35.699472; 139.758083
外部リンク 神田女学園中学校高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

初代東京市松田秀雄、江戸時代からの礼法家小笠原清務衆議院議員角田真平の3氏により1890年明治23年)、神田区仲猿楽町(現在の西神田2丁目一帯)に神田高等女学校を創立。初代校長の竹澤里は、千葉県鴨川市の出身で、明治初期当時きわめて低調だった女子教育の必要性を痛感し、苦学力行、東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大学)を卒業後、創立教育界に入り女子教育の先駆者の一人である。

以来、関東大震災太平洋戦争など、幾多の試練を乗り越えて神田女学園の伝統は脈々と受け継がれ、女子教育の輪を広げようとしている。

校訓は「誠・愛・勤・朗」、かつて理事長だった小熊又三によって『恕』の一言に要約された。『恕』とは孔子論語にある言葉で、思いやりの心のこと。家庭的な校風である。

アルバイトと携帯電話は許可制。

ソフトボール部が全国レベルだが、以前の猿楽町校舎の校庭はテニスコートギリギリ一面分しかなかった。

岩波書店の創立者・岩波茂雄は青年時代、神田女学園で数多くの教科を担当する名物教師だった。

沿革編集

所在地編集

 
 

東京都千代田区猿楽町2-3-6

交通編集

制服編集

著名な出身者編集

脚注および参照編集

関連項目編集

外部リンク編集