メインメニューを開く

神保町駅

日本の東京都千代田区にある東京地下鉄・東京都交通局の駅

神保町駅(じんぼうちょうえき)は、東京都千代田区神田神保町二丁目にある、東京都交通局都営地下鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)のである。

神保町駅
神保町駅A3出入口(2015年5月)
神保町駅A3出入口(2015年5月)
じんぼうちょう
Jimbocho
東京都千代田区神田神保町二丁目1番地(三田線)
北緯35度41分42.4秒東経139度45分29.7秒
東京都千代田区神田神保町二丁目7番地(新宿線)
北緯35度41分45.4秒東経139度45分27.6秒
東京都千代田区神田神保町二丁目2番地(半蔵門線)
北緯35度41分45.1秒東経139度45分24.6秒
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
東京地下鉄(東京メトロ)
電報略号 神(東京都交通局、駅名略称)
シホ(東京地下鉄)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線(三田線・半蔵門線)
2面2線(新宿線)
乗降人員
-統計年度-
(東京都交通局)-2018年-
285,094人/日
(東京メトロ)-2018年-
97,429人/日
開業年月日 1972年昭和47年)6月30日
乗入路線 3 路線
所属路線 [1]都営地下鉄三田線
駅番号 I10[1]
キロ程 9.6km(目黒起点)
I 09 大手町 (1.4km)
(1.0km) 水道橋 I 11
所属路線 [1]都営地下鉄新宿線
駅番号 S06[1]
キロ程 5.6km(新宿起点)
S 05 九段下 (0.6km)
(0.9km) 小川町 S 07
所属路線 [1]東京メトロ半蔵門線
駅番号 Z07[1]
キロ程 7.1km(渋谷起点)
Z 06 九段下 (0.4km)
(1.7km) 大手町 Z 08
テンプレートを表示

都営地下鉄の三田線新宿線、東京メトロの半蔵門線が乗り入れ、接続駅となっている。3路線とも駅番号が与えられており、三田線がI 10、新宿線がS 06、半蔵門線がZ 07である。

三田線・新宿線ホームの駅名標下部には「専修大学」の表示がある。

歴史編集

  • 1972年昭和47年)6月30日:都営地下鉄6号線の駅が開業。
  • 1978年(昭和53年)7月1日:都営地下鉄6号線を三田線に改称。
  • 1980年(昭和55年)3月16日:都営地下鉄新宿線開業。乗換駅となる。
  • 1989年平成元年)1月26日帝都高速度交通営団(営団地下鉄)半蔵門線の駅が開業。平成における最初の新駅開業となった。都営地下鉄と乗換業務を開始。現在の形となる。
  • 2004年(平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、半蔵門線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。
  • 2015年(平成27年)4月1日:新宿線神保町駅の管轄が市ヶ谷駅務管理所市ヶ谷駅務区から三田線と同様に日比谷駅務管理所水道橋駅務区に移管される。
  • 2016年(平成28年)4月1日:都営地下鉄駅務管区制実施に伴い、日比谷駅務管区日比谷駅務区管轄となる。
  • 2018年(平成30年)9月13日:半蔵門線の駅に発車メロディを導入。
  • 2019年(平成31年)3月23日:新宿線駅長事務室を閉鎖し、三田線駅長事務室に集約。

2006年頃から東京メトロではローマ字表記に長音符マクロン)を使わなくなった。以前からある看板類がJimbōchōなのに対し、それ以後の設置のものはJimbochoの表記である。都営地下鉄でも2010年頃より同様の表記に改めている。

駅構造編集

新宿線と半蔵門線の当駅から九段下駅までの区間は両線が同時に建設された。半蔵門線の駅は新宿線の線路の下にあり、前者と後者の改札の行き来の際は一旦、階段を上り下りする必要がある。

都営地下鉄と東京メトロの番線表示は連番になっている。

東京都交通局編集

三田線は島式ホーム1面2線を有する地下駅である。ホームドアが設置されている。

新宿線は中柱のある相対式ホーム2面2線を有する地下駅である。

三田線から新宿線へ乗り換える場合、市ヶ谷・新宿・京王線方面(1番線)へはホーム中央付近の階段、馬喰横山・本八幡方面(2番線)へは水道橋寄りの通路を利用する。

日比谷駅務管区日比谷駅務区が管轄する直営駅。以前は新宿線側が市ヶ谷駅務区の管轄であった。当駅は旧水道橋駅務区のうち大手町駅 - 水道橋駅間の管理を行っている。

新宿線の2番線改札口の外に定期券発売所(東京都営交通協力会に委託)がある(2018年現在、駅リニューアル工事中につき一ツ橋方面改札口そばに仮移転して営業中)。

のりば編集

番線 路線 行先
1   都営新宿線 市ヶ谷新宿 京王線方面
2 馬喰横山大島本八幡方面
3   都営三田線 日比谷白金高輪目黒 東急線方面
4 水道橋巣鴨西高島平方面

