メインメニューを開く

一般財団法人 空港環境整備協会(くうこうかんきょうせいびきょうかい)は、空港周辺の環境対策・調査、国が管理する18箇所の空港の駐車場を運営している団体。以前は国土交通省所管の財団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般財団法人へ移行した。

目次

概要編集

空港周辺の環境対策・調査などの他、国が管理する18箇所の空港の駐車場を独占的に運営している。2010年に政府の行政刷新会議における事業仕分けでは協会の環境対策・駐車場事業の「廃止」判定を受け、当時の前原誠司国土交通大臣は協会を航空機の騒音や排ガスなどの研究事業に特化させ協会の規模を縮小することを表明した。[1]

所在地編集

歴史編集

  • 1968年 - 財団法人航空公害防止協会を設立。
  • 1993年 - 財団法人空港環境整備協会に改称。

事業編集

  • 空港周辺の環境整備
  • 空港環境の調査・研究
  • 航空安全等への支援
  • 空港駐車場の運営

脚注編集

  1. ^ MSN産経ニュース - MSN産経ニュース(2010年7月6日)
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集