東京メトロ編集

島式ホーム1面2線を有する駅である。ホームと渋谷方(専修大学方面)改札口との間にはエレベーターが設置されている。トイレは押上方(神保町交差点方面)改札内にある。

改札口の向かいにコンビニエンスストアローソンがある。

当駅と九段下との駅間距離はわずか400mで、これは半蔵門線では一番短い。

非常時に九段下方に渡り線を設けてあり、行先表示にも神保町行きが存在する。

のりば編集

番線 路線 行先
5   半蔵門線 九段下渋谷中央林間方面
6 大手町押上〈スカイツリー前〉久喜南栗橋方面

発車メロディ編集

2018年9月13日からスイッチ制作の発車メロディを使用している。

曲は5番線が「ブックマーク」、6番線が「夕涼み」(いずれも福嶋尚哉作曲)である[2]

利用状況編集

  • 都営地下鉄[利用客数 1]
    • 三田線 - 2018年度の1日平均乗降人員147,059人(乗車人員:73,458人、降車人員:73,601人)である。三田線の駅では第1位。
    • 新宿線 - 2018年度の1日平均乗降人員は138,035人(乗車人員:68,794人、降車人員:69,241人)である。新宿線の駅では新宿駅に次ぐ第2位。
  • 東京メトロ - 2018年度の1日平均乗降人員は97,429人である[利用客数 2]

年度別1日平均乗降人員編集

各年度の1日平均乗降人員は下表の通り。

年度別1日平均乗降人員[* 1]
年度 都営地下鉄 営団 / 東京メトロ
三田線 新宿線
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
2003年(平成15年) 112,999 0.2% 113,480 −4.2% 78,219 0.6%
2004年(平成16年) 113,362 0.3% 112,338 −1.0% 80,508 2.9%
2005年(平成17年) 115,316 1.7% 114,459 1.9% 83,413 3.6%
2006年(平成18年) 118,224 2.5% 118,117 3.2% 87,022 4.3%
2007年(平成19年) 122,597 3.7% 124,167 5.1% 92,640 6.5%
2008年(平成20年) 124,107 1.2% 125,020 0.7% 92,184 −0.5%
2009年(平成21年) 124,548 0.4% 125,936 0.7% 92,135 −0.1%
2010年(平成22年) 123,907 −0.5% 125,152 −0.6% 91,421 −0.8%
2011年(平成23年) 120,785 −2.5% 120,156 −4.0% 88,314 −3.4%
2012年(平成24年) 124,293 2.9% 121,787 1.4% 90,536 2.5%
2013年(平成25年) 129,253 4.0% 124,423 2.2% 90,767 0.3%
2014年(平成26年) 131,561 5.7% 124,286 −0.1% 89,223 −1.7%
2015年(平成27年) 136,287 3.6% 128,162 3.1% 91,671 2.7%
2016年(平成28年) 140,497 3.1% 131,555 2.6% 94,803 3.4%
2017年(平成29年) 144,596 2.9% 134,890 2.5% 96,811 2.1%
2018年(平成30年) 147,059 1.7% 138,035 2.3% 97,429 0.6%

年度別1日平均乗車人員(1972年 - 2000年)編集

年度別1日平均乗車人員
年度 都営地下鉄 営団 出典
三田線 新宿線
1972年(昭和47年) [備考 1]8,789



[東京都統計 1]
1973年(昭和48年) 12,455 [東京都統計 2]
1974年(昭和49年) 15,860 [東京都統計 3]
1975年(昭和50年) 17,317 [東京都統計 4]
1976年(昭和51年) 18,493 [東京都統計 5]
1977年(昭和52年) 19,701 [東京都統計 6]
1978年(昭和53年) 19,271 [東京都統計 7]
1979年(昭和54年) 18,896 [備考 2]8,438 [東京都統計 8]
1980年(昭和55年) 18,510 13,082 [東京都統計 9]
1981年(昭和56年) 19,296 15,671 [東京都統計 10]
1982年(昭和57年) 19,422 17,014 [東京都統計 11]
1983年(昭和58年) 18,891 19,669 [東京都統計 12]
1984年(昭和59年) 19,575 20,389 [東京都統計 13]
1985年(昭和60年) 19,137 20,285 [東京都統計 14]
1986年(昭和61年) [備考 3]52,071 [備考 4]52,545 [東京都統計 15]
1987年(昭和62年) 19,645 21,992 [東京都統計 16]
1988年(昭和63年) 19,775 23,274 [備考 5]16,662 [東京都統計 17]
1989年(平成元年) 23,189 25,118 25,375 [東京都統計 18]
1990年(平成02年) 24,740 26,537 33,197 [東京都統計 19]
1991年(平成03年) 26,093 27,757 36,814 [東京都統計 20]
1992年(平成04年) [備考 3]56,830 [備考 4]60,186 38,447 [東京都統計 21]
1993年(平成05年) [備考 3]64,542 [備考 4]64,222 39,110 [東京都統計 22]
1994年(平成06年) [備考 3]63,918 [備考 4]63,378 39,778 [東京都統計 23]
1995年(平成07年) 23,344 26,462 39,735 [東京都統計 24]
1996年(平成08年) 22,636 26,167 39,479 [東京都統計 25]
1997年(平成09年) 22,225 25,762 38,474 [東京都統計 26]
1998年(平成10年) 21,778 26,625 38,671 [東京都統計 27]
1999年(平成11年) 20,694 26,044 37,913 [東京都統計 28]
2000年(平成12年) 21,238 25,638 37,825 [東京都統計 29]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)編集

近年の1日平均乗車人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗車人員[* 2][* 3]
年度 都営地下鉄 営団 /
東京メトロ
出典
三田線[備考 3] 新宿線[備考 4]
2001年(平成13年) 22,301 25,825 38,652 [東京都統計 30]
2002年(平成14年) 23,173 26,342 39,712 [東京都統計 31]
2003年(平成15年) 24,014 24,593 39,369 [東京都統計 32]
2004年(平成16年) 25,060 24,932 40,838 [東京都統計 33]
2005年(平成17年) 25,827 25,742 42,405 [東京都統計 34]
2006年(平成18年) 59,562 58,003 44,216 [東京都統計 35]
2007年(平成19年) 61,167 61,238 47,393 [東京都統計 36]
2008年(平成20年) 61,970 62,003 46,918 [東京都統計 37]
2009年(平成21年) 62,132 62,616 46,690 [東京都統計 38]
2010年(平成22年) 61,811 62,227 46,512 [東京都統計 39]
2011年(平成23年) 60,224 59,801 44,975 [東京都統計 40]
2012年(平成24年) 61,981 60,641 46,082 [東京都統計 41]
2013年(平成25年) 64,512 62,038 46,129 [東京都統計 42]
2014年(平成26年) 65,737 61,981 45,334 [東京都統計 43]
2015年(平成27年) 68,096 63,918 46,604 [東京都統計 44]
2016年(平成28年) 70,218 65,572 48,186 [東京都統計 45]
2017年(平成29年) 72,210 67,162 49,364 [東京都統計 46]
2018年(平成30年) 73,458 68,794
備考
  1. ^ 1972年6月30日開業。開業日から翌年3月31日までの計275日間を集計したデータ。
  2. ^ 1980年3月16日開業。開業日から同年3月31日までの計16日間を集計したデータ。
  3. ^ a b c d e 1986年度と1992年度から1994年度まで、2006年度以降の乗車人員は、新宿線との乗換人員を含む値。
  4. ^ a b c d e 1986年度と1992年度から1994年度まで、2006年度以降の乗車人員は、三田線との乗換人員を含む値。
  5. ^ 1989年1月26日開業。開業日から同年3月31日までの計65日間を集計したデータ。

駅周辺編集

周辺には明治大学をはじめとした学校の他、古書店新刊書店が多く立地し、学生街として有名である。「日本のカルチエ・ラタン」とも呼ばれる。

バス路線編集

地下鉄が充実しているため、池袋駅から春日駅を経由して一ツ橋までの都営バス都02乙系統が平日の朝に3往復、土曜日の朝に2往復走るのみ。かつては渋谷駅から半蔵門線に並行するように神保町を経由して御茶ノ水順天堂病院へ至る茶81系統や、巣鴨から三田線に並行して一ツ橋まで水59系統があったが、2000年12月で廃止された。

千代田区地域福祉交通「風ぐるま」は、2015年まで周辺にあった千代田区立高齢者センターの前に停留所が設置されていたが、2016年1月に同施設の機能が九段下の「かがやきプラザ」に移転し、路線ごと改編されたため、当駅周辺には停留所が設置されなかった。しかし、2016年11月28日にルートを改編し、いずれも停留所名称は異なるものの、都営バス都02乙系統と共用する形で停留所が設置されている。

A4・A5出口北側編集

神保町二丁目
  • 都02乙:池袋駅東口行 / 一ツ橋行(都営バス)
神保町交差点北
  • 千代田区「風ぐるま」(日立自動車交通
    • 富士見・神保町ルート:駿河台下・障害者福祉センター「えみふる」・御茶ノ水駅前・水道橋駅前方面
    • 内神田ルート:駿河台下・障害者福祉センター「えみふる」・小川町交差点・かんだ連雀・万世橋出張所・岩本町ほほえみプラザ・スポーツセンター方面

A6・A7出口南側編集

神保町
  • 都02乙:池袋駅東口行 / 一ツ橋行(都営バス)
神保町交番前
  • 千代田区「風ぐるま」(日立自動車交通)

駅名の由来編集

現在の駅名は、地元の地名より「神保町」になったが、都電九段線(10・12・15系統)時代には、神保町交差点付近の靖国通り沿いに「神保町」、専大前交差点付近に「専修大学前」の電停があった。

隣の駅編集

東京都交通局(都営地下鉄)
  都営三田線
大手町駅 (I 09) - 神保町駅 (I 10) - 水道橋駅 (I 11)
  都営新宿線
急行
市ヶ谷駅 (S 04) - 神保町駅 (S 06) - 馬喰横山駅 (S 09)
各駅停車
九段下駅 (S 05) - 神保町駅 (S 06) - 小川町駅 (S 07)
東京地下鉄(東京メトロ)
  半蔵門線
九段下駅 (Z 06) - 神保町駅 (Z 07) - 大手町駅 (Z 08)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